2019/05/18GDOEYE

ニューヨーカーの激しい野次 それは強者の勲章か?

隠れる記録的なプレーを見せるケプカに対し、18番ティでは「shank(シャンク)」の連呼を浴びせる。「ニューヨークは楽しいです。ただ、ドライバーはシャンクしない」とケプカ。7打リードで独走中のいまは、笑っ
2019/06/24トラベラーズ選手権

チェズ・リービーが11年ぶり勝利 4打差で逃げ切る

◇米国男子◇トラベラーズ選手権 最終日(23日)◇TPCリバーハイランズ (コネチカット州)◇6841yd(パー70) 6打リードの単独首位から出たチェズ・リービーが「69」と伸び悩みながらも、通算
2019/01/20デザートクラシック

ミケルソンが首位堅守 2打リードで最終日へ

(すべてパー72、カリフォルニア州) 単独首位からスタジアムコース(SC)を6バーディ、ボギーなしの「66」でプレーしたフィル・ミケルソンが、通算22アンダーでその座をキープ。後続に2打差をつけて、地元大会
2019/05/03ウェルズファーゴ選手権

今季初の予選落ち危機 松山英樹「根本的にスイングにずれ」

ボギーを叩き、厳しい表情を見せた。 長距離コースに第1打は1Wを多用したが、同組パトリックリードポール・ケーシー(イングランド)に差をつけられるホールも多かった。「今のままではダメだと思い、色々
2019/05/15全米プロゴルフ選手権

全米プロのドラコン王者はマックス・ホマ

たシェーン・ローリー(アイルランド)、パトリックリード、テキサス州のクラブプロ、ラッセル・ケーシーが並んだ。 同大会では1952年から80年代までドラコン大会を実施し、2014年大会からイベントが
2019/04/25進藤大典ヤーデージブック

バーディ必須の最終ホール ダブルス戦の注目ペアは

「ライダーカップ」に出場経験があり、特に欧州勢は団体戦に強いイメージがあります。もうひとつ、僕が推したいのが“Wパトリック”。米国のパトリックリードパトリック・カントレーはどちらも正確なプレーがウリです。見応えがたっぷりで楽しみです。(解説・進藤大典)
2019/04/09佐藤信人の視点~勝者と敗者~

ローズ、ジョンソン、マキロイ 世界3強の下馬評

パトリックリード選手、一昨年のセルヒオ・ガルシア選手(スペイン)、16年のダニー・ウィレット選手(イングランド)と、いずれも開幕前の下馬評は必ずしも高くありませんでした。彼らが優勝した後にそれぞれの成績を
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」組み合わせ

) トミー・フリートウッド小平智マーク・レイシュマン 7:50(21:50) パトリックリードブルックス・ケプカフランチェスコ・モリナリ 8:01(22:01) ゲーリー・ウッドランドセルヒオ・ガルシア
2019/05/20全米プロゴルフ選手権

ケプカが完全優勝で「全米プロ」連覇 松山英樹は16位

◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 最終日(19日)◇ベスページ州立公園ブラックコース(ニューヨーク州)◇7459yd(パー70) 7打リードの単独首位から出たブルックス・ケプカが2バーディ、6
2019/05/17全米プロゴルフ選手権

前年覇者のケプカが首位発進 松山英樹17位、ウッズ51位

7アンダーの単独首位とし、大会連覇に向けて絶好のスタートを切った。最終9番では10mを沈めるバーディで締めくくり、後続に1打のリードをつけた。 6アンダーの2位に「64」をマークしたダニー・リー
2019/05/03ウェルズファーゴ選手権

マキロイが大会3勝目へ首位発進 松山英樹83位

72)を出すなど、過去2勝と好相性だ。 パトリックリード、アダム・シェンク、マーティン・レアード(スコットランド)ら5人が4アンダーの3位、前年覇者のジェイソン・デイ(オーストラリア)は17年大会
2019/03/29WGCデルマッチプレー

小平智は初勝利ならず 4アップから全米覇者に追いつかれる

。大量リードに思われたが、本人は苦い記憶も頭にあった。「去年もミケルソンとそういう感じだったので気を抜かないようにと思っていた。やっぱり世界のトップ選手はすごいから」 初めて出場した前年大会の2日目
2019/02/18ヨーロピアンツアー公式

フォックスが初優勝 NZ勢で10年ぶりタイトル

トロフィーを掲げた。 フォックスは決勝トーナメント1回戦で、3度にわたる延長ホールの末にタイのジャズ・ジェーンワタナノンドを下すと、その後はノルウェーのクリストファー・レイタンとアイルランドのポール・ダンを