2019/04/02マスターズ

2019年「マスターズ」出場選手&資格

・フリートウッド リッキー・ファウラー セルヒオ・ガルシア ブランデン・グレース エミリアノ・グリジョ ティレルハットン ダスティン・ジョンソン ケビン・キズナー 小平智 ブルックス・ケプカ マット
2019/03/30WGCデルマッチプレー

ウッズ、マキロイらが決勝T進出 松山と小平は初白星

) ルーカス・ビェルレガード(52)-ヘンリック・ステンソン(39) ティレルハットン(37)-マット・クーチャー(24) ブランデン・グレース(42)-セルヒオ・ガルシア(27)
2019/03/27ヨーロピアンツアー公式

「WGCデルテクノロジーズマッチプレー」 注目の5組

世界9位のザンダー・シャウフェレが入った。カブレラベロー、ウェストウッド、そしてハットンはいずれも「ライダーカップ」で欧州を代表してプレーした経験があり、この組の激戦は必至である。
2019/02/19ヨーロピアンツアー公式

「WGCメキシコ選手権」で知っておくべき5つのこと

たフィナウは、世界最高峰の舞台での勝利へ着実に歩を進めている。 ハットンの“クリーンシート” 昨季、メキシコでプレーオフに1打及ばず僅差でWGC初制覇を逃したティレルハットンは、チャプルテペクGC
2019/02/01WMフェニックスオープン

松山英樹は27位発進 小平智71位、首位にファウラーら3人

・ビョンフン(韓国)、ティレルハットン(イングランド)、チャーリー・ホフマンの5人が続く。 大会2勝(2016年、17年)の松山英樹は4バーディ、1ボギーの「68」とし、3アンダーの27位タイ。同組で回った
2018/11/22ISPSハンダW杯ゴルフ

ホームの豪州ら3カ国が首位 日本は4打差13位発進

(それぞれのボールでプレーして良い方のスコアを記録)で行われ、10アンダーで終えたイングランド(ティレルハットン&イアン・ポールター)、韓国(アン・ビョンフン&キム・シウー)、ホームのオーストラリア(マーク
2018/10/24ヨーロピアンツアー公式

上海で注目の3人

ハットン ティレルハットンは今季もヨーロピアンツアーで良いシーズンを送っているとはいえ、これからの数週間で勝利を挙げることを熱望しているはずである。彼は今季、トップ10入りを逃したのは3回のみであり
2018/10/08ヨーロピアンツアー公式

「自分が優勝するとは」ビェルレガードがリンクスの王者に

セントアンドリュースのオールドコースで「67」をマークしたルーカス・ビェルレガードがディフェンディング王者のティレルハットンに競り勝って、欧州ツアー2勝目を挙げた。 首位と4打差で出たデンマークの
2018/10/08アルフレッド・ダンヒル リンクス選手権

ビェルレガードが今季初優勝 ハットンは3連覇ならず

「ポルトガルマスターズ」以来となるツアー通算2勝目。 通算14アンダーの2位に、トミー・フリートウッドと単独首位から出たティレルハットン(ともにイングランド)。大会3連覇がかかっていたハットンは後半に4ボギーをたたい
2018/10/07アルフレッド・ダンヒル リンクス選手権

ハットンがV3に王手 谷原秀人は予選落ち

(7345yd/パー72)◇スコットランド 大会3連覇がかかるティレルハットン(イングランド)は、3位タイの好位置からセントアンドリュース オールドコースをプレー。2イーグル、4バーディ、2ボギーの「66
2018/10/06アルフレッド・ダンヒル リンクス選手権

ハットンが3連覇に前進 谷原秀人は107位で予選3日目へ

)が「65」をマークし、通算9アンダーで首位に並び立った。 通算8アンダーの3位タイに、大会3連覇がかかるティレルハットン(イングランド)、マティアス・シュワブ(オーストリア)、マーカス・フレイザー
2018/10/05アルフレッド・ダンヒル リンクス選手権

谷原秀人は1オーバー42位 首位にウォレスとフレイザー

。 昨年覇者で大会3連覇に挑むティレルハットン(イングランド)は、2アンダーで8位につけた。 日本の谷原秀人は4バーディ、5ボギーでプレーし、1オーバー42位で初日を終えた。
2018/10/03アルフレッド・ダンヒル リンクス選手権

名門リンクス3コースを巡る戦い 谷原秀人が出場

/パー72)◇スコットランド スコットランドの名門リンクス3コースを巡るプロアマ形式の4日間大会。昨年はディフェンディングチャンピオンのティレルハットン(イングランド)が、通算24アンダーで大会連覇
2018/10/01ライダーカップ

5戦全勝のモリナリが欧州を勝利へ導く

ティショットを池に入れたことで「全英オープン」王者のモリナリに握手を求めた。 ステンソンはバッバ・ワトソンを5&4で下し、ガルシアはファウラーに勝って歴史を作った。ティレルハットンは3&2で