2012/02/07マーク金井の試打インプレッション

グラファイトデザイン ツアーAD BB

トーナメントで戦うツアープロからアベレージゴルファーまで幅広い層に支持されている「グラファイトデザイン ツアーAD」。その最新シリーズとなるBBシリーズを3タイプ用意し、今回もマーク金井が独自の指標
2015/12/08マーク金井の試打インプレッション

グラファイトデザイン ツアーAD GP

のような粘り感が手に伝わる。 シャフトの両端を持って山なりに曲げてみると、しなり幅(たわみ幅)が少なく、先端側のしなりは控えめだ。 ツアーADシリーズの中では、ツアーAD BBツアーAD
2012/12/04マーク金井の試打インプレッション

グラファイトデザイン ツアーAD GT

感じたい人 ・ツアーADBBよりも少しやさしいシャフトを使いたい人 グラファイトデザイン、ツアーADシリーズの最新作であるGTシリーズ。これまでのモデル同様、横縞模様のグラフィックで、カラーは鮮やか
2015/07/15シャフトでこんなに変わるんだ!

「パワーがあるのに、なぜか飛ばない…」を原因究明!

ァイトデザイン ツアーAD BB):弾道高さも適正になり、スライス弾道が激減! 飛距離を伸ばす鍵は、「腕力」ではなく「シャフト」! ゴルフを始めて2年の尾後さん。年齢は20代、スイングはパワフルそのもの
2012/02/14マーク金井の試打インプレッション

ナイキ VR PRO リミテッドエディション フォージド ドライバー

メーカーオリジナルではなく、アフターマーケット用で人気が高いグラファイトデザインのツアーADBB-6」と三菱レーヨンのFUBUKI「K60」。硬さはSのみだ。リミテッドと謳っているだけあって、シャフトも
2013/01/16マーク金井の試打インプレッション

ヤマハ インプレスX V203 TOURMODEL ドライバー

モノトーンで落ち着いているが力強さを感じさせる。長さは45インチ。シャフトはツアーADの最新モデルであるGT-6が標準装着されている。試打テスト中に藤田寛之が絶賛したインプレスV203ツアーモデル
2012/07/24マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ レガシー ドライバー(2012年モデル)

大丈夫。ヘッドスピードが41m/s以上あればSでも十分使いこなせる。純正Sシャフトのストライクゾーンは41~44m/sぐらいか。45.5インチの方には10g重い純正シャフト、そしてツアーADBB-5
2011/12/02ギアニュース

キャロウェイから調整機能付きドライバー「RAZR FIT」

、オーソドックスなシャローフェース形状をしている。 シャフトは、軽量かつ先調子のオリジナル「RAZR FIT シリーズ」のほか、ツアープロに人気のグラファイトデザイン「ツアーAD BB-6」、「ツアーAD
2014/03/13topics

シャフトとヘッドの相性を調査せよ!

:三菱レイヨン フブキJ(60S) 【方向性重視】狭いフェアウェイをとらえるのは良い意味での“鈍感”シャフト 方向性 第1位 グラファイトデザイン ツアーAD BBシリーズ 鮮やかなブルーが特徴的な
2012/04/10マーク金井の試打インプレッション

ロイヤルコレクション 105V Forged ドライバー

。使いこなすにはそれなりのパワーが求められる。ヘッドスピードのストライクゾーンは45~49m/sぐらいか。 105Vフォージドはシャフトのラインアップも豊富だ。標準でグラファイトデザインのツアーAD BB。カスタムではグラフ…
2013/09/04ツアーギアトレンド

目指すは頂点!ツアーADの新製品「MTシリーズ」

ニューモデル。夏場のトーナメント会場で、プロへのプロモーションが開始されている。 今作は、2009年に世に出た「DI」シリーズで採用された、ナノテク素材を搭載してから5代目(DI→DJ→BB→GT→MT
2012/03/27マーク金井の試打インプレッション

ナイキ VR_S フォージド ドライバー

か、普段よりも0.5~1フレックス硬めがお勧めだ。このドライバーはシャフトバリエーションも豊富。カスタム対応で、グラファイトデザインのツアーADBB6、三菱レーヨンのディアマナFUBUKIのK60をラインアップ。純正Sシャ…
2014/12/17シャフトでこんなに変わるんだ!

“カチャカチャ機能”の役割

フォーミュラ R55 手元側がしなり、ダウンスイングで粘る挙動が特徴でタイミングがとりやすい。インパクトではボールを良く弾く。 4 グラファイトデザイン ツアーAD BB-5 R 先端部が硬く、中間から
2012/07/10マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト VG3ドライバー(2012年モデル)

?48m/sぐらい。 VG3はシャフトのバリエーションが豊富だ。純正には10g軽いVG50(46インチ)も用意されている。アフターマーケット用では、グラファイトデザインのツアーADBBシリーズ、三菱レイヨンのFUBUKIKシ…
2015/04/15シャフトでこんなに変わるんだ!

リシャフトで悪い癖が直る!?

ァイトデザイン ツアーAD BB-7 S 先端が硬く、中間から手元寄りがしなるシャフト。ハードなインパクトでも当たり負けしない シャフトの特性で、スイングの“悪い癖”が直る 関プロ「今回は、手元側がしなる