2019/01/15ヨーロピアンツアー公式

「アブダビHSBC選手権」で知っておくべき5つのこと

タイガー・ウッズ(「WGCブリヂストンインビテーショナル」8勝、「WGCキャデラック選手権」7勝、「マスターズ」4勝、「全米プロゴルフ選手権」4勝)、トムワトソン(「全英オープン」5勝)、ベルンハルト
2019/02/13ジェネシスオープン

西海岸シリーズ最終戦にウッズ登場 松山英樹&小平智が出場

ロサンゼルスで幕を閉じる。ツアーは次週からメキシコ、米フロリダ州へ。5連戦の最後はホスト役を務めるタイガー・ウッズを含む豪華なフィールドが整った。 通算12アンダーで前年優勝したバッバ・ワトソンは今年、大会
2017/05/31佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑240・番外編>「最終回」佐渡充高

は、世界の頂点に君臨し、当時「新帝王」と呼ばれたトムワトソンの来日時キャディに起用され、彼らの人柄に触れたことで米国PGAツアーへの興味が膨らんでいった。ワトソンにその思いを伝えると「試合を見に
2019/02/01WMフェニックスオープン

松山英樹は27位発進 小平智71位、首位にファウラーら3人

・バーナーIIIの3人が「64」で回り、7アンダー首位とした。 6アンダーの4位にマーティン・レアード(スコットランド)とJ.T.ポストン。5アンダーの6位にバッバ・ワトソン、スコット・ピアシー、アン
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

トッド・ハミルトン パドレイグ・ハリントン ザック・ジョンソン トム・レーマン サンディ・ライル ロリー・マキロイ フィル・ミケルソン ルイ・ウーストハイゼン ジョーダン・スピース ヘンリック
2017/09/08JAL選手権

倉本昌弘が4位発進 トム・ワトソンは26位

らの注目選手は3アンダーの14位と上々のスタート。PGAツアーメジャー通算8勝のトムワトソンは2アンダーの26位に続いた。 ほかの日本勢は、室田淳が1アンダーの35位、崎山武志が1オーバーの50位、中嶋常幸が3オーバーの56位、井戸木鴻樹が4オーバーの61位、尾崎直道が5オーバーの62位で終えた。
2017/09/12GDOEYE

日本初開催の米シニアツアー JALにとっての成果と課題

日本で初めてとなる米国シニアツアーが9月8日から3日間、千葉県の成田GCで開催された。新規大会の「JAL選手権」。冠スポンサーとなったのは、日本航空だ。 メジャー8勝の“新帝王”トムワトソン、ド
2018/10/01ライダーカップ

5戦全勝のモリナリが欧州を勝利へ導く

トービヨーン・オルセンとジョン・ラームがそれぞれジョーダン・スピースとタイガー・ウッズに勝利し、流れを引き寄せた。 その後は経験豊富なモリナリ、イアン・ポールター、セルヒオ・ガルシア、そしてヘンリック
2018/11/30ヒーローワールドチャレンジ

松山英樹は最下位スタート ウッズも出遅れる

◇米国男子(ツアー外競技)◇ヒーローワールドチャレンジ 初日(29日)◇アルバニーGC(バハマ)◇7302yd(パー72) 招待選手18人による、タイガー・ウッズ主催のツアー外競技がバハマで開幕
2018/11/28ヒーローワールドチャレンジ

ウッズ主催大会に強豪18人が集結 松山英樹は5年連続

◇米国男子(ツアー外競技)◇ヒーローワールドチャレンジ 事前情報◇アルバニーGC(バハマ)◇7302yd(パー72) タイガー・ウッズが主催するツアー外競技が29日(木)に開幕。世界ランキング上位を
2018/11/05ターキッシュエアラインズオープン

世界1位復帰のローズがこだわった距離「38歳。まだうまくなれる」

感じているんだ。オフに課題をこなして、うまくなることも楽しみ。38歳でもまだ目標達成のために改善すべきことがある」。ローズは現在の世界ランクトップ20の中でタイガー・ウッズ、バッバ・ワトソンに次ぐ年長者。今のところ、老いて枯れるつもりはない。(トルコ・アンタルヤ/桂川洋一)
2018/11/09ヒーローワールドチャレンジ

ウッズ主催大会に松山英樹が5年連続出場

(8) リッキー・ファウラー(9) トミー・フリートウッド(10) ジェイソン・デイ(11) ザンダー・シャウフェレ(12) タイガー・ウッズ(13) トニー・フィナウ(15) バッバ・ワトソン(16) パトリック・リード(17) ウェブ・シンプソン(20) アレックス・ノレン(21) 松山英樹(23)
2018/07/09ゴルフ昔ばなし

セベ・バレステロスの記憶/ゴルフ昔ばなし

ほかにもたくさんの偉大なチャンピオンを生んできた「全英オープン」。次回は3勝を飾ったニック・ファルド(イングランド)と5勝のトムワトソンを取り上げます。レジェンドとして今も優しくゴルフ界を見守るふたりの過去の戦いぶりから、全英で勝つためのポイントを探ります。
2018/07/18ヨーロピアンツアー公式

第147回「全英オープン」について知っておくべき5つのこと

で開催された7回の「全英オープン」のうち3回は、プレーオフで勝者が決した。このスコットランドのコースで最初にプレーオフが行われたのは1975年のことで、このときはトムワトソンと豪州のジャック
2018/10/01ライダーカップ

欧州選抜が2大会ぶり勝利 ウッズは全敗

タイガー・ウッズはジョン・ラーム(スペイン)に2&1で敗れた。出場した4試合はすべて敗戦に終わり、1点も得られなかった。米国はジャスティン・トーマスがロリー・マキロイ(北アイルランド)を1UP
2018/09/29ライダーカップ

欧州選抜が2ポイントリード ウッズは勝ち点を奪えず

.マキロイI.ポールター(欧) 4&2 ●B.ワトソンW.シンプソン(米) 第3マッチ 〇S.ガルシアA.ノレン(欧) 1UP ●P.ミケルソンB.デシャンボー(米) 第4マッチ 〇F.モリナリT.フリートウッド(欧) 3&1 ●J.トーマスJ.スピース(米)