2007/05/17アイルランドオープン

欧州PGAツアー「アイルランド・オープン」プレビュー

絶対に手にしていたいタイトルですが、何度も出場しているのになかなか勝てないですね。でも必ず誰かが勝つわけですから頑張ります。」 残念ながら、人気者ダレンクラークは太ももの裏側を痛め欠場となりましたが
2007/04/06マスターズ

初日ラウンド後の注目選手インタビュー/マスターズ

わずか14人しかパーをブレークできなかった今年の「マスターズ」初日。オーガスタ・ナショナルのメンバーは、選手たちが苦しむ様子を見て微笑んでいるかもしれない。 デービス・ラブIII 「土曜日か日曜日
2004/05/10The Daily Telegraph Damovo ブリティッシュマスターズ

D.クラークが追い上げを見せるも、B.レーンが10年ぶりの優勝

、終盤16、17番でバーディを奪い後続を振り切った。結果、通算16アンダーまで伸ばしたレーンが10年ぶりとなる欧州ツアー5勝目を飾った。 注目のダレンクラークは、最終日8バーディ1ボギーの快進撃を
2003/07/05スマーフィット・ヨーロピアンオープン

グーセン後退、D.クラークが首位に浮上した!

・グーセンが脱落してしまった。2バーディ、2ボギーに加え、7番パー4でダブルボギーを叩き通算4アンダー13位まで後退した。 代わって首位に浮上したのは、北アイルランドのダレンクラーク。5バーディ、1
2019/11/04ヨーロピアンツアー公式

マキロイが上海でWGCハットトリックを達成

4大会のうち3大会以上を制した選手として、タイガー・ウッズとダスティン・ジョンソンの仲間入りを果たした。 また、2016年以来となるヨーロピアンツアー14勝目を挙げたことで、ダレンクラークの待つ
2014/03/05佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 110>グレーム・マクドウェル

たため、幼い頃から慣れ親しんできた。しかも風雨の激しいタフなリンクスコースで揉まれるなど、育った環境による影響が最も大きいと言える。 もう一つは母国の先輩ダレンクラーク(45)との出会いだ。少年時代
2004/09/15ライダーカップ

ライダーカップ/欧州チーム、期待は今季好調の新人5人組!

に「2004年ライダーカップ」とフェイスに刻まれたロレックスの腕時計がプレゼントされた。今朝その時計を自慢気に見せたダレンクラークは「ランガ-は遅刻に厳しいから、時計は5分早めにセットしてあるんだ。これでミーティングには遅…
2003/11/28

南アフリカ「ネッドバンク・チャレンジ」初日

。 ◇初日の結果 首位(-7・65):ケニー・ペリー、ビジェイ・シン 3位タイ(-6・66):ロバート・アレンビー、ダレンクラーク、クリス・ディマルコ、アダム・スコット 7位タイ(-5・67):スチュアート
2007/01/15

日本勢敗れる!欧州が2連覇を達成!

ウェストウッドがバーディラッシュ。結局15番を終えた時点で4UPのリードを許し、早々と敗れ去ってしまう。 2組目のP.ミーサワット(タイ)は、ダレンクラーク(北アイルランド)と引分け0.5ポイントずつを
2003/04/12マスターズ

M.ウィア単独首位!タイガーは徐々に浮上してきた!!

。 首位と2打差の4アンダーには、北アイルランドのダレンクラーク。第1ラウンドで66をマークし、一歩抜け出したクラークだが、第2ラウンドに入り10ホールを消化してパーが2つだけ。バーディ3つにボギーが
2014/07/08ヨーロピアンツアー公式

ミケルソン 歴史的快挙へ手強い敵と対峙

オープン」への出場は2009年以来となる。彼もまた今大会の出場者リストに顔を並べた他のスター選手~ミケルソン、アーニー・エルス(2012年)、ダレンクラーク(2011年)、ルイ
2020/02/26ヨーロピアンツアー公式

「オマーンオープン」について知っておくべき5つのこと

クラレットジャグを掲げたダレンクラークとともに第1組でプレーした。 「昨年『全英オープン』を除けば、『オマーンオープン』が僕にとって初めて出場するヨーロピアンツアーの大会となりますので、楽しみにしています」と
2020/12/08全英オープン

「全英オープン」2024年大会までの会場を発表

(年度) 2021年 ロイヤルセントジョージズ(イングランド)/ダレンクラーク(11年) 2022年 セントアンドリュース(スコットランド)/ザック・ジョンソン(15年) 2023年 ロイヤルリバプール
2002/08/23WGC NECインビテーショナル

2002年WGC第2弾「世界ゴルフ選手権NEC招待」初日

ホール中5ホールでバーディを奪う猛チャージで好調のダレンクラークは、8番でグリーン奥のバンカーから、あわやチップインのナイスアプローチ。入ればパーセーブだったが、1打落として4アンダーで上位をキープし
2017/07/25ヨーロピアンツアー公式

「ポルシェヨーロピアンオープン」の大会アラカルト

35回目を迎えるこの大会は、1978年にウォルトンヒースのオールドコースで第1回大会が開催され、このときは米国のボビー・ワドキンスが優勝した。 ワドキンスの勝利以降、メジャー王者のダレンクラーク