2006/12/18南アフリカ航空オープン

同郷対決はエルスに軍配! 逆転優勝を飾る!

タイとなる「65」をマーク。単独トップでスタートした同郷のトレバーイメルマンをかわし、トータル24アンダー「264」で逆転優勝を果たした。 南アフリカが誇る新旧スターの対決に注目が集まった最終組。先手…
2003/03/27ザ・プレーヤーズ選手権

21名の「ザ・プレーヤーズ選手権」ルーキーたち

練習ラウンドはつまらないんだけど、憧れの大会である練習ラウンドともなると興奮する。小さい頃からテレビで見ていた大会に自分が出ていると思うと嬉しい」 トレバーイメルマン 「私くらいのキャリアだとあまり…
2009/02/26WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

復帰戦のT.ウッズは快勝! 片山晋呉はマスターズ覇者を撃破!

(南アフリカ)が相手。気の抜けない戦いが続く。大会連覇がかかるだけに、その動向から目が離せない。 日本から唯一参戦している片山晋呉は、昨年のマスターズ覇者、トレバーイメルマン(南アフリカ)と対戦。12番…
2003/11/19

「プレジデンツカップ」プレビュー:南アフリカが強い理由

素晴らしいジュニア育成プログラムがあるんです。ジュニアたちにゴルフに取り組めるチャンスを増やしているんです。」 トレバーイメルマン 「僕が5歳の頃は毎日ゴルフ場にいましたね。それだけジュニアへの受け入れ態勢が整っているんです。…
2004/01/25ダンヒル選手権

地元若手のホープT.イメルマンが8位に浮上

連続バーディで締めくくり、最終日に向けて良い形でホールアウト。この流れを活かして、最終日に勝負を懸ける。 地元の期待がかかるトレバーイメルマン(南アフリカ)が、この日、バーディを量産。8
2017/05/17ヨーロピアンツアー公式

「ロッコフォルテオープン」の大会アラカルト

リカルド・カールベリ(2015年)、ジュリアン・ケン(2013年)、そしてスティーブ・ウェブスター(2005)も出場する。 ともにグリーンジャケットを獲得したトレバーイメルマン(2008年)とマイク…
2009/02/27WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

何度も勝ちを掴みかけたが…片山、オギルビーに惜敗

「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」の1回戦でトレバーイメルマンを3&2で破って2回戦に進出した片山晋呉。この日は、世界ランキング8位のジェフ・オギルビーとの対戦で、06年以来となる2回戦
2002/11/26カシオワールドオープンゴルフトーナメント

シード権確保を決める最後の試合

なった。今回は、米国からマット・クーチャーとタイ・トライオン、南アフリカのトレバーイメルマン、そして北アイルランドのグレアム・マクドエルの4人が招待出場を果す。 クーチャーは97年の全米アマ覇者で
2003/10/05WGCワールドカップ

2003年の日本代表は丸山茂樹と田中秀道!!

12 スコットランド/ポール・ローリー/アラステア・フォーサイス 13 南アフリカ/トレバーイメルマン/ローリー・サバティーニ 14 スペイン/イグナシオ・ガリード/ミハエル・アンヘル・ヒメネス…
2008/06/10全米オープン

タイガーの復帰、最強日本勢と、見所満載なメジャー第2戦!

(フィジー)やアーニー・エルス(南アフリカ)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)らメジャーの常連に加え、前週の大会で2位に入り、今季メジャー初戦「マスターズ」を制しているトレバーイメルマン(南アフリカ)に…
2004/06/22フランスオープン

欧州の若手成長株 T.イメルマン、J.ローズに注目

・ローズ、南アフリカ出身のトレバーイメルマンといった欧州ツアーを盛り上げる新星2人が出場する。ローズは今年の「マスターズ」で初日、2日目で首位をキープするなど快進撃を続け、22位でフィニッシュ。また…
2012/03/27マスターズ

待望のマスターズウィーク到来! 石川遼と松山英樹が出場

トレバーイメルマンに次ぐ3人目の制覇となった。 今年の日本勢は、4年連続出場の石川遼と、2年連続出場となるアマチュアの松山英樹。石川は特別招待選手として、松山は昨年の「アジアアマチュア選手権」を制し…
2004/02/24WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

WGC「アクセンチュア・マッチプレー」組み合わせ

。 【ジョーンズ・ブラケット】 タイガー・ウッズ(1)vsジョン・ロリンズ(16) トレバーイメルマン(8)vs丸山茂樹(9) トーマス・ビヨーン(4)vsスコット・ホーク(13) フレデリック…
2008/11/16三井住友VISA太平洋マスターズ

片山晋呉がプレーオフを制す! 石川遼は5位タイ

並ぶバーディラッシュを演じたが、終盤16番からの3連続ボギーが響く結果となった。通算13アンダーの単独4位に松村道央。通算12アンダーの5位タイに、ともに3ストローク伸ばした石川遼と、トレバーイメルマン(南アフリカ)が続いた。今田竜二は通算11アンダーの7位タイで今大会を終えている。