2014/06/07クイーンズカップ

地元タイのサクサンシンがツアー初勝利に王手 谷昭範は48位

上げたほか、通算7アンダーの3位にはタワンウィラチャン、ドンラパッチャイ・ニヨムチョンの地元タイ勢が並んだ。 日本勢で唯一決勝ラウンドに進出し、34位から出た谷昭範は、1バーディ、4ボギーの「74」とスコアを落とし、通算5オーバーの48位に後退した。
2014/06/03クイーンズカップ

タイ南部に浮かぶサムイ島で開催 谷昭範が出場

(インド)、地元タイ勢では一昨年の賞金王タワンウィラチャン、プロム・ミーサワットらがエントリーし、日本勢では昨年末のファイナルQTをトップ通過した谷昭範が出場する。
2014/04/24CIMB ニアガ インドネシアマスターズ

N.ファンとA.カンが首位!日本勢は出遅れ

位タイ。トンチャイ・ジェイディ、タワンウィラチャンといったタイの代表選手たちが並んだ。また、メジャーチャンピオンのウーストハイゼンは、4バーディ、4ボギーのイーブンパーで45位タイで初日を終えた
2014/01/14キングスカップ

シーズン最終戦 市原弘大、片岡大育が出場

選手が出場。賞金総額100万ドルを争い、144選手がしのぎを削る。 もちろんタワンウィラチャンやプラヤド・マークセンといった地元タイ出身選手にとっては、“国王杯”のタイトルは一層魅力的だ。 日本人選手では2014年の飛躍が期待される市原弘大と片岡大育の出場が決定している。
2013/12/10ドンフェン ニッサンカップ

山下和宏、上平栄道が中国の地で戦う

呉が慣れ親しんだコースということもあり、地の利を生かしチームの勝利に貢献できるか。また、タイのタワンウィラチャン、オーストラリアのスコット・レイコック、韓国のチェ・ホソンなど日本ツアー出お馴染みの選手たちが出場を予定している。
2013/11/29インドネシアオープン

R.グーセンが暫定10位浮上 中里は暫定68位タイ

出身2選手。通算8アンダーの暫定4位には昨季賞金王のタワンウィラチャン、トンチャイ・ジェイディ、チャプチャイ・ニラト(いずれもタイ)が並んでホールアウトしている。南アフリカのレティーフ・グーセンは通算
2013/11/27インドネシアオープン

R.グーセンがインドネシアでのアジアンツアーに出場

人が同組でラウンドする。その1つ前の組では昨年のアジアンツアー賞金王タワンウィラチャンがスコット・ヘンド(オーストラリア)とリャン・ウェンチョン(中国)といった注目選手がラウンドする。 リャンは2週
2013/11/14リゾートワールド・マニラマスターズ

市原弘大が4打差21位発進 首位はJ.ジャンワタノンド

・ジャンワタノンド(タイ)が8バーディ、ノーボギーの「64」をマークして、8アンダーは単独首位の好発進を切った。 7アンダーの2位には、リチャード・T・リー(カナダ)、6アンダーの3位タイにはティティファン…
2013/11/12リゾートワールド・マニラマスターズ

新規トーナメントがマニラで開催 片岡大育が参戦

。 初代王者のタイトルを懸けて戦う地元・フィリピン勢では、日本のシニアツアーで戦っているフランキー・ミノザほか、19歳のミゲル・タベナが地元の声援を背に奮闘を誓う。さらに、昨年の同ツアー賞金王タワンウィラチャン(タイ)がエントリー。日本からは片岡大育が参戦し、初タイトルに挑む。
2013/11/05ヒーロー・インディアンオープン

地元インドのスターが勢揃い 母国タイトル奪還なるか

迎える。 昨年大会は、タイのタワンウィラチャンがリッチー・ラムジー(スコットランド)とのプレーオフを制し、シーズン3勝目を獲得。賞金王獲得へ弾みをつける優勝を手にした。 今大会の注目は、地元の
2013/10/06マーキュリーズ台湾マスターズ

S.ヘンドが逃げ切りで今季2勝目 市原弘大は16位タイ

1オーバー2位にサム・シール(米国)。3位タイには3オーバーでアーノルド・ボンバーニ(タイ)、モハマド・シディクール(バングラディッシュ)が続いた。昨年度の賞金王、タワンウィラチャン(タイ)が4
2013/10/03マーキュリーズ台湾マスターズ

市原弘大が7位タイ発進 単独首位はS.ヘンド

人となっている。 昨年度賞金王のタワンウィラチャン(タイ)、そして唯一の日本勢・市原弘大らがイーブンパーの7位タイ発進。シュウ・モンナンとシャン・チェンチンが同じ7位で、地元台湾勢で最高位で滑り出した。
2013/09/25アジアパシフィック パナソニックオープン

アジアとの懸け橋 平塚哲二、小林正則に続くのは

。 昨年度のアジアンツアー賞金王、タワンウィラチャン(タイ)のほか、Y.E.ヤン(韓国)などアジアの強豪選手も集結する。なお、パナソニックは今季で大会を打ち切ることを発表済み。最後のチャンピオンに名乗りを上げるのは果たして?
2013/09/24アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン

アジアとの懸け橋 平塚哲二、小林正則に続くのは

。 昨年度のアジアンツアー賞金王、タワンウィラチャン(タイ)のほか、Y.E.ヤン(韓国)などアジアの強豪選手も集結する。なお、パナソニックは今季で大会を打ち切ることを発表済み。最後のチャンピオンに名乗りを上げるのは果たして?
2013/09/16アジアンツアー公式

ウィラチャンがアジアンツアー16度目のタイトルを奪取

現地時間15日、タイのタワンウィラチャンが「Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権」でツアー通算16勝目となる復活優勝を飾った。 昨季賞金王のウィラチャンは、今季のベストフィニッシュが28…
2013/09/15Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

昨季賞金王のウィラチャンが今季初優勝

◇アジアンツアー◇Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権 最終日◇林口インターナショナルG&CC(台湾)◇(パー72) 首位と1打差で出た昨季の賞金王タワンウィラチャン(タイ)が、5…
2013/09/15アジアンツアー公式

チャン.キムがツアー初勝利に王手!

インターナショナルG&CCで開催されている賞金総額50万ドルの今大会で、通算10アンダーとしてトップに浮上した。 昨季賞金王のタワンウィラチャン(タイ)は「71」を記録し、最終ホールでチップ…