2003/08/23リノ・タホオープン

田中秀道が暫定29位タイと好位置をキープ!

。 2日目暫定でトップに立ったのはトータル10アンダーのT.ヘロン。初日4ホールしかラウンドできず、まずはファーストラウンドの残り14ホールをプレー。3アンダーでセカンドラウンドに入ってから見事な…
2007/07/23USバンク選手権

本命なき一戦を制したのはJ.オギルビー!

。 3日間安定したゴルフを展開し、単独首位で最終日を迎えたティムヘロンは、2バーディ、4ボギーと崩れ、通算10アンダーの2位タイ。同じく2位タイには、1番でいきなりダブルボギーを叩きながらも、16番…
2012/10/06ジャスティン・ティンバーレイク・シュライナーズホスピタル for チルドレン

ブリクスト&ヨングが首位!今田は追い上げ届かず予選落ち

・ムーアはスコアを3つ伸ばしたが、首位と1打差の通算13アンダー単独3位に後退。通算11アンダー4位タイにはティムヘロンとダニエル・サマーヘイズの2人が並んでいる。 例年フォールシリーズでは若手の活躍
2003/02/07AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ

米国ツアー「AT&Tペブルビーチ・プロアマ」初日

・グリーン(ペ) 4位(-4):トム・レーマン(ポ)、他 ◇注目の選手 (-3):ティムヘロン(ポ)、フレッド・カプルス(ス) (-2):ビジェイ・シン(ポ) (E):デービス・ラブIII(ポ)…
2012/10/05ジャスティン・ティンバーレイク・シュライナーズホスピタル for チルドレン

R.ムーアが単独首位!今田は大きく出遅れ

「61」とスコアを伸ばした。 1打差の9アンダー単独2位はジンバブエのブレンダン・デ・ヨング。8アンダー3位タイにはティムヘロンとジョン・ハーの2人。7アンダー5位タイにはクリス・カーク、ジョナス
2008/10/12バレロテキサスオープン

R.サバティーニが躍進して単独首位に立つ!

、クリス・ストラウド、ティムヘロンティム・ウィルキンソン(オーストラリア)の3人。上位2人の争いに食い込むことができるだろうか?攻めのゴルフが見られる事を期待したい。
2005/02/07FBRオープン

ミケルソンが5打差をつけての圧勝!丸山、今田は36位

)の2人。通算11アンダーの4位タイに、上位陣を形成していたデビッド・トムズ、スティーブ・フレッシュ、ティムヘロンが入った。 一方、ワールドランキング1位のビジェイ・シンは、序盤から順調にスコアを
2008/10/10バレロテキサスオープン

N.グリーン、ロケットスタートで単独首位!

位台と、かなり厳しい状況に置かれており、この大会で少しでもランクを上げておきたいところであろう。伏兵たちの戦いに注目したい。 5アンダー、4位タイには、パトリック・シーハン、ティムヘロンら6人
2011/04/22ザ・ヘリテージ

今田は41位タイでスタート、G.ウィリスが暫定首位!

ホールアウト。9バーディ、2ボギーの「64」をマークした。 通算6アンダーの暫定2位タイには、チャド・キャンベル、ティムヘロン、アージュン・アトワル(インド)、マット・ベッテンコートら4名が並んでいる
2007/05/22クラウンプラザインビテーショナル

今季初優勝を巡る熾烈な争いに注目! 日本勢では丸山茂樹が参戦

、今年は名称が変更された。 昨年の大会では、最終日に首位タイからスタートしたティムヘロンが、3位タイからスタートしたリチャード・S.ジョンソンに通算12アンダーで並ばれてプレーオフに突入。これを制し…
2012/10/07ジャスティン・ティンバーレイク・シュライナーズホスピタル for チルドレン

ブリクスト、ヨング、ムーアの三つ巴対決で最終日へ

の3人とは5ストローク離れ、通算14アンダー4位タイにはジミー・ウォーカーとティムヘロンの2人。通算12アンダー6位タイにはジェイソン・デイ(オーストラリア)、ジェイソン・ボーン、コルト・ノスト
2007/05/27クラウンプラザインビテーショナル

連日のサスペンデッド! 暫定首位に6人が並ぶ大混戦を招く!

落ち。ディフェンディングチャンピオンのティムヘロンは予選を通過し、11ホールを消化した時点で通算4アンダーの暫定35位タイとしている。 明日の最終日は、第3ラウンドの残りと最終ラウンドが実施される。…
2003/02/03ボブホープ・クライスラークラシック

「ボブホープ・クライスラーCL」インタビュー

。やっと後半に入りパットが決まりだしたが、辛抱したことが勝因だと思っている。優勝できるとは思っていなかったが、ジェイ・ハースも今日は最高のプレーをしていたし、ティムヘロンは16番で災難(ダブルパー)に
2002/10/25ビュイックチャレンジ

米ツアー「ビュイックチャレンジ」初日

ラウンドを終えた選手達の感想を聞くと、今週の「ビュイック・チャレンジ」はかなりのロースコア対決になるとのことだ。 その予想通り、絶好調の初日をスタートさせたのが、ティムヘロン。前半ハーフで1イーグル…