2013/07/09ツアーギアトレンド

“アダムモデル”のキャメロンパター 全米で一般発売

・キャメロンのパターが、全米で間もなく一般販売される。タイトリストは、ヘッドをより長く、重く改善したことにより最高クラスの安定性とミスへの許容性を実現した、慣性モーメントの高いマレットパター「Futura X
2019/04/11スタジオアリス女子オープン

鈴木愛はピン型のエースパターからマレット型へ

思って」と優勝した昨年の「Tポイントレディス」初日に使っていたマレット型パターを引っ張り出して調整に励んだ。 優勝した2016年「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」の時に使用したもので、「きょう
2013/05/20PGAコラム

「HP バイロンネルソン選手権」 使用ギアまとめ

だった23歳のPGAルーキー選手は、週末に向けてパターを取り替え、大きくスコアを伸ばした。 「一週間を通してずっとボールストリーキングが良かったよ」と、ホフマンはホールアウト後に語った。「最初の2日は
2020/02/17ジェネシス招待

松山英樹は惜敗5位 「ショットがすごく安定」

をグリーン左手前の絶好の位置へ運び、1.5mに寄せてバーディとした。「ショットに関しては、ある程度こうなんじゃないかなっていうものが見つかった」と“軸”も見えてきたという。 一方で、パターは前日に
2020/02/03WMフェニックスオープン

「よりゴルフから学ぶようになった」34歳シンプソン世界トップ10に返り咲き

。よりゴルフから学び、自分を学ぶようになって、それが役に立っている」。 かつては、アンカリング禁止の1年以上前に、自身が使っていた長尺パターを折って、退路を断ったこともある。それも、速く先に進むための彼なりの戦略だ。34歳のシンプソンが、円熟…
2013/07/22プレーヤーズラウンジ

<プライドを捨てて芹澤信雄が手にした長尺パター>

ようになった芹澤からパットの冴えが徐々に失われていった。 最後の拠りどころは、お定まりの長尺パター。しかし、なかなか踏ん切りがつかない。 「長尺パターに変えるのは、もの凄く勇気が必要でしたよ。だって
2013/08/27フィッティングでゴルフは変わる

フィッティングでパットも変わる!

パターフィッテイングをとりあげる! これまでドライバー、アイアンを中心にお送りしてきたこのコーナー。今回は特別編として反響の大きかったパターのフィッティングをご紹介! ラウンド中、パットの回数は
2013/03/19サイエンスフィット

50ヤードのアプローチが苦手な原因は?

腕の通り道を確保するため、アプローチではあらかじめスタンスをオープンにするというわけです。 ドライバーからパターまで同じ軌道に揃えてレベルアップ! 好調を維持しているプロは、ドライバーからパッティング
2015/01/23中古ギア情報

冬の高速グリーンに最適パター

近く打ってしまうアマチュアゴルファーも多いのではないだろうか。高速グリーンを攻略するにはもちろん技術も大切だが、パター選びも重要な要素といえる。 では、高速グリーンに適したパターとはどのようなモデルな
2019/09/30優勝セッティング

武藤俊憲の4季ぶりVを呼んだ 9月新発売のアイアン

番15度) ユーティリティ:ミズノ GXユーティリティ(3番19度、4番21度) アイアン:ミズノ ミズノプロ 120(4I―PW) ウェッジ:ミズノ ミズノプロ S18ウェッジ(54、60度) パター:オデッセイ ダマスカス・グランド
2012/07/13新製品レポート

「すでに今季2勝したパター」ピン NOME 355 パター

ツアーで使用し、すでに優勝パターになっているんです。気になりまくりでしょう! 【タッキー】そりゃスゴイね。ヘッド形状は、オーソドックスで構えやすい大型マレット。この特徴的なアライメントラインは
2012/08/22ギアニュース

千代田がパター専門店オープン

ゴルフ用品の卸業を営む千代田は9月3日、都内にパター専門店を出店する。これに伴い日本橋店は閉店となるが、これまでのゴルフショップとは異なり、パターの品揃えは常時1000本以上を目指すパター専門店
2019/12/14プレジデンツカップ

2連勝の黄金ペア 松山英樹&C.T.パンの巧みな駆け引き

べきところで、松山が先にパターを構えた。5mを流し込み、拳を振り上げる。「CT(パン)が先に打つと、相手にラインが見えてしまう。僕が先に打った方がいいと思った」。リードもほぼ同じラインでパンより内側に
2019/11/24ザ・RSMクラシック

小平智はピンを攻めきれず後退「つまらない一日」

ている。ドライバーはすぐ決まるんですけど、アイアンは決まってないまま打ってるから、セカンドからパターまでの流れが悪い」と振り返った。 あすの最終日は米国ツアーの2019年ラストラウンドとなる。「いいスコアで上がって、気持ちよく今年の最後を締め…