2016/06/03日本ツアー選手権森ビル杯

選手コメント集/日本ツアー選手権 森ビル杯 2日目

ハンジュンゴン 3バーディ、1ボギー「69」 通算2アンダー2位 「18番は6mくらいのパーパットが決まりました。ボギーでもいいと考えていました。きょうはスライスラインを自信を持って打てました
2016/06/03日本ツアー選手権森ビル杯

谷口徹が2打差3位 首位に11年覇者のJ.B.パク

2位にハンジュンゴン(韓国)。5位から出た谷口徹が3バーディ、3ボギーのイーブンパーでプレーして、チェ・ホソン(韓国)と並び、通算1アンダーの3位につけた。 通算イーブンパーの5位に谷原秀人、朴
2015/12/06ゴルフ日本シリーズJTカップ

石川遼がメジャー初制覇! 5打差圧倒で通算13勝目

がんばる」と語った。 通算9アンダーの2位で、小田孔明と藤本佳則が並んだ。昨季賞金王の小田はシーズン未勝利に終わった。通算6アンダーの4位に池田勇太が続いた。前年覇者の宮本勝昌はハンジュンゴン(韓国
2015/12/05ゴルフ日本シリーズJTカップ

選手コメント集/ゴルフ日本シリーズJTカップ 3日目

ハンジュンゴン 4バーディ、3ボギー「69」、通算5アンダー3位 「パターがうまく入らなかった。チャンスも結構あったけどリズムに乗れなかったですね。優勝は厳しいけどひとつでも上を目指す。(前週
2015/12/04ゴルフ日本シリーズJTカップ

今季初優勝を目指す孔明に“策士”の誤算 !?

乗り越えたから、あとは3日目を乗り越えて最終日!」と、構想を膨らませた。 リーダーボードを見てみると、首位に並ぶのは石川遼とハンジュンゴン(韓国)。くしくも前週の「カシオワールドオープン」で優勝を争っ…
2015/12/04ゴルフ日本シリーズJTカップ

選手コメント集/ゴルフ日本シリーズJTカップ 2日目

ハンジュンゴン 4バーディ、4ボギー「70」、通算4アンダー首位タイ 「パターがあまり入らなかったです。風が強く難しかったのでイーブンパーで満足です。(あすも最終組)あまり考えない方がいいですね
2015/12/04ゴルフ日本シリーズJTカップ

首位タイ浮上の石川遼 軟らかシャフトでスイング矯正

この日「68」(パー70)をマークした石川遼。通算4アンダーとして小田孔明、ハンジュンゴン(韓国)と並ぶ首位に立った。 「ショットが非常に良かった。風が強いと球をコントロールしたくなってしまうけど
2015/12/04ゴルフ日本シリーズJTカップ

石川遼が首位タイに浮上 小田孔明らと並ぶ 岩田寛は21位に後退

プレーして通算4アンダーとし、小田孔明、ハンジュンゴン(韓国)と並んで首位に浮上。自身初となるメジャータイトル獲得に一歩近づいた。 通算3アンダーの4位に石川と同組でラウンドした池田勇太と藤本佳則。通算
2015/12/03ゴルフ日本シリーズJTカップ

選手コメント集/ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日

悪い成績なんでね。最低でも賞金ランクトップ10には入っておかないと格好がつかないですし。今週は悪いけど勝ちますよ」 ■ハンジュンゴン 6バーディ、2ボギー「66」、4アンダー2位タイ 「アイアンが調子
2015/12/01ゴルフ日本シリーズJTカップ

いよいよシーズン最終戦 前週惜敗の石川遼が自身初のメジャー制覇を狙う

国内男子ツアーの今季最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」が3日から6日までの4日間、東京都にある東京よみうりカントリークラブで開幕する。フィールドは30人に絞られ、優勝賞金4000万円を懸けた最後の戦いが繰り広げられる。 賞金レースは前週、キム・キョンテ(韓国)が2010年以来2度目のタイトルに輝き決着したが、賞金ランク2位までに与えられる2016年の「全英オープン」と「WGCキャデラック選手権」の出場権を巡る争いが熾烈な状況だ。2013年大会の覇者で同2位の宮里優作、同3位の池田勇太らが世界への切符を狙う。 石川遼は国内ツアー4連戦目。ツアー通算12勝を挙げているが、メジャータイトルには未...
2015/11/28カシオワールドオープンゴルフトーナメント

パットに苦しんだ石川遼 2日間「0」から一転4ボギー

で黙々とボールを転がした。 明日はいずれも1打差に迫ったブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)とハンジュンゴン(韓国)との最終組決戦。何も積み残さずに、大会初制覇をかけた最終日を迎えたい。(高知県芸西村/塚田達也)
2015/11/28カシオワールドオープンゴルフトーナメント

石川遼がスコア落とすも単独首位を死守 ホストVに王手

ストローク縮まりわずか1打差となった通算9アンダーの2位には、ハンジュンゴン(韓国)とツアー13勝のブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)。通算7アンダー4位に前年優勝の片山晋呉が続き、6アンダー5位