2021/06/25アース・モンダミンカップ

菊地絵理香が2打差で首位維持 稲見萌寧17試合ぶり予選落ち

アンダーで後続との差を2打に広げて週末を迎える。「きのうに比べてちょっとティショットは曲がっちゃったけど、きょうも60台で回れたのは良かった。あしたから2日間も強い気持ちを持って臨めばいいスコアは出ると
2021/09/17住友生命Vitality 東海クラシック

コースには合わせない? 稲見萌寧のセッティング哲学

、刻む難易度がすごく高い。ティショットでミスしたときも、狙い方が難しい」とコースの難しさを踏まえつつ、さらに悩ましいのが「ショートホールに合う番手がなかなかない」という事情。 風の吹き方や距離に合わせて
2021/09/17ANAオープン

ローアマから7年 片岡尚之は地元でツアー2勝目へどん欲

の成長を感じている。 この日は5バーディ、2ボギーの「69」。「ショットが視界から消えるんです」とティショットを左右の林に打ち込むことも多かったが、「パターがやっと良くなってきた」とチャンスを確実に
2021/09/02フジサンケイクラシック

1シーズンで「フジサンケイ」2勝? 星野陸也の修正ポイントは

は今年も数ホールでマイナーチェンジ。「バンカーの形状が変わったり、グリーンもいくつか変わったりしている。ラフも伸びているので、ティショットをなるべくいいところに置くのが結構大事」。目下の課題である第1打が浮沈のカギを握る。(山梨県河口湖町/桂…
2021/09/03フジサンケイクラシック

「せめて四角で」 星野陸也はダボ締めガッツポーズ

、ここ富士桜CCで勝ったときのモデル(ZX7)。「最終ホールのティショットは凡ミスだけれど、それまでは調子が良かった。うまく修正できている」と大会3勝目、2010年の石川遼以来の2連覇が見えてきた。(山梨県河口湖町/桂川洋一)
2021/09/17住友生命Vitality 東海クラシック

小祝さくら「大変な感じ」 今季ワースト「79」

トリプルボギーをたたいた。「2打目のピッチングで入れてしまった」と痛恨のOB。その後バンカーに入れたボールも「目玉」とあって、しのぎ切れなかった。 さらに10番のティショットでこの日2度目のOBに。昨年と
2021/08/19AIG女子オープン(全英女子)

全英初のアンダー発進 畑岡奈紗「ひとつ目標はクリア」

」でプレーし、2アンダーで終えた。小雨の中、前半2番から連続バーディ、5番でボギーをたたいたが、11番ではバーディを奪った。 「ティショットも安定していたし、迷いなくストロークできていた。パッティング
2021/08/09WGCフェデックス セントジュード招待

「壁に当たった感じ」木下稜介は学びと驚きの初WGC

59位タイ。ティショットを曲げたときのリカバリー、グリーン周りのアプローチといったディフェンス面のレベルアップを重点課題に挙げる。 同学年で今大会の優勝を争った松山英樹とも練習ラウンドを行い、海外挑戦
2016/09/19近藤共弘プロの超シンプル思考

第1回「ティショットで危険ゾーンを避ける」

ます。 第1回目のテーマは「ティショットで危険ゾーンを避ける」です。左右どちらかにOBや池などのハザードがあるというティショットはよくあります。例えば左サイドがOBのとき、皆さんはどうやって
2021/07/25大東建託・いい部屋ネットレディス

西郷真央「自分の問題」 失速で初Vならず

オン3パットのダブルボギー。17番(パー3)ではティショットでグリーンに乗せられず、2mのパーパットも外してボギー。最終18番は2.5mのパーパットを外して連続ボギーで締めくくった。 「後半なかなか