2015/10/09ヨーロピアンツアー公式

フィッツパトリックがウォーバーンで首位発進

ついた。 世界ゴルフ選手権の「ブリヂストンインビテーショナル」を制したシェーン・ローリーは5アンダーのグループにつけており、他にはメジャー3勝のパドレイグハリントン、ミカエル・ルンドベリ、マーカス
2016/10/18ヨーロピアンツアー公式

ポルトガルマスターズの知っておくべきアラカルト

・サリバン、そして副キャプテンとしてヘーゼルティンナショナルでチームのサポート役に回ったトーマス・ビヨーン、パドレイグハリントン、そしてポール・ローリーがビクトリアGCに集結する。 この他、ビラモウラ
2013/02/22ヨーロピアンツアー公式

ローリーがマキロイをアリゾナに沈めた

対決はグレーム・マクドウェルがパドレイグハリントンを1アップで下した。そしてスペインのラファエル・カブレラベロは逆転でリー・ウェストウッドを下した。2010年の覇者イアン・ポールターと昨月のオメガ
2009/02/17

石川遼が67位に後退!マッチプレー出場は神頼み!?

オープンウィーク/変動なし 2位/セルヒオ・ガルシア/出場せずオープンウィーク/変動なし 3位/パドレイグハリントン/AT&Tぺブルビーチナショナルプロアマ予選落ち/変動なし 4位/ビジェイ・シン/AT
2009/03/10

石川遼、試合離れても世界ランキングは67位のまま

ウィーク/変動なし 5位/パドレイグハリントン/出場せずオープンウィーク/変動なし 6位/ビジェイ・シン/出場せずオープンウィーク/変動なし 7位/ヘンリック・ステンソン/出場せずオープンウィーク
2019/11/13ヨーロピアンツアー公式

「ネッドバンクゴルフチャレンジ」で知っておくべき5つのこと

「ライダーカップ」欧州代表キャプテンでありメジャー3勝のパドレイグハリントンもフィールドに名を連ねている。 結末に近づく「レース・トゥ・ドバイ」 すでに45大会を消化した2019年「レース・トゥ・ドバイ」は
2007/07/10

片山晋呉は順位を下げる/男子各種ランキング

) ジェフ・オギルビー/AT&T ナショナル 12位/8位(変動なし) ルーク・ドナルド/オープンウィーク/9位(変動なし) パドレイグハリントン/スマーフィット・ヨーロピアンオープン 51位/10位(変動
2007/10/02

丸山大輔が賞金ランクアップ!/男子各種ランキング

・エルス/プレジデンツカップ出場・ポイント対象外/変動なし 6位/アダム・スコット/プレジデンツカップ出場・ポイント対象外/変動なし 7位/パドレイグハリントン/出場せず オープンウィーク/変動なし
2008/03/04

E.エルスは世界ランク3位に浮上/男子各種ランキング

/ロリー・サバティーニ/出場せず オープンウィーク/変動なし 10位/パドレイグハリントン/出場せず オープンウィーク/変動なし 主な日本人選手は以下の通り(世界ランク200位以内) 選手名/先週の試合
2013/07/13ヨーロピアンツアー公式

トーランスの恩恵を授かるドーク

・トーランスの父で、メジャーを3度制覇したパドレイグハリントンを指導した今年81歳になるトーランスがドークの成長を見守っている。「初日、2日目で連続して『66』を出したのは言うまでもなく素晴らしいことだ
2007/06/05

片山晋呉は1ランクダウン/男子各種ランキング

トーナメント 9位/8位(変動なし) ルーク・ドナルド/ザ・メモリアルトーナメント 35位/9位(1変動なし) パドレイグハリントン/オープンウィーク/10位(1ランクアップ) 主な日本人選手は以下
2007/10/09

丸山茂樹がシード権獲得に迫る!/男子各種ランキング

・リンクス選手権」が開催された。世界ランク上位ではアーニー・エルス(南アフリカ)やパドレイグハリントン(アイルランド)、ルーク・ドナルド(イングランド)が参戦していた。 優勝したのはニック・ドハティ
2013/04/03PGAコラム

早耳情報:バレロテキサスオープン

、トップ25位には入っていない。 パドレイグハリントン(アイルランド) 6位タイとなったメイバンクマレーシアオープンでは、荒れ模様の天気の影響で大会が54ホールに短縮されて行われた。そして大会は第3
2014/10/02PGAコラム

成熟度と安定感 マキロイが年間最優秀選手賞

。 マキロイは年間最優秀選手賞を2回以上受けた4人目の選手(ほかはウッズ、グレッグ・ノーマン、ニック・プライス)となり、欧州の選手としては、アイルランドのパドレイグハリントン(2008年