2018/04/08マスターズ

マキロイが3打差2位 松山、小平は21位で最終日へ

◇メジャー第1戦◇マスターズ 3日目(7日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7435ヤード(パー72) 首位で出たパトリックリードが2イーグル4バーディ、3ボギーの「67」で回り通算
2017/05/07ウェルズファーゴ選手権

パトリック・リードが1打差首位 世界1位DJは14位浮上

パトリックリードが「67」でプレーし、通算8アンダーの首位に浮上した。2016年「ザ・バークレイズ」以来のツアー6勝目に王手をかけた。 上がり2ホールの連続バーディでトップに躍り出た。最終18番
2019/01/30ヨーロピアンツアー公式

欧州ツアー史上初のサウジアラビア開催 注目ポイントは

)も出場する。 アーニー・エルス(南アフリカ)は今大会のフィールドに名を連ねているメジャー王者の一人であり、2018年の「マスターズ」王者であるパトリックリードもサウジアラビアでプレーする。 最新鋭
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

ジョン・ラーム チェズ・リービー パトリックリード ジャスティン・ローズ ザンダー・シャウフェレ シャール・シュワルツェル ウェブ・シンプソン キャメロン・スミス ジョーダン・スピース カイル
2018/12/04ヨーロピアンツアー公式

「南アフリカオープン」について知っておくべき5つのこと

香港オープン」では、トミー・フリートウッドやパトリックリードといった面々に先んじる形で、フランスのビクトル・ペレスとフィンランドのキム・コイブがトップ10入りを果たし、出場した12人の昇格組のうち8
2018/11/19ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」制覇から不振 ウィレットが歓喜の復活優勝

。 ウィレットは上がり5ホールで3つのバーディを奪って通算18アンダーとし、2位に入ったイングランドの同胞マット・ウォレスと現「マスターズ」王者のパトリックリードに2打差をつけて優勝した。 通算14
2018/10/29ヨーロピアンツアー公式

シャウフェレが中国でプレーオフの末に劇的勝利

、トービヨーン・オルセン、パトリックリード、そしてパトリック・キャントレーが入った。 ベルギーのトーマス・ピータースは、シェシャンの12番ホールで初のホールインワンを記録。6番アイアンで放たれたボールは、2回バウンドしたあとに転がって197ヤード先のホールに吸い込まれた。
2018/12/26ツアーギアトレンド

夢のクラブ? “元ナイキ”の職人が立ちあげた新ブランドとは

パトリックリードが優勝した際に使っていたウェッジを作った。それが世界に伝わってからというもの、テーラー氏の携帯電話はひっきりなしに鳴ったという。 テーラー氏は87年、地元のテキサス州フォートワースにあった
2019/01/21デザートクラシック

アダム・ロングが初優勝 ミケルソン1打差2位

したフィル・ミケルソンとアダム・ハドウィン(カナダ)が通算25アンダーの2位。単独首位から出たミケルソンは「69」にとどまり、2打のリードを守り切れなかった。 通算24アンダーの4位にテーラー・ゴーチ
2018/10/01ライダーカップ

5戦全勝のモリナリが欧州を勝利へ導く

パトリックリードに敗れはしたものの、ノレンが最終ホールで9メートルのパットを沈めて歓喜に沸くチームメートに迎えられた。
2018/11/30ヒーローワールドチャレンジ

松山英樹は最下位スタート ウッズも出遅れる

パトリックリードパトリック・カントレーが「65」でプレーし、7アンダーで首位に並ぶ好スタートを切った。 4アンダーの3位にヘンリック・ステンソン(スウェーデン)とダスティン・ジョンソン。3アンダーの
2018/07/18ゴルフ昔ばなし

1999年「カーヌスティの悲劇」を振り返る/ゴルフ昔ばなし

入れてトリプルボギーとします。リードを失い、ポール・ローリー(スコットランド)、ジャスティン・レナードとのプレーオフに突入。結局、ローリーにメジャー初優勝をさらわれました。 宮本 あのプレーオフに入る
2018/11/21ホンマ香港オープン

欧州ツアーは香港で新シーズン開幕 宮里、川村、小林が出場

で終えた。 フィールドを彩るのはマスターズ王者のパトリックリード、ライダーカップメンバーのトミー・フリートウッド(イングランド)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)ら。 日本からは、昨年のレース・トゥ
2018/11/19DPワールド ツアー選手権 ドバイ

ウィレットが優勝 F.モリナリがイタリア勢初の年間王者

(イングランド)とパトリックリード(米国)。通算14アンダーの4位に、ジョン・ラーム、アドリアン・オタエギ(ともにスペイン)、ディーン・バーメスター(南アフリカ)の3人が続いた。 年間ポイント争い
2018/11/17DPワールド ツアー選手権 ドバイ

谷原秀人は20位に後退 マット・ウォレスが首位

)が1打差の通算10アンダー2位で続いた。 通算9アンダーの5位にパトリックリード。ロリー・マキロイ(北アイルランド)、トミー・フリートウッド(イングランド)ら4人が通算8アンダーの6位で並んだ。 10位スタートの谷原秀人は3バーディ、2ボギーの「71」とし、通算4アンダーの20位に後退した。
2018/11/16DPワールド ツアー選手権 ドバイ

谷原秀人は3打差の10位 ラームら好発進

・モリナリ(イタリア)は李昊桐(中国)らと並ぶ4アンダーの5位につけた。 日本から唯一出場する谷原秀人は4バーディ、1ボギーの「69」で回り、ロリー・マキロイ(北アイルランド)、パトリックリード、年間ポイントレースで2番手につけるトミー・フリートウッド(イングランド)らと3アンダーの10位で並んだ。