2016/02/04レオパレス21ミャンマーオープン

矢野東が3位発進、比の45歳首位 前週優勝のソンは9位

を切った。 7アンダーの2位にマレーシアのダニーチア。6アンダーで、日本勢最高位につけた矢野東ら6人が3位グループを形成した。午前スタートの矢野は、1番ティから8バーディ、2ボギーの「66」をマーク
2015/02/05メイバンク・マレーシアオープン

ウェストウッドが連覇へ首位発進 川村昌弘は103位出遅れ

ウッド(イングランド)とダニーチア(マレーシア)、カン・スンヒョン(韓国)が3位で続く。さらにアレハンドロ・カニサレス(スペイン)ら4人が4アンダーの6位で追っている。 日本から唯一出場している川村昌弘は4オーバー、103位と苦しい出だしになった。
2014/11/21リゾートワールド・マニラマスターズ

片岡大育は「73」で首位→6位に後退

の4位タイにダニーチア(マレーシア)、スティーブ・ルートン(イングランド)の2選手が並んだ。 ママットと並び首位からでた片岡大育は、2バーディ3ボギーの「73」とひとつスコアを落とし、通算6アンダーの6位タイ。谷昭範は4バーディ1ボギーの「69」でまわり、通算3アンダーの25位タイに浮上した。
2015/10/03マーキュリーズ台湾マスターズ

ツアー選手権覇者の梁津萬が首位で最終日へ

出ると、4バーディ、ノーボギーの「68」をマークし、通算5アンダーで首位に躍り出た。 首位と1打差の通算4アンダーの2位にはダニーチア(マレーシア)。通算3アンダーの3位でラシド・カーン(インド)が
2016/09/28マーキュリーズ台湾マスターズ

ダイヤモンド杯優勝のセン世昌が凱旋参戦

◇アジアンツアー◇マーキュリーズ台湾マスターズ 事前情報◇台湾G&CC(台湾) 今年は30回目の記念大会となる。昨年はダニーチア(マレーシア)が優勝した。 前週の日亜共催「アジアパシフィック選手権
2013/06/13クイーンズカップ

好調!片岡大育が首位タイスタート

もバーディ。さらに13番パー3から3連続バーディを奪い、17番で6つ目のバーディを奪った。片岡と並び首位に付けたのはフィンランドのジャッコ・マキタロとマレーシアのダニーチアの2人。 5アンダー単独4
2008/03/09メイバンク・マレーシアオープン

P.ヘドブロムが首位に浮上、連覇へ王手!

スタートした地元マレーシアのダニーチアは、この日「80」の大叩き。通算4アンダーの55位タイに後退し、優勝争いから脱落している。…
2008/03/07メイバンク・マレーシアオープン

N.ドハティが飛び出す! 清田太一郎は53位タイ発進

上位に近づけるか注目だ。 地元マレーシア勢で最上位に立ったのはダニーチアダニエル・バンシック(アルゼンチン)らと並んで7アンダー、4位タイにつけている。ディフェンディングチャンピオンのピーター・ヘドブロム(スウェーデン)は、6アンダーの8位タイと好スタートを切っている。
2015/11/04WGC HSBCチャンピオンズ

岩田寛は黙々と最終調整、小平智は「絶対に上位」と気合い

。飲まれたらそこで終わりだから“自分もできる”と思わないと。絶対に上位に入るという気持ちでやりたい」と、気合いを見せた。 大会初日、岩田はアレックス・ノレン(スウェーデン)、ダニーチア(マレーシア
2005/01/27カルテックスマスターズ

連覇を狙うモンティが首位発進!日本勢は苦しいスタート

パーオンに成功。7バーディノーボギーでラウンドを終えた。 首位と3打差の2位タイに、ダニーチア(マレーシア)、ニック・ドハティ(イングランド)、マーク・フォスター(イングランド)の3人がつけている
2015/10/07Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

2週連続の台湾開催 木下稜介と谷昭範が出場

がない。前年覇者の意地を発揮したい踏ん張りどころだ。 4日間でアンダーパーがわずか2人しかいなかった前週の台湾開催大会を通算3アンダーで制し、13年ぶりのツアー優勝を果たしたダニーチア(マレーシア
2011/01/25全英オープン

全英オープン予選がタイで初開催

までイングランドのロイヤルセントジョージズGCで行われる本戦の出場権を獲得する。 昨年の同予選会はマレーシアのサウジャナG&CCで行われ、藤田寛之、ダニーチア(マレーシア)盧承烈(韓国)、アマチュアのエリック・チュン(韓国)が出場権を獲得した。
2014/11/20リゾートワールド・マニラマスターズ

アジア初勝利へ!片岡大育が首位発進

、ノーボギーの「65」をマークして、7アンダーでマーダン・ママット(シンガポール)と並び、首位タイの好スタートを切った。 6アンダーの3位にダニーチア(マレーシア)とキラデク・アフィバーンラト(タイ)、5
2017/10/01マーキュリーズ台湾マスターズ

ガビン・グリーンがツアー初優勝

初優勝を飾った。 グリーンは2015年にプロ転向した23歳。16年「リオデジャネイロ五輪」にダニーチアとともに出場するなど、母国マレーシアで高い期待が寄せられている若手の一人だ。 通算7アンダーの2
2019/10/02マーキュリーズ台湾マスターズ

台湾開催のアジアンツアー 水野眞惟智が出場

(台湾)ら地元の台湾選手がフィールドの多くを占めるなか、ダニーチア(マレーシア)、スティーブ・ルートン(イングランド)、スコット・ヘンド(オーストラリア)ら歴代覇者もエントリーした。 日本勢は水野眞惟智が出場する。
2017/10/07Yeangderプレーヤーズ選手権

サンデュ、呂、ヴィーアマンの3人が首位に並ぶ

・サンデュ(インド)、呂偉智(台湾)、ジョハネス・ヴィーアマン(米国)の3選手が、通算10アンダーで、後続から頭一つ抜け出した。 通算8アンダーの4位には、アントニオ・ラスカナ(フィリピン)とダニー