2013/09/28GDOEYE

TPCソーグラス、近くて遠い2コース

小さなグリーンはバンカーとラフで堅固に守られている。 昨年までの3年間は、同コースでウェブドットコムツアーの「ウィン・ディクシー ジャクソンビルオープン」が開催されており、その難易度はツアー屈指を誇ってい
2013/06/13WORLD

【WORLD】メリオンGCの幽霊の隠れ家

一緒に、棚に陳列されている。“ホワイト・フェイス”と呼ばれるバンカーを加えて完成したイースト・コースを描写する刺繍、メリオンの最高責任者を務めたバレンタイン父子が1921年から1989年に残した赤い革
2013/06/10WORLD

【WORLD】7000ヤードを切るメリオンの難易度

名乗り出た際には、コース距離が短いという議論が起こり、最終的に同年はオリンピア・フィールズでの開催が決定。しかしバンカーを修復し、木々の伐採などを経て、メリオンは300ヤード以上の拡張に成功し、2005
2013/05/07優勝者のパター

【’13年5月第1週】横峯さくら、松村道央の優勝パター

ホット2ボール ブレード (最終日) 「16番でのパーパット(グリーン手前からの第3打、バンカーショットがピンをオーバー)が本当に大きかった。6、7メートルはありました。下りのフック。2パットでいこうと
2013/04/10週刊GD

マスターズ12~15番は「新アーメンコーナー」

。 ■タケ小山氏が提唱するマスターズ勝負の分かれ目“新アーメンコーナー” ●12H 155Y パー3「挑戦者を悩ます見えない風」 池とバンカーが絡む美しいパー3で、155ヤードと距離は短い。オーガスタ
2013/04/09WORLD

【WORLD】R.マキロイにあふれる魅力/マスターズプレビュー

・マキロイは世界1位でも、そして2位とも呼べないような状態だった。ドライバーショットを左のフェアウェイバンカーに入れると、続いて5番ウッドで右のハザードに池ポチャ。結果、7打を要してダブルボギーを叩いた。翌
2013/03/21週刊GD

2種類のスウィングでバンカーの“目玉”を克服!

「週刊ゴルフダイジェスト」特集「バンカー周りは危険がいっぱい!」(4月2日号)より ただでさえイヤなバンカーなのに、ボールが砂に埋まってしまう「目玉」になってしまったら、もう大ピンチ。目玉の
2013/03/08週刊GD

「アゴ高FWバンカー」は、左足上がりのイメージで

「週刊ゴルフダイジェスト」(3月19日号)より アゴの高いフェアウェイバンカーにつかまったとき、一番大切なのは、確実に出る番手を選ぶということです。 プロの場合、勝負所ではアゴをギリギリ超える
2013/02/28週刊GD

尾崎将司「ドライバーからパターまでスウィングはひとつ」

。アプローチやバンカーでは左ひじを抜けだのと特殊性を強調する向きも多い。パットにいたっては『パッティングに理論なし』などとどう考えても思考停止したような言葉が横行している。本当にゴルフは14本のクラブで別々の
2013/02/26週刊GD

世界中のゴルフ場に「サハラ砂漠」がある!?

「週刊ゴルフダイジェスト」連載「ゴルフコース好奇心」(3月12日号)より セントアンドリュースをはじめ、英国リンクスにはホールの名称だけでなく、バンカーにも特徴を表した名称が付いています
2013/02/26週刊GD

“モノマネ”武器に1年でシングルになった男が!?

飛ばし方をマネした 上級者がバンカーショットをしたら、砂をならす作業を引き受けて、スタンスの向きや、砂の取れ具合をコピーした。渡部さんいわく「上級者が打つと、砂が扇型に飛ぶ。それをマネしました」 形
2013/02/15週刊GD

米国で話題の新コース、ユニークなパー3とは?

アプローチ練習のようなパー3ですが、左サイドには池、蛇行するグリーンをガードするバンカー群はわずかなミスも許しません。 日本のゴルフコースにもこのようなアイデアを取り入れてはいかがでしょう。 ●解説/マサ
2013/02/12WORLD

【WORLD】タイガー・ウッズが辿る道

筆頭格はシャンブリーだろうが、ハンク・ヘイニーも同様にウッズを批判する側にいる。「データを見ると、タイガーのプレーには穴がある。距離感のコントロールは間違いなく彼の弱みだろうし、バンカーの対応も比較的
2013/02/07週刊GD

力を抜くほどバンカーはうまく脱出できる!

「週刊ゴルフダイジェスト」(2月19日号)より バンカーは力一杯打たないと脱出できないと思っている人が多いようだ。しかし、「バンカーに力なんて必要ありません」と、今季初シード選手としてツアーを戦う