2015/06/28ISPSハンダグローバルカップ

3年ぶり6勝目 武藤俊憲が見せた意地と笑顔

)、チャールシュワルツェル(南アフリカ)ら前週「全米オープン」を戦った名だたる海外勢が出場した今大会は、優勝者に今季の日本ツアーで最高となる24点の世界ランキングポイントが付与された。厚くなったフィールド
2011/06/17全米オープン

R.マキロイが首位発進! 石川遼は62位タイ

回り、2位に3打差をつける6アンダー単独首位と絶好のスタートを切った。初日に3打差以上をつけて首位に立ったのは、1976年大会以来35年ぶりのこと。 3アンダーの2位タイには、チャール
2015/01/23ヨーロピアンツアー公式

穏やかなドーハの一日を堪能したグレース

つけている。 予選通過ラインは通算1アンダーとなり、2日目を6オーバーでラウンドしたメジャー王者のチャールシュワルツェルは姿を消すこととなった。先週優勝したゲーリー・スタルも予選落ちを喫した。
2012/01/11

石川遼は3ランクアップの48位/男子ランキング

チャンピオンズ 3位/3ランクアップ 8位/ダスティン・ジョンソン(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/1ランクダウン 9位/チャールシュワルツェル(南アフリカ)/出場せず オープンウィーク/変動
2014/12/13ヨーロピアンツアー公式

グレースが独走態勢に

狙うディフェンディングチャンピオンのチャールシュワルツェルは2アンダーの「70」で2日目をラウンドし、首位のグレースからは11打差の通算5アンダーで週末を迎えることとなった。
2014/02/17ヨーロピアンツアー公式

イーストロンドンGCでエイケンがフィッシャーをかわして勝利

必要がないということを証明している」。 「いつだってここを訪れるのが大好きだっただけに、ようやくこうしてトロフィーを手にすることができたのは素晴らしい」。 エイケンは、過去にこの大会を制したチャール
2014/04/12PGAコラム

波乱のマスターズ…メジャー覇者が次々に予選落ち

全米オープン勝者ウェブ・シンプソン(74-75)、2011年のマスターズ覇者チャールシュワルツェル(73-76)も予選通過とならなかった。シュワルツェルは5度の「マスターズ」出場で初の予選落ちに。18番
2014/02/04ヨーロピアンツアー公式

ヨハネスブルク3勝目を目論むスターン

今週ロイヤル・ヨハネスブルグ・アンド・ケンジントン・ゴルフクラブにて開催される「ヨハネスブルクオープン」にて地元南アフリカ勢による権勢を持続するべく、世界18位のチャールシュワルツェル
2011/02/24石川遼に迫る

遼、20ホールの激闘も力尽きて一回戦負け

「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」の初日、昨年3回戦まで進出しベスト16入りした石川遼は、南アフリカのチャールシュワルツェルと1回戦で対戦した。1番は石川がパーセーブして1アップ。しかし2
2014/12/12ヨーロピアンツアー公式

母国で輝きを見せたグレース

連覇を目指すチャールシュワルツェルは初日を3アンダーの「69」でラウンドした。同胞で同様にメジャーの優勝経験があるルイ・ウーストハイゼンも同じく3アンダーで初日を終えている。
2014/03/07ヨーロピアンツアー公式

強風吹き荒ぶドラールでモリナリが躍動

アンダーまでスコアを伸ばしたが、難易度の上がったトランプナショナルドラールに手を焼き、それぞれ1アンダー、イーブンパー、3オーバーとして日没を迎えた。 ルイ・ウーストハイゼンとチャールシュワルツェル
2014/07/22PGAコラム

パワーランキング:RBCカナディアンオープン

2位。ロイヤルモントリオールGCでの本大会で18位タイになってから13年が経つ今、コースとの相性は良さそうだ。 8位:チャールシュワルツェル 本大会では4年連続出場となるシュワルツェル。先週の
2013/02/08ヨーロピアンツアー公式

スターンとキーファーが大会初日を彩る

ボールが入った時は、本当にボールが消えてなくなった事を認識するまでに、数秒かかったよ」。 昨年優勝のブランデン・グレースと優勝2度のチャールシュワルツェルは、初日、東コースからスタート。元マスターズ覇者のシュワルツ…
2012/12/11

タイで11位の石川遼が2ランクアップ/男子ランキング

行われていた。12名の日本人選手が参加となったアジアンツアー「タイランドゴルフ選手権」ではチャールシュワルツェルが2位に11打差をつける圧勝。石川遼が日本勢で最高順位となる11位タイフィニッシュ。4
2011/06/17全米オープン

R.マキロイが首位発進! 石川遼は62位タイ

回り、2位に3打差をつける6アンダー単独首位と絶好のスタートを切った。初日に3打差以上をつけて首位に立ったのは、1976年大会以来35年ぶりのこと。 3アンダーの2位タイには、チャールシュワルツェル