2019/07/01記録

「全英オープン」歴代優勝者&日本人成績

位友利勝良 予落尾崎直道 予落福沢孝秋 予落川岸良兼 予落須貝昇 予落 ロイヤルセントジョージズ 1992 ニックファルド 中嶋常幸 予落尾崎直道 予落尾崎将司 予落 ミュアフィールド 1991
2019/04/09ヨーロピアンツアー公式

人に話したくなる「マスターズ」丸わかりガイド

・バレステロス、ニックファルド、セルヒオ・ガルシア、ベルンハルト・ランガー、サンディ・ライル、ホセ・マリア・オラサバル、ダニー・ウィレット、そしてイアン・ウーズナムが「マスターズ」制覇を果たしている
2019/05/09ヨーロピアンツアー公式

「ベットフレッド英国マスターズ」で知っておくべき5つのこと

ピーター・ベーカー、ニックファルド、マシュー・フィッツパトリック、トミー・ホートン、ガイ・ハント、トニー・ジャクリン、マーク・ジェームス、バリー・レーン、グレッグ・オーウェン、ジャスティン・ローズ、そして
2019/01/27ファーマーズインシュランスオープン

ローズはペナルティ3回も動じず 松山英樹も感嘆の声

(イングランド)が、今季初勝利に王手をかけた。15アンダーから「69」で回り、通算18アンダーとして2位との3ストローク差をキープした。PGAツアー通算10勝目となると、ニックファルドを抜いて1945年以降の
2017/04/04マスターズ

タイガー・ウッズの伝説的勝利から20年 1997年の当事者たち

パーを叩く展開となった。 プロとして既に3勝を挙げながら、まだ「全米アマチュア選手権」のタイトル保持者でもあったタイガーは、オーガスタの伝統のもと、この年はディフェンディングチャンピオンのニック
2018/11/05GDOEYE

トルコのゴルフ ツアーへの関心と環境のギャップ

ホテルリゾートだ。場内にトルコ語、英語、ロシア語、ドイツ語の案内があることからも、あらゆる地域から旅行者が訪れることが分かる。周辺にはピート・ダイやコリン・モンゴメリー、ニックファルドらが設計した
2018/09/04ヨーロピアンツアー公式

オメガ・ヨーロピアン・マスターズの知っておくべき5つのこと

」にとってこの上ないドラマの場となっている。その優勝者リストには、偉大なる故セベ・バレステロス、ヨーロピアンツアー15勝のトーマス・ビヨーンのほか、サー・ニックファルド、アーニー・エルス、セルヒオ・ガルシア
2018/08/06全英リコー女子オープン

神経質な父とメジャーV ジョージア・ホールの家族の物語

た。「最後はちょっとした運」。2004年のカレン・スタップルズ以来のイングランド出身チャンピオンに地元の観客から惜しみない拍手が送られた。 ニックファルドが3度目の「マスターズ」王者になった1996
2017/01/08ヨーロピアンツアー公式

メジャー王者2人がジュニアゴルフ振興でタッグ

サー・ニックファルドとアーニー・エルスが南アフリカゴルフ推進委員会とチームを組み、ジュニアゴルフを世界的に振興すべく一風変わった大会でプレーすることが明らかとなった。 ファルドとエルスはそれぞれ
2018/05/15ヨーロピアンツアー公式

「ベルギーノックアウト」で知っておくべき5つのこと

1994年のサー・ニックファルドと、3人の「ライダーカップ」キャプテンも大会制覇を遂げている。 この革新的なトーナメントの大会ホストは、「ライダーカップ」のスター選手にして地元ベルギー出身のトーマス
2018/04/03ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」で知っておくべき5つのこと

。 1990年にサー・ニックファルドが2年連続でグリーンジャケットを獲得したのを最後に、欧州勢は3年連続して「マスターズ」王者を輩出していない。トミー・フリートウッドとジャスティン・ローズは今季すでに優勝を
2017/04/04ヨーロピアンツアー公式

知っ得!「マスターズ」の大会アラカルト

1996年のサー・ニックファルド以来となるグリーンジャケット獲得を果たした。 2015年王者のスピースを3打追う状況で最終日を出たウィレットだったが、スピースがハーフターンした時点では、その差は5
2017/01/10ヨーロピアンツアー公式

BMW南アフリカオープンの大会アラカルト

を交わしたのだ。メジャー4勝のマキロイにとって、今回が3度目の大会出場となり、前回出場した2009年はエルスと並ぶ3位タイに入っている。 また、今年はメジャー6勝のサー・ニックファルドが2014年の
2017/03/08佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑230>トーマス・ピータース(前編)

初めてとなった(それまでの初出場選手の最高成績はニックファルド、ホセ・マリア・オラサバル、セルヒオ・ガルシアの3勝)。残念ながら欧州チームは17対11で米国選抜チームに負けたが、ピータースの勝負強さは
2017/01/11ヨーロピアンツアー公式

マキロイら出場の南アフリカ大会の下馬評は?

・グーセン、そしてニックファルドなど新旧のビッグネームが一堂に会することになる。 その中でスタッツなどを分析し、次の3人を注目の選手として弾き出した。 本命: ブランドン・ストーン 23歳のブランドン