2011/03/09サイエンスフィット

SFアカデミーの全貌 ショートゲーム編

パッティングでも現れてしまうはずですよ。 “科学の目”で原因解明! 方向を示すマットがある練習場では、考えなくてもスクエアに構えられますが、引っかける癖のある人は、コースではスタンスが右を向いてしまう傾向が
2011/03/02サイエンスフィット

SFアカデミーの全貌 ラウンドレッスン・ショット編

科学の目で分析し、実戦の場で集中治療するサイエンスフィットアカデミー。今回は、スイング分析、アプローチ、パッティングの集中レクチャーを経て、いよいよラウンドレッスンに突入!引っかけ癖が止まらない受講
2010/11/16サイエンスフィット

コースでなぜミスる?ショートゲーム編

ので要注意! パッティングのストロークで注意したいのは、ついついショットの癖が出てしまうこと。つまり、ショットのテークバックで極端にインサイドへ引く癖のある人は、パッティングにもインサイドに引く癖が現れ
2011/02/21上達ヒントの宝箱

正しい体重移動で飛ばせ!

体重移動を詳しく理解する! 体重移動を上手く利用することでクラブヘッドスピードが加速し、飛距離アップが可能となります。しかし、体重移動は絶対に必要な動きではありません。アプローチやパッティングのよう
2010/10/14スピード上達!

短いアプローチの距離感が掴めません

距離感を出しやすいんですよ。 アドレスはインパクトの形で アドレスであらかじめインパクトの形を作って、上半身だけでストロークするのがランニングアプローチです。パッティング感覚でストロークできるし
2009/10/28上達ヒントの宝箱

1mのアプローチで距離感をつかむ

なります。こうするとヘッドが返らなくなるので、ボールの飛びを最小限に抑えることができます。 グリップ グリップの握り方は、パッティングと同じです。逆オーバーラッピングでも結構です。 振り子のように振る