2019/11/24ダンロップフェニックス

2年連続賞金王へ前進 今平周吾は再び短縮競技V

◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 最終日(24日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎)◇7027yd(パー71) 最終ラウンドが悪天候のために中止。第3ラウンドまでの成績により今平
2019/10/30佐藤信人の視点~勝者と敗者~

「ZOZO」で感じたPGAの対応力

やりきる――この姿勢がトーナメントを運営するうえで、重要だということに改めて考えさせられました。というのも、国内ツアーでは現実的に、あの状況であれば、競技短縮か中止という選択肢が濃厚となっていたと思う
2019/09/26ゴルフ昔ばなし

2020年は日本のプロゴルファー誕生から100年/ゴルフ昔ばなし

プリンストン大に進んでゴルフを覚え、在学時代はチームのキャプテンも務めたんだ。パインハーストでのスプリングトーナメントでは見事優勝。プリンストン大では、のちに近衛文隆さんというアマチュアもキャプテンとして
2019/11/29中古ギア情報

中古で探す賞金王候補のクラブセッティング

「ダンロップフェニックストーナメント」は今平周吾が優勝した。今季2勝目だが、トップ10入りが15回という安定した強さが、国内男子ツアー賞金ランキングトップの支えとなっている。(11月28日時点
2019/11/22ダンロップフェニックス

松山英樹、スタートホールで悪夢の「9」も耐えて4打差

◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 2日目(22日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎)◇7027yd(パー71) 5アンダー3位からスタートした松山英樹は、スタートホールで+5となる
2019/11/24大王製紙エリエールレディス

誰がために…渋野日向子が流した涙のわけ

にする6mのバーディパットを珍しく1m弱ショートした。「軽井沢で3パットしちゃったから」 優勝した8月の海外メジャー「全英女子オープン」から2週後の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」。最終日最終
2019/11/21ダンロップフェニックス

プロ初の同組ラウンド 松山英樹と今平周吾がせめぎ合い

◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 初日(21日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎)◇7027yd(パー71) 意外にも、松山英樹と今平周吾が同組でラウンドしたのは、きょうがプロと
2019/12/09

ツアー出場権を失った原江里菜 来季への考えは?

パターで手が動いていなかった」と、自分の意思だけでコントロールできない部分が多くあったという。不振から抜け出す糸口を見いだせないままシーズンを終了。「もちろんトーナメントには出たいけど、自分がああしたい
2019/09/03モテゴル研究部

夜景の魔法で寄せろ!12Hニアピン対決

。188㎝の長身から繰り出す豪快なドライバーショットを武器に着々と成長し、現在のベストスコアは「85」。編集部に所属し、トーナメント会場にも出没する。日本酒と猫をこよなく愛する。 おち丸:「で、なにを賭ける
2019/12/05

女子ツアーは10年ぶりに観客総動員数60万人超

、ニューヒロイン誕生は女子ゴルフ界を盛り上げた。古江彩佳のアマチュア優勝を含め、10人のツアー初優勝者を生んだシーズンの観客動員数を検証する。 10年ぶりに60万人超え 日本ゴルフトーナメント振興協会に
2019/11/13VISA太平洋マスターズ

石川遼の気になる「3度」 御殿場で取り組むスイング修正

シーズン初の予選落ちを喫した。10月に入って1Wショットの不振に陥り、ビッグトーナメントで成績を残せないまま賞金ランキングは1位から3位に後退。トップの今平周吾を約3865万円差で追う立場となった今
2019/11/20ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント

41万円差で逆転賞金王のウィラチャン お気に入りは成田と水戸

◇国内シニア◇ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント 最終日(20日)◇鳩山カントリークラブ(埼玉)◇6970yd(パー72) 52歳のタワン・ウィラチャンが逆転で初のシニア
2019/10/31旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.74 中国編

ます。 主戦場にしている欧州ツアーはシーズンが佳境で、今週からビッグトーナメントが連なります。夏場以降、今大会に出るために台湾、インドに渡り、出場試合義務のハードルをクリアしてきました。アジアンツアー
2019/12/18

2020年シーズン前半戦は11試合/アジアンツアー

アジアンツアーは17日、2020年1月から6月までのトーナメントスケジュールを発表した。アジア10カ国で11大会が組まれ、賞金総額は1300万ドル近くになる見込み。大会が追加される可能性もあるという