2016/08/23マーク金井の試打インプレッション

プロギア RS ドライバー F

ラインアップされている。ボールが上がりやすいので、ロフト角は普段と同じか1度減らした方がイメージ通りの弾道が打ちやすいし、飛距離も稼げるだろう。 試打した純正シャフトM-43(S)は、スイング中にし
2015/01/06マーク金井の試打インプレッション

三菱レイヨン FUBUKI ATシリーズ

。ヘッドの挙動が多少乱れても、それをシャフトが補正してくれる。自動車に例えるならば、操作性の高いマニュアルではなく、オートマチック車に乗っているかのような挙動安定感がある。スイングが不安定でも弾道、飛
2017/11/07マーク金井の試打インプレッション

低スピン弾道で飛距離を 「ピン G400 LSテック ドライバー」

れる。さらにヘッド後方には「ボーテック」と呼ばれるスリットが入り、空気抵抗を軽減させているそうだ。メーカーはダウンスイング時の空気抵抗を、前作より約15%軽減させたとアピールしている。 ヘッドのカラー
2015/01/13マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト 915 D3 ドライバー

スイングしてみると、カキーンという甲高い金属音とともにボールが力強く飛び出した。915 D2 ドライバー同様、915 D3 ドライバーもかなりインパクト音がド派手になっている。 球筋は軽いフェード弾道
2010/11/22マーク金井の試打インプレッション

ミズノ MP CRAFT425+ ドライバー

ドライバーなので、ある程度スイングがしっかりしていればスピン量を自分で調整できる。 シャフトは予想通り、ヘッドに比べるとアンダースペック。切り返しで中間部分が大きくしなり、ダウンからインパクトにかけては
2017/11/18シャフトでこんなに変わるんだ!

飛ばしたいのにフレックス「X」→「S」に落とす理由

となっています。タメをあまり作らず、上体と腕が比較的同じ向きのまま動いていくスイング。特徴的なのは早めに手首のリリース(ダウンスイングで手首の角度を解放する動き)をしている点です」 (次のページで、関
2014/11/25マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト 915 D2 ドライバー

部分が大きめにしなる。硬さに合わせて、やや軽めにスイングしてみると、カキーンという甲高い金属音とともにボールが力強く飛び出した。913も金属的なインパクト音だったが、915ではさらに音が派手になって
2016/08/02マーク金井の試打インプレッション

三菱レイヨン ディアマナ BFシリーズ

返す力)が手に伝わるシャフトだ。 そして適度にトルク感があるからだろう。タイミングが取りやすく、多少ダウンスイング軌道がブレてもヘッドの挙動は安定し、インパクトの再現性が非常に高く、弾道も安定している
2014/12/23マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド R15 460 ドライバー

合わせてややヘッドスピードを落として打ってみた。スパーンとやや乾いたインパクト音とともに、ボールはやや高めに飛び出した。ストレート弾道を打つつもりでスイングしたら、弾道はストレート。メーカーの意図通り
2018/07/24マーク金井の試打インプレッション

打点がずれても芯ヒットの飛び「プロギア RS ドライバー」

金属音とともに、ボールは鋭く打ち出された。真っすぐ打つつもりでスイングしたが、ドロー弾道のしっかりつかまった球が出た。 重心が深く、重心角が非常に大きいからだろう。前作同様、ダウンスイング後半から
2010/08/10マーク金井の試打インプレッション

マルマン マジェスティ ヴァンキッシュVR ドライバー

なかった。ヘッドはオートマチックに返りやすく、真っ直ぐ打つつもりでスイングすると軽いドロー弾道になりやすい。 シャフトについては、標準装着のナノテク・ニューバランスシャフトは中間部分のしなりが大きい
2017/10/21シャフトでこんなに変わるんだ!

たまに出る引っかけをなくすためのシャフト

ダウンスイングで腕を力強く内側に引きつけ、しっかり自分の動きで“タメ”をつくることができています。強いドロー弾道で飛ばすパワーヒッターに多いタイプのスイングです」 (次のページで、関プロの
2015/07/07マーク金井の試打インプレッション

オノフ オノフ ドライバー AKA(2015年)

先端側がダイナミックにしなり戻る。シャフトの中間部分のしなり量が多く、インパクトゾーンではヘッドがピュッと走る。力任せにスイングするよりも、シャフトのしなりを感じながらゆったり振るとタイミングが取り
2011/09/27マーク金井の試打インプレッション

ミズノ MP THE CRAFT 611 ドライバー

。ストレートボールを意識してスイングするとストレート弾道。ヘッドが小ぶりで重心距離も長くないのだろう。フェースの動きをコントロールしやすくイメージ通りの球が打ちやすい。 そしてMPらしさを感じるのが打感
2012/10/23マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストン PHYZ ドライバー(2012年モデル)

伝わってくる。球は高く上がって、捕まりが非常にいい。初代よりも重心距離が短いんだろう。ダウンからインパクトにかけて小気味よくヘッドが返る。ストレート弾道を打つつもりでスイングしたらドロー弾道になった。2
2013/04/30マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ X HOT ドライバー

だ。スクエアポジションだとフェースはほんの少し左を向いた感じになっている。シャフトはワッグルすると中間部分がクイッと大きめにしなる。Sにしては軟らかめの設定だ。 シャフトの硬さに合わせて軽めにスイング
2007/10/02マーク金井の試打インプレッション

つるや ワンサイダー SE

ダウンからインパクトにかけてヘッドが勝手にターンしたがる。ストレート弾道を打つつもりでスイングしても強めのハイドロー弾道。逆に言うと、低く抑えたフェードを打つのが難しい。無理にフェードを打ちに行ったら
2012/05/22マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド グローレ ドライバー

にしては軽くて軟らかい。ワッグルすると中間から先端部分が大きくしなる。シャフトの硬さに合せて軽めにスイングして打ってみると‥‥スパーンと心地良い音とともに軽いドロー弾道。ゆったり振ると見た目通り捕まっ
2012/06/19マーク金井の試打インプレッション

マグレガー レッドターニー

.5。実際にスイングしても、ねじれ感が少ないタイプだ。振動数は251cpm。純正シャフトのSとしては平均的だが、中間部分がやや硬めなのが影響して、振動数のわりには硬く感じる。長さはメーカー値が45