最近のニュース 新着一覧≫


2021/05/05女子プロレスキュー!

スライス&フックラインの打ち方 一番の違いは? 上野陽向

下げて、ハンドダウンに構えます。自然とパターのトウ側が浮き、つかまりやすい状況をつくることが目的です。 3. フックラインは手元そのまま ボールがつかまりやすいフックラインでは、手元は通常時と同じまま
2014/08/07永井延宏のフェースコントロール

パターのバックフェースでボールを拾えますか?

複合型になるのです。さらにパワーのないが何とかクラブを速く振ろうとして、始動時に手でクラブを操作し、そこに身体の回転を無理やり付け足そうとするとこの形になってしまう傾向があります。 パターのバック
2014/02/19河本&藤森のGOLF開眼物語

第6話 パターは“距離”第一主義

タイプが主流です。それぞれに最適な打ちや構えがありますので、ストロークの修正やパター選びの参考にしてください」。 カップを見たまま打とう! そう話すと、まずは“距離感”を磨くためのポイ…
2019/09/11女子プロレスキュー!

アプローチもパット感覚なら超簡単 野田すみれ

】 フルショットでも転がしの距離でもなく、中途半端な30から50ydくらいのアプローチでは、シンプルな決めごとと打ちを決めておくことが重要です。 1. 残り距離で振り幅を変える 中途半端な距離こそ目安を
2020/06/17女子プロレスキュー!

パターマットでも上達する練習法は? 馬場ゆかり

していても、単にボールを転がすだけでは上達は見込めません。プロが実際に行っている練習法として、テンポを意識したものがあります。パッティングは構えも打ちも重要ですが、もっとも大事なのはテンポだと考えて
2020/07/01女子プロレスキュー!

パターマットでも距離感はつくれる? 馬場ゆかり

動かせれば、どのような状況でも同じテンポと打ちで、機械的にボールの転がりを把握できます。 2. フローリングを生かして練習する 振り幅をチェックする方法として、フローリングの線を使ってみてはいかが
2020/01/22女子プロレスキュー!

アライメントのラインを使わない理由とは? 荒川侑奈

真っすぐ打ち出すストロークが、すべて正しいという訳でもありません。パターヘッドの大きさと打ちの相性によっても異なります。ですので、あまり深く考えすぎず、打つ前は真っすぐ打ち出すことに縛られないようにしてい
2015/07/27教えて○○プロ、正解はどっち?

花道から寄せるには「AW」or「SW」、どっち?/教えて河野祐輝編

打ちを変えています(Kさん/52歳)」というものだった。 アベレージゴルファーの多くは『AW』を使用することがわかったが、果たしてツアープロ・河野祐輝プロの見解は如何に……!? 状況によって、どちらも
2015/07/01女子プロレスキュー!

“握り方ひとつでパット激変!” 山里愛

自分に合う「グリップ選び」 【アマチュアゴルファーの悩み】 「パッティングのグリップの握りはたくさんあります。それぞれどんなメリット、デメリットがありますか?」 繊細なタッチや方向性が求められる
2017/05/16プロの目を盗め!

上りパットの“目”を盗め! 田村尚之編

、田村プロの上りパットの視線を追う。チャンスとなる上りの傾斜、カップまで残り1~2m程度。入れごろ外しごろの距離で、しっかり決めきるためのパッティング術を学んでいこう。 ポイントは“狙い” & “ボール
2013/08/26中井学のフラれるゴルフ

Lesson.27 パッティングの“良い転がり”とは?

グリーンはロフトを多めに当てる グリーンが重かったり、状態があまり良くない場合は、ロフトを0度にする打ちではなく、逆にパターのロフトを活かすようなインパクトをします。 具体的に言うと速いグリーンはハンド
2014/11/05女子プロレスキュー!

“カップイン率を上げるショートパット” 園田絵里子

確実に入れたい1mパット 【アマチュアゴルファーの悩み】 「ラウンド中に1m程度のショートパットが入りません。一度外すと自信がなくなり3パット、4パットも……。ショートパットの打ちを教えてください
2014/09/01植村啓太のフィーリングゴルフ

Lesson.22 パットで“良い転がり”を生むためには?

。ビリヤードの球をキューで打つときに、表面をこするような打ちだと強い球は打てませんよね。それと同じで、ボールの中心を打ち抜くイメージが必要であり、当てるだけじゃなく、打ち抜くことが大切なのです
2013/08/27フィッティングでゴルフは変わる

フィッティングでパットも変わる!

」 平井「そうでしたか。パットはスイングと同じく人それぞれ違います。パターは形状や重心角などモデルやネック形状や位置によっても変わります。お好みの形状でも、それぞれの打ちに合ったパターを…
2014/04/16河本&藤森のGOLF開眼物語

第11話 ロングパットは叩くだけ

」と指摘した。「振り子のイメージは確かにベーシックと言われる打ちですが、ヘッド重量があるマレット型を使っているならば、無理にフォローを出す必要はありません。フォローを意識するあまり、ボールに上手く
2013/11/27サイエンスフィット

コースで即戦力となるショートアプローチ!

パターに近いので、大きなミスとは無縁となり、低く転がしていけるので、距離感だけに集中できるのです。使うのはピッチングウェッジやアプローチウェッジ。実戦で即戦力となるものなので、その構えや打ちを是非
2013/03/13サイエンスフィット

ショットの悪い癖はパットにも出る!

。ダウンブローの状態でボールに当たってしまうので、フォローを長くして感じを出そうとすると、打ち過ぎてしまうんですね。ボールを左目の真下に置くことで、パターヘッドの上がり際でインパクトできるようになれば、転がりが