2011/04/11マスターズ

タイガー、見せ場を作るもミスに泣いて4位タイ

4試合のみ。昨年8月末から試行錯誤を続けている大きなスイング改造に時間がかかっている為これまでなかなか結果に繋がっていなかった。今回の4日間はタイガー復活への大きく前進したといえるだろう。ドライバー
2010/08/16全米プロゴルフ選手権

タイガー「メジャーで勝てなかったのは残念」

(ペイビン キャプテン)が推薦をして出場できる事を望みます。 (新しいスイングコーチ、ショーン・フォーリー氏 との会話について) 今週私のスイングを見てくださいと頼みました。何かアイデアや意見があれば聞かせ
2010/08/15全米プロゴルフ選手権

フィーリングは良いものの…/3日目のタイガー・ウッズ

ウッドでも大きなミスショットを犯してしまって優勝争いから脱落してしまう。しかし上がりの17番と18番でバーディを奪い意地を見せて30ホールの長丁場を終えた。 今週からスイングの相談をしているショーン
2014/07/12アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン

スピーディー・ゴンザレス、最後に捕まる

できたが、幾つか悪いスイングがあって、それで恐れをなしてしまった」とファルド。米国でテレビ解説者としてほとんどの時間を過ごしているが、来週のホイレイクへは出場する。 「予選通過ラインの中にいて良い感じで
2014/01/04PGAコラム

スピース、新たな目標と共に新シーズンに挑む

。グリップの握りに変更を加えたことで、バックスイング時の体重移動がスムーズになり、力み無くナチュラルドローを打てるようになった。 「まだスイングを自分のものに出来てはいないんだ」と話すスピースだが
2013/03/03PGAコラム

ザ・ホンダクラシック 3日目レビュー

トータルスコアを「202」とし、ウェストコースト・スイング(シーズン序盤戦の西海岸での試合)でのスランプから抜け出すチャンスを得た。 オギルビーは昨年、世界ランキング上位50位でフィニッシュできず
2011/08/08WGCブリヂストンインビテーショナル

タイガーはショートゲームでのミスで37位タイに終わる

ね。自分自身の構えた時のライン取りを信じること。あとは以前の握り方、グリップにも注意です。前のような握り方をしてしまうと悪い癖が出てしまいます。以前ハンク(ヘイニーコーチ)とスイングを変えたときには
2012/04/08マスターズ

タイガーは勝利が遠のく 「勢いが欲しかった」

。昨日はパッティングとアイアンショットが冴えず苦しんだ。3日目は3番ウッドのティショットを多用したりスイングスピードを若干落として、フェアウェイキープ率とパーオン率は向上した。 しかし13番では
2011/08/07WGCブリヂストンインビテーショナル

復帰したてのタイガーは3日目もチャージせず

と違うスイングドリルを行っている。 スイングを指導しているショーン・フォーリー氏の理論に基づいた動きとなるが、タイガーは左手重視にクラブフェースのコントロールをしている。 練習ラウンドはもちろん昨日も
2013/04/25PGAコラム

勝利へのカギはパッティングにあり:ジェイソン・ダフナー

ことが多く、バックスイングを少し深くしなければならないことが多かった。しかし、私が意図したスイングと実際は違ってしまったようだ」と、天候の都合により開始が遅れた水曜日のプロ・アマを前に、ダフナーは語っ
2011/08/05WGCブリヂストンインビテーショナル

好スタートのタイガー、バンカーセーブ率が今週の分かれ道

を逃がしてしまったが、16番で10メートルのバーディパットを沈め2アンダーとした。 <ついに新スイングが体に馴染んできた> 昨年8月からスイングのアドバイスをしているショーン・フォーリー氏と新しい
2020/01/12ソニーオープンinハワイ

刺激的な18ホール 松山英樹は“スーパーパー”連発

越え、カート道のさらに奥のラフまで転がった。塀にくっついたが、バックスイングできる場所にドロップしたあと、グリーン周りの刈り込まれたエリアに落とし、パターで3.5mをねじ込んだ。 バーディ直後の15番は
2014/02/12PGAコラム

ジミー・ウォーカーが絶好調な15の理由

、自身のキャリアの“バックナイン”に差し掛かっているというのに、今も若々しいスイングを保っている。「フライズドットコムオープン」を勝利した後、ウォーカーは「これから窓が閉まっていくとは思わない。今日
2015/04/22佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑154>アーロン・バデリー(後編)

&ティルト”というスイング理論に基づき、バデリーもスイングのチューンナップを開始した。3年間、懸命に取り組んだが、期待したほどの効果は得られず、2013年から、新鋭のクリス・コモと元ツアー選手のグラント
2015/03/21ヨーロピアンツアー公式

マデイラでハンセンが僅差の暫定首位発進

ができました」とハンセン。彼は2012年にチャレンジツアーからの昇格を果たしている。「11番では短いパットを外して3連続バーディとはなりませんでしたが、スイングには自身がありましたし、狙い通りの球が
2019/12/02ヨーロピアンツアー公式

ララサバルが痛みをこらえ復活優勝

。 後続に3打リードして首位から出たララサバルは、マメとスイングの問題に苦しみ、前半9ホールを1バーディ、5ボギー1ダブルボギーの「41」、後半13番で6つ目となるボギーをたたき、トップを3打追いかける展開