2019/09/18佐藤信人の視点~勝者と敗者~

日米ツアー優勝者に見るアマチュア時代の大事な“勝ち癖”

に出場したレギュラーツアー「ダイヤモンドカップ」で9位。高校の2学年上に石川遼選手がいた影響もあり、若い頃から“天才”と称されました。プロ転向翌年の12年に下部チャレンジ(現AbemaTV)ツアーで
2019/09/15ANAオープン

浅地洋佑が逆転V「勝てるとは思わず」 ZOZO出場にも前進

16アンダーで頂点に立った。 5月「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」に続く2勝目に「初優勝のときは周りが何も見えてなかったが、今回は追う立場だったのでガンガンといけた」と話したが、4日間
2019/09/15ANAオープン

浅地洋佑がツアー最多5人のプレーオフを制す

、18番で行われた1ホール目に決着をつけた浅地洋佑が5月「ダイヤモンドカップ」に続く今季2勝目を飾った。 11位からスタートした浅地は「65」で通算16アンダーとし、時松隆光、嘉数光倫、スンス・ハン(米国
2019/09/15ANAオープン

片山晋呉が過少申告により失格

ダイヤモンドカップ」第2ラウンド以来、3回目となる。 【ゴルフ規則3.3b】ストロークプレーのスコアリング ※抜粋 (3)ホールの間違ったスコア。プレーヤーがホールについて間違ったスコアのスコアカード
2019/08/30KBCオーガスタ

17歳アマ杉浦悠太が3アンダー発進 「調子いい感じ」

感触。 5月「ダイヤモンドカップ」(55位)以来、今季2度目のレギュラーツアー。「うまいプロや有名なプロが近くにいると緊張するので、慣れはしないですけど雰囲気は楽しいです」と余裕も見せる。 首位(暫定
2019/07/10

浅地洋佑・池村寛世が優勝、丸山・伊澤は17位

それぞれプレーしてホールごとに良い方のスコアを採用)のダブルス(18ホールストロークプレー)で争ったエキシビションマッチ。5月の「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」でツアー初優勝を挙げた浅地洋佑
2019/07/09

木村太一が首位発進 中島啓太は11位/日本アマ初日

の日本ツアー「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」で2位に入った米澤蓮(東北福祉大2年)は、イーブンパー35位で滑り出した。 4月の「マスターズ」で決勝ラウンドを戦った金谷拓実(東北福祉大3年)は
2019/06/02ミズノオープン

池田勇太ら4人が全英の切符を獲得 「すごくハッピー」

。前回よりもいい成績を残せるように頑張りたい」と前年予選落ちの悔しさを糧に挑む。 初出場のチャルングンは「初優勝したときと同じくらい興奮している。シンガポール(オープン)でもダイヤモンドカップ)でも
2019/06/02ミズノオープン

池田勇太がツアー通算21勝目 「全英」出場権も手に

として今季初優勝を挙げた。2018年9月「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」以来となるツアー通算21勝目とした。 池田は17番(パー3)でボギーをたたき、チャン・キム(米国)に1打差と迫ら
2019/06/01ミズノオープン

池田勇太は大会コースレコードも不満「ま、上がりがね…」

ゴルフ。プロとしてそれを最後まで貫けなかった自分が悪い」と自己評価は厳しい。 「あしたこそきょうと同じような自分らしいゴルフを、しっかり上がりまでやりたい」。悔しさをバネに、最終日を首位で迎えて優勝した2018年9月「
2019/05/30ミズノオープン

木下稜介が自身初のアルバトロスに「超嬉しい」

人、18年に1人、今季は開幕戦「SMBCシンガポールオープン」の第2ラウンドでムン・ドイウ(韓国)が達成。元号が令和になってからは初。3週前には「ダイヤモンドカップ」の第2ラウンドで同じ奈良県の大先輩
2019/05/24関西オープン

どん底から自己ベスト 大槻智春が81位から8位に急浮上

には、精神的にどん底の状況にあった。「ダイヤモンドカップ」を19位で決勝に進みながら、「77」「75」をたたいて49位。「自分の調子が悪かったのか、コースが難しかったのか。あまりに酷すぎて分からなかっ
2019/05/23旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.59 デンマーク編

ゲームも多いシーズン前半戦を終え、ここからはいよいよ欧州中心の遠征になります。日本での「ダイヤモンドカップ」を終えて、こちらに来る前にはベトナム・ハノイで痛めていた首のケアを受けました。筋膜リリース
2019/05/21関西オープン

奈良県で17年ぶりに男子ツアー開催 石川遼はエントリーせず

終えた今平周吾は、前週の「全米プロゴルフ選手権」(予選落ち)から帰国して間もない中での出場となる。予選ラウンドは2週前の「ダイヤモンドカップ」で初優勝を飾った賞金ランキング2位の浅地洋佑らと同組。ともに