2019/09/11佐藤信人の視点~勝者と敗者~

最終組を包んだ微妙な空気感――勝敗を分けたもの

選手(米国)とチェホソン選手(韓国)との戦いに見えた勝負のあやだと思われます。 3日目が終わった時点で注目を集めていたのは、首位に立っていたタイプのまったく異なる2人でした。1人は他を圧倒する飛距離が
2019/09/09世界ランキング

石川遼は115位に上昇 朴相賢101位/男子世界ランク

ている。 大会をともに2位で終えた岩田寛は77人抜きの203位、チェホソン(韓国)は66ランクアップの250位となった。 大会5位の石川遼は5ランク上がり、115位となった。日本勢最上位は松山英樹の
2019/09/08フジサンケイクラシック

パク・サンヒョンが3季ぶりV 岩田寛2位 石川遼5位

た安定感で富士桜を攻略した。 通算13アンダーの2位に、首位から「71」と停滞したチェホソン(韓国)と、この日のベストスコアに並ぶ「64」をマークした岩田寛。7打差を追った岩田は後半14番からの4
2019/09/06フジサンケイクラシック

【速報】第1R終了 チャン・キムが首位 石川遼3打差6位

とアンジェロ・キュー(フィリピン)が5アンダーの2位で発進した。 4アンダーの4位で市原弘大、トッド・ペクが続く。 今季2勝の石川遼は3アンダーの6位で、今平周吾、チェホソン(韓国)、鍋谷太一らと並んだ。 前年覇者の星野陸也はイーブンパーの32位とした。第2ラウンドはすでに順次始まっている。
2019/09/05フジサンケイクラシック

ダボ締め石川遼「いいスタートは切れた」

5)で2打目をグリーン手前まで運び、難なく寄せて3つ目のバーディ。18番でピン左2.5mを決め、4アンダーの単独首位で折り返した。同組の比嘉一貴、チェホソン(韓国)の3人で、前半だけで11のバーディ
2019/09/05フジサンケイクラシック

【速報】石川遼は4アンダー 単独首位で後半へ

比嘉一貴、チェホソン(韓国)と同組でスタートした。 前半12番でバーディを奪うと、14番、17番(パー5)、18番もバーディとし、前半4アンダー単独首位で後半へ進んだ。 2009、10年大会覇者で、2
2019/07/28バラクーダ選手権

トロイ・メリットが首位 チェ・ホソンは予選落ち

て通算25ポイントで首位だったロバート・ストレブが通算35ポイントの2位で続き、通算33ポイントの3位にコリン・モリカワがつけた。 決勝ラウンドには74人が進み、日本ツアーが主戦場のチェホソン(韓国
2019/07/27バラクーダ選手権

2日連続の順延 トム・ホジーが暫定首位

、21ポイントとして暫定首位に立った 1ポイント差の暫定2位にボウ・ホスラー、ジョン・チン、コリン・モリカワが並んだ。 第2ラウンドを0ポイント98位から出たチェホソン(韓国)は1ホール目を終える前に
2019/07/26バラクーダ選手権

リングマースが暫定首位/WGC裏大会

。 タイロン・ファン・アスウェーゲン(南アフリカ)、ロバート・ストレブ、トム・ホジーが13ポイント、Y.E.ヤン(韓国)が12ポイントで続いた。 チェホソン(韓国)は3バーディ、3ボギー1ダブルボギーでプレーし、0ポイントの暫定92位で終えた。
2019/07/12ジョンディアクラシック

ロベルト・ディアスが「62」で首位 ウルフ20位 小平は146位

アンダー20位とまずまずのスタート。ビクトル・ホブラン(ノルウェー)は2アンダー56位、コリン・モリカワとジャスティン・サーは1アンダー78位で初日を終えた。 主催者推薦による米ツアー2戦目のチェ
2019/06/06日本ツアー選手権森ビル杯

尾崎将司が4ホールで途中棄権 次戦「分からん」

だった。1mを外して3パットのボギーとすると、3番(パー3)まで3連続で落として3オーバーに。4番をパーとしたが、5番の1打目を左の池に落としたところで、同伴競技者のチェホソン(韓国)と堀川未来夢に