2002/11/14

世界で活躍する日本選手たち

。 アメリカチームは アーノルド・パーマー(キャプテン)、ポール・エイジンガー、レイ・フロイド、フレッド・ファンク、ボブ・ギルダー、スコット・ホーク、ヘール・アーウィン、トム・カイト、トムレーマン、マーク
2005/03/29ザ・プレーヤーズ選手権

長い戦いにようやくピリオド!F.ファンクがPGAツアー6勝目

、ファンクはこの日2つスコアを伸ばして、通算9アンダーで先にフィニッシュ。上位にいたトムレーマン、スコット・バープランク、ルーク・ドナルドは、1打及ばず2位タイでフィニッシュしたため、ファンクがPGA
2001/10/14インベンシスクラシック at ラスベガス

S.マッキャロンが26アンダー、T.レーマンが3打差で追う

が、2日目以降ノーボギー。日々スコアを伸ばし、トータル26アンダーで単独首位に立った。 3打差の2位には、初日、2日目で19バーディを奪ったT.レーマンが、ボギーを3つ叩いたが、8バーディを奪い5
2004/10/10ミシュラン選手権 at ラスベガス

ベテランT.レーマンが首位奪取!宮瀬は予選通過ならず

ラウンドを終えて、通算17アンダーの単独首位に踊り出たのは、ツアー通算5勝を誇る45歳ベテランのトムレーマンだ。この日ベアーズベストをラウンドしたレーマンは、前半から確実にバーディを積み重ねてスコア
2001/12/25

2001年PGAツアーの出来事

III、スコット・ホーク、ボブ・エステス、スコット・バープランク。 ・デイヴィッド・フロストは1993年以来2度目の平均パット数タイトル獲得。トムレーマンは1997年以来2度目のGIR部門1位
2012/11/05チャールズ・シュワブ・カップ選手権

T.レーマンが最終戦を飾る ポイントランク2年連続で戴冠

」の最終日。首位からスタートしたトムレーマンがこの日は「65」でホールアウトし、通算22アンダーでツアー通算7勝目を飾った。この優勝により、「チャールズ・シュワブ・カップ」ランク首位のベルンハルト
2012/11/04チャールズ・シュワブ・カップ選手権

トム・レーマン、2年連続戴冠へ首位浮上

」の3日目、年間を通したレースである「チャールズ・シュワブ・カップ」ポイントをリードするベルンハルト・ランガー(ドイツ)を追いかけるトムレーマンが、逆転へ向けて単独首位へと浮上を果たした。 首位と5打
2012/03/20ミシシッピガルフリゾートクラシック

今季未勝利のT.レーマン、大会連覇で初勝利を掴めるか

スタートしたトムレーマンが4打差をつけて逃げ切り勝利を収め、シーズン2勝目を飾った。 昨シーズン、レーマンは今大会を含めた開幕から4試合で2勝を達成。絶好のスタートを切り、最終的に自身初の賞金王に
2011/07/16全英オープン

池田勇太が決勝進出!石川含め他の日本勢は予選落ち

・ビヨーンの4人が並んでいる。 さらに1打差の通算2アンダー7位にはデービス・ラブIII、トムレーマンなどベテラン勢を含む7人。通算1アンダー14位タイはフィル・ミケルソンやアダム・スコット、そして初日
2011/07/16全英オープン

池田勇太が決勝進出!石川含め他の日本勢は予選落ち

・ビヨーンの4人が並んでいる。 さらに1打差の通算2アンダー7位にはデービス・ラブIII、トムレーマンなどベテラン勢を含む7人。通算1アンダー14位タイはフィル・ミケルソンやアダム・スコット、そして初日
2012/06/10リージョンズトラディション

T.レーマンが今季初勝利に王手!単独首位で最終日へ

日目は、ムービングサタデーの名のとおり、上位陣は大きな入れ替わりを見せている。 この日、首位と3打差でスタートしたトムレーマンが1イーグル、3バーディ、1ボギーの「68」をマークして単独首位に浮上
2009/04/27リバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフ

B.ランガー&T.レーマン組がプレーオフの末に勝利!

・ランガー(ドイツ)とトムレーマンのペアが、プレーオフでクレイグ・スタドラーとジェフ・スルーマンのペアを破り、優勝を手にしている。 3位タイからスタートしたランガー&レーマン組。今季好調のランガーが
2006/02/14

新勢力が浮上!海外各種ランキング情報

(11ダウン) ◎ライダーカップチーム変動 ・米国ランキング オーバーホールザーは優勝で375点を獲得、55位から自動選出圏内の6位に上がってきている。キャプテンのトムレーマンもぺブルビーチで7位