2008/03/18マーク金井の試打インプレッション

ナイキ サスクワッチ SUMO 5000ドライバー

に見せているが、四角形のSUMO スクエア 5900よりもマニュアル感覚で扱える仕上りだ。 ライ角度がかなりアップライトで、重心アングルも24度とかなり大きめ。構造的にはスイング中にヘッドがターンし
2011/09/20マーク金井の試打インプレッション

プロギア iD435ドライバー(2011年モデル)

」が発売される。今回、どこよりも早くこのドライバーを調査すべく、人間試打マシーンことマーク金井が徹底試打を敢行した。 ・スピンを減らして飛ばしたいゴルファー ・スイング中にフェースの開閉が大きい人
2008/09/02マーク金井の試打インプレッション

フォーティーン JC-808 ドライバー

昨今の大型ヘッド化に伴いヘッド形状を新設計した今回の「JC-808」。スイング中のヘッドの開きを抑えてくれると評判のドライバーを、試打マシーンことマーク金井が徹底検証を行った。 【試打スペック
2008/01/22マーク金井の試打インプレッション

ダイワ オノフ ドライバー(2008年モデル)

扱え、ドロー、フェードを打ち分けやすい。ヘッドもシャフトも捕まり過ぎを抑えた感じで、ニュートラルにスイングすると軽いフェード弾道になった。スピン量はオノフ同様、多過ぎず、少な過ぎず。トウ寄りやや上側で
2013/09/03マーク金井の試打インプレッション

USTマミヤ ATTAS 5GoGo

Rも、基本的な挙動は同じ。こちらの方が手元側のしなりを感じやすい分だけ、ヘッドスピードが遅めの人にも扱いやすいだろう。こちらも粘り感が強いのでタイミングが取りやすく、スイング軌道が多少乱れてもシャフト
2018/01/09マーク金井の試打インプレッション

球がつかまりキャリーを稼げる「三菱ケミカル ディアマナ RF」

いる。メーカー表記は中調子であるが、ワッグルしたり、実際にスイングすると手元側にしなりのポイントを感じ取れるシャフトである。 シャフトの両端を持って山なりに曲げてみると、中間部分の剛性が高めで、先端の
2012/08/31ギアニュース

ツアーで実戦投入開始!三菱レイヨン ディアマナB シャフト

、いかにシャフトの丸い状態を保てるかが大切。今回はそのグリップ側に超高弾性の材料(ダイアリードTM)を入れることによって、それを防ぎました」。これにより切り返しのパワーを損なうことなくダウンスイングへの
2012/07/10マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト VG3ドライバー(2012年モデル)

2500?2700回転。伸びのある中弾道でキャリーとランで飛距離を稼げた。ストレート弾道を打つ感じでスイングするとドロー弾道。フェードよりもドローが打ちやすい。重心はそれほど低くなくて、フェース上側で
2013/06/11マーク金井の試打インプレッション

コブラ ZL アンコール ドライバー(レッド)

に合せ、まずはヘッドスピードを43m/sぐらいで打ってみた。打感、打音は派手さはなくてソフトだが、フェース面の大きさを上手く利用し、初速が予想以上に出ている。弾道的には、真っ直ぐ打つつもりでスイング
2015/02/03マーク金井の試打インプレッション

日本シャフト N.S.PRO モーダス3 ツアー システム3 ツアー125

振動数は335cpm(7番アイアン)これは、120gを超える重量級スチールシャフトのSとしては平均的な硬さ。ただし、手元がしなるので、実際にスイングすると数値ほどは硬く感じないシャフトだ。 剛性分布(硬
2008/02/05マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド r7 CGB MAX ドライバー

、グニャッとしなる。 まずは10.5度Rから打ってみた。シャフトに合わせて軽めにスイングすると・・・グーンと高く上がったドロー弾道。ヘッドスピード40m/sぐらいで打つと切り返しでシャフトが大きくしなるが
2012/02/14マーク金井の試打インプレッション

ナイキ VR PRO リミテッドエディション フォージド ドライバー

。アスリート向けシャフトだけあって硬めだ。ワッグルすると手元側が少ししなる。 アイアンでじっくりウオームアップ後、しっかりスイングすると‥‥ボールを包み込むような手応えとともに放物線の強い弾道。ボールはやや
2016/12/06マーク金井の試打インプレッション

プロギア RED ドライバー

SR相当)はヘッドスピードが40m/以下の人や、パワーがある女性でも扱える仕上がりだ。トルクは8.3(※メーカー公表値)と非常に大きく、実際スイング中のねじれ感は大きめである。 クラブ重量は純正「M
2007/12/18マーク金井の試打インプレッション

ミズノ MP-600 ファーストトラック ドライバー

。アッパーで捕らえても上がり過ぎる気配がなく、スピン系ボールを使って低スピンで飛ばしたい人と相性が良さそうだ。 スイートエリアは460CC級の中では平均的。スイングとの相性もあるが、ヒール側で捕らえた時
2012/11/20マーク金井の試打インプレッション

エスヤード T.388 ドライバー

チェックしてから1発目からしっかりスイングしてみると・・・「スパーン」という分厚い手応えとともに、ボールは低めの弾道で飛び出した。弾道はストレート。見た目通りスライサー向けではなく、真っ直ぐ打てば
2013/04/09マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド グローレ リザーブ ドライバー

cpmとなっている(長さはヒールエンド計測)。 まずはシャフトの硬さに合せて軽めにスイングして打ってみると・・・「スパン」と心地良い音とともにボールが素早く飛び出した。「カーボンは音が今ひとつ」という
2010/06/29マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド R9 スーパートライ ドライバー

ない。クルマに例えるならば「セミオートマチック」という感じだ。シャフトについては、標準装着のモトーレ55(S)は手元から中間がしなるタイプ。しなり戻りはスロー。トルクも適度にあるので、実際にスイングする
2010/11/02マーク金井の試打インプレッション

ダンロップ スリクソン Z-TX ドライバー(2010年モデル)

、460CCにしては挙動がコントロールしやすく、スイングなりにボールが飛んでくれる。シャフトの追従性が良いのでドロー、フェードも打ち分けやすい。 ゆっくり振るよりも叩いた方がクラブのポテンシャルが上がる
2013/12/17マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド グローレ ドライバー(2014年)

cpmとなっている(長さは60度測定法で計測)。 まずはシャフトの硬さに合せて軽めにスイングして打ってみると・・・「スパーン」とやや控えめなインパクト音とともにボールがやや低めに飛び出した。初代グローレは
2010/08/17マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド R9 スーパーディープ TP ドライバー

、標準装着の「モトーレF1 65(S)」は中間がしなるタイプ。しなり戻りはスロー。トルクも適度に絞られているので、実際にスイングするとしっかり感じある。長さは実測値で44.75インチ。クラブ重量は標準装着