2020/10/23TECドリル

チップショットは左足重心でミスを減らす

乗せることで、打点のブレを防ぐことができます。グリーン周りでのダフリやトップに悩んでいるゴルファーは、この“重心”を意識することで、ミスを少なくすることができるでしょう。 今回のドリルでは、左足体重の
2020/10/09TECドリル

スムーズな腰の回転は右ひざでつくる テクササイズ第3弾

【効能】 ・飛距離アップ ・ダフリ、トップの改善 【難易度】 ★★★☆☆ スイングにおいて下半身の動きはとても重要です。アマチュアゴルファーのスイングを見ていて気になるのは、テークバックでクラブを
2020/09/30女子プロレスキュー!

飛ばしにベストなティの高さとは? 押尾紗樹

胸の前。これより左でも右でも、適度なアッパー軌道が行えなくなってしまいます。 2. 点ではなくゾーンでとらえる ここで注意したいのが、テンプラやダフリのミスです。ティを高くすることで、ボールをヒットし
2020/09/12ANAインスピレーション

「情けなさに腹が立つ」渋野日向子は終盤失速に“怒”

」。フェアウェイを突き抜けるように転がったボールは、今度はラフに深く沈んだ。「ダフわけじゃないけど、完全に(芝に)もっていかれた。飛ばなかった」。グリーン手前に構える池に直接入り、ダブルボギーとして上が…
2020/08/28TECドリル

打点ブレを防ぐアドレスでの腰の前傾

【効能】 ・ダフリやトップ改善 ・美しいアドレスの習得 【難易度】 ★☆☆☆☆ アドレスにおける適度な腰の前傾は、安定したコンタクト(当たり)を生み出します。この前傾が十分に作れていないと
2020/07/17TECドリル

フェードボールを打つ 腰の回転の注意点2つ

フォーカスするとダフのミスにつながってしまうので注意しましょう。 フェードボールならスピン量がふぇーど(増えるど)! フェードボールを打つ 腰の回転の注意点2つ
2020/07/09クラブ試打 三者三様

DJ-4 ウェッジを筒康博が試打「アイアンに組み込みやすい」

ダフっても、ちゃんと滑ってくれる。バウンスに存在感があるのに、邪魔になるほど出っ張っていないところが大きな特徴だと言えます」 ―以前のモデルと比べてどう? 「アイアン感覚でもショットがしやすい点が
2020/07/07クラブ試打 三者三様

DJ-4 ウェッジを西川みさとが試打「顔の印象がややシビア」

直線的というか、丸みが全くなく、ボールを拾っていくイメージがもてませんでした。少しでも芝に突っかかってしまうと、ダフってしまう危険性を感じてしまいます」 ―グースが入っている点は? 「そうですね。グース
2020/06/09“あるあるレッスン”に潜む罠

「バウンス角が大きい=やさしいウェッジ」の罠

インパクトさせます。その滑らせる働きをするのが、ソールにある出っ張り部分の“バウンス”です。一般的にバウンス角が大きい(ハイバウンス)ウェッジは、ソールが滑りやすい構造のため、ダフなどのミスが起こりにくく
2020/05/22TECドリル

左腕と体幹を同調させる テクササイズ第2弾

、手打ちになりがちで、ダフリやトップ、ボールが左右へ曲がるなどのミスショットを招いてしまいます。 今回は、上半身の捻転と左腕の一体感の習得と同時に、体幹トレーニングにも効果的な「テクササイズ」(TEC
2020/04/17topics

自宅でスキルアップ! 室内向けゴルフ練習器具3選

。マットにクラブヘッドのソール跡が残るので、トップやダフ、スイング軌道などミスの傾向を知ることができる。ボールを打たなくても正しいインパクトを探れるので自宅練習に最適。 <ユーザーコメント>(一部抜粋