2015/05/09ヨーロピアンツアー公式

オルセンが引き続きギャラリーを魅了

・フィッツパトリック、そして南アフリカのトーマス・エイケンとディーンバームステアが通算7アンダーの3位タイで続いている。 「フロントナインはトリッキーでしたが、勢いを維持し、7番、8番、9番とバーディを
2016/01/09ヨーロピアンツアー公式

猛チャージのグレース、嵐に水を差される

「70」でラウンドしたディーンバームステア、そして2日目を「71」でラウンドしたアマチュアのキャメロン・モラリーも通算4アンダーのグループにつけている。 このグループには、それぞれ11番と13番
2016/02/13ヨーロピアンツアー公式

シュワルツェルが首位のマイケルを猛追

ダブルボギーと出入りの激しいゴルフとなり、この週末は、いずれも同胞のディーンバームステア、ショーン・ノリス、リチャード・スターン、ジャコ・バンジル、そしてスウェーデンのスティーブン・イェッペセンとスコットランドのジェイミー・マクリアリーらと共に通算2アンダーから上位進出を狙うこととなった。
2015/03/16ヨーロピアンツアー公式

地元優勝に快哉を叫んだクッツェー

1打差に迫るも、続く15番でボギーを叩くと、最終ホールではダブルボギーを叩いて通算9アンダーへ後退。南アフリカのディーンバームステアとティジャート・バンデルウォルトと並び、3位タイで大会を後にした。
2016/02/14ヨーロピアンツアー公式

シュワルツェルが僅差の首位で最終日へ

イーグルを奪った。 ツリーは15番でバーディを奪って通算6アンダーまでスコアを伸ばすも、最終ホールでダブルボギーを叩き、通算4アンダーへ後退してディーンバームステアと並んだ。
2016/02/15ヨーロピアンツアー公式

圧巻のシュワルツェルが悠々と勝利へ行進

12番でバーディを奪う盛り返しを見せ、通算7アンダーに戻した。 しかし、続く13番でこの日3つ目のボギーを叩いたマイケルは通算6アンダーのまま大会を終えた。マイケルの1打後方の4位タイにはジャスティン・ウォルターズ、リチャード・スターン、そしてディーンバームステアが入った。
2015/05/09アフラシアバンク・モーリシャスオープン

川村昌弘が4打差6位で決勝へ オルセンが復帰戦で首位堅守

にトーマス・エイケン、ディーンバームステアの南アフリカ勢、イングランドの20歳のマシュー・フィッツパトリックがつけた。 唯一の日本勢、川村昌弘は3アンダーの14位タイからスタートして4バーディ、2
2015/03/16ツワネオープン

J.クッツェーが混戦の優勝争いを制しツアー2勝目

(南アフリカ)。この日は9バーディノーボギー、コースレコードタイの「61」をマークして、22位から大きく順位を上げた。 通算9アンダーの3位に、ディーンバームステア(南アフリカ)、ティジャート・バンデルウォルト(南アフリカ)、クレイグ・リー(スコットランド)の3選手が並んだ。
2015/05/08アフラシアバンク・モーリシャスオープン

モーリシャスでの新規大会 川村昌弘が14位発進

132人をリードした。 1打差の4位にオリバー・ベッカー(南アフリカ)とテリー・ピルカダリス(オーストラリア)。さらに1打差、4アンダーの6位タイにディーンバームステア(南アフリカ)ら8人が並んだ
2016/02/15ツワネオープン

シュワルツェルが母国で8打差の貫録勝ち

(デンマーク)。3位には通算6アンダーでアンソニー・マイケル(南アフリカ)が続いた。4位にはディーンバームステア、ジャスティン・ウォルターズら南アフリカ勢3選手。 初優勝を狙い2位でスタートした