2011/03/05

横尾要は5年ぶりのツアー優勝を目指す

いない割には体も良く動く」と言う。 今季の第1の目標はもちろん2006年の「三菱ダイヤモンドカップゴルフ」以来となる通算6勝目。「しばらく勝っていないから。オリンピックでも4年に1回あるわけだし」と
2002/05/29ダイヤモンドカップトーナメント

デーブ大久保がいよいよベールを脱ぐ

国内男子ツアー「ダイヤモンドカップ トーナメント」が。5月30日(木)から6月2日(日)まで、埼玉県の狭山ゴルフ・クラブで開催される。この大会は毎年異なったゴルフ場で開かれるサーキット方式…
2018/10/15優勝セッティング

驚異のFWキープ率100% 稲森佑貴の初優勝ギア

の支えにもなった1Wが、9月下旬の「アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフ」から使用する住友ゴム工業のスリクソン Z585 ドライバーだ。スリクソン使用プロの優勝が続いたことから、同社の
2013/09/22ANAオープンゴルフトーナメント

表彰式では肩脱臼も…小田孔明30代の意地で2季ぶりV

、ノーボギーの「68」。通算15アンダーとして2位に5打差を付け、2011年「ダイヤモンドカップ」以来となる通算6勝目をマークした。 3日目を終えて2位の藤田寛之には1打差、3位キム・ヒョンソン(韓国)に
2018/09/19

PGAツアーが2019年に日本初開催へ 10月下旬で調整

副会長(ジャパンゴルフツアー選手会長)は19日、男子ツアー「アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ」の試合会場で取材に「自分もJGTOの一員として話し合っている部分もあり、これからまた発表できる
2016/05/02優勝セッティング

「中日クラウンズ」キム・キョンテの優勝セッティング

見せつけた。 今週のセッティングは優勝した2週間前の「東建ホームメイトカップ」と同様だった。これまで、キムのシーズン最速優勝は、2010年の「ダイヤモンドカップ(5月30日)だったが、今季は5月に入った
2011/06/14

近藤共弘がBSのイベントに出席。全英出場に意欲

「全英オープン」出場へ意欲を示した。 今年4月の国内ツアー第2戦「つるやオープン」で3年ぶりのツアー優勝をマークした近藤は、今季ここまでの賞金ランク6位と安定した成績を残している。「ダイヤモンドカップ」では
2015/09/18ANAオープンゴルフトーナメント

石川遼が感じる“地の利” 今季初勝利へ2位浮上

で得られる安心感。一方では「来週のコース(茨城・大利根カントリー倶楽部/アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ)ではまたたくさん練習が必要」だという。 昨年優勝した「長嶋茂雄
2003/08/07サン・クロレラクラシック

唯一ノーボギーでラウンドした武藤俊憲が単独首位!!

クオリファイトーナメントを27位で通過し、今シーズン7戦目の「マンシングウェアオーープンKSBカップ」でツアーデビューを果たした。翌週の「ダイヤモンドカップ」で予選を突破し45位に入ったが、これまで9試合に…
2017/09/26優勝セッティング

特別なオンリーワン 片岡大育の3勝を支えた信頼の相棒

大会名:アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ 日時:2017年9月21日(木)~9月24日(日) 開催コース:カレドニアン・ゴルフクラブ(千葉県) 優勝者:片岡大育 1打差を追う片岡大育が4
2011/03/28アーノルド・パーマーインビテーショナル

【GDOEYE】米国PGAツアーとチャリティ

や災害時の義援金として役立てられる。つまり、ギャラリーがゴルフを観戦することで、募金に参加するシステムが確立されているのだ。ちなみに、日本では男子ツアーの「ダイヤモンドカップ」などが同様の仕組みを採用
2012/06/01日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hills

暫定5位タイ浮上の上平栄道「心・技・体、バランスよくいいです」

た。先週の「ダイヤモンドカップゴルフ」では、開幕前日の水曜日から発熱し、体調不良で迎えた4日間は29位タイでフィニッシュした。今週は、「心・技・体、バランスよくいいです」と、そのストレスを発散させるか
2012/06/02GDOEYE

藤本&川村 数字が示すスーパールーキーのスゴさ

からの脱落を免れた。 前週の「ダイヤモンドカップゴルフ」までのスタッツが彼らの強さを物語る。両選手とも、平均飛距離のランキングは藤本39位(286.96ヤード)、川村55位(281.65ヤード)と
2013/06/19GDOEYE

アジアで好調、片岡大育が日本ツアーVを狙う

し最終的に3位。日本に戻って出場した「ダイヤモンドカップゴルフ」では、初日2位の好スタートを切るなど20位タイ。さらに、先週は再びアジアンツアーに戻り、タイ開催の「クイーンズカップ」に出場。3日目に
2002/11/17三井住友VISA太平洋マスターズ

中嶋常幸が底力を見せた。田中秀道を押さえて今シーズン2勝目

。そして、終盤に入り、最終組の田中、バデリーが迫ったが、自分のゴルフに徹した中嶋が逃げ切り今シーズンの2勝目を飾った。この大会では17年ぶり2度目の優勝をなる。 「今日のキーポイントは12番のアプローチと