2013/10/17トップアマのコース攻略

Vol.20 セベ バレステロス ゴルフクラブ グリーン周りなどにはアゴの高いバンカーも多く、タテの距離感、方向性とショットの正確性が問わるコース。

池やバンカーが多く、視覚的なプレッシャーを受けるレイアウト。 霞ヶ浦湖畔の丘陵地に展開する18ホール。デビット・トーマスと“スペインの英雄”といわれるセベバレステロスの共同設計監修による作られまし
2017/04/04ヨーロピアンツアー公式

知っ得!「マスターズ」の大会アラカルト

3勝を挙げたが、オーガスタをわが庭としたのは、長年同時代のライバルとして競い合い、グリーンジャケットを6着勝ち取ったジャック・ニクラスだった。 セベバレステロスは1980年に欧州選手として初めて
2020/06/27ヨーロピアンツアー公式

8度の年間王者 偉大なるモンティの黄金期を振り返る

ツアーの歴史の中で、年間王者の獲得回数でこのモンティの記録に比肩するのは偉大なる故セベバレステロスによる7回のみであり、セベは1976年から1991年にかけてこの記録を積み上げた。 1988年に新人
2016/11/22ヨーロピアンツアー公式

年間王者となったヘンリック・ステンソンの調査ファイル

制覇した2人目のスウェーデン人選手となった。1972年のヨーロピアンツアー初年度以来、大陸ヨーロッパ出身の選手が年間王者となったのは、セベバレステロス、ベルンハルト・ランガー、カールソン、そして
2017/01/31ヨーロピアンツアー公式

オメガドバイデザートクラシックの大会アラカルト

大会を制覇している。 この優勝者リストには近代ゴルフ史に残る名選手たちが名を連ねており、これまでセベバレステロス(1992)とホセ・マリア・オラサバル(1998)のスペインデュオ、米国のフレッド
2013/05/16ヨーロピアンツアー公式

ボルボワールドマッチプレー選手権の歴史を探る

、グループに振り分けられた8人全員に優勝する権利があると言えるからだろう。 セベバレステロス(スペイン) あらためて紹介する必要はないだろう。ヨーロッパのゴルフの歴史と彼の出場大会でのプレー振りが同義と
2016/09/07ヨーロピアンツアー公式

「KLMオープン」の知っておくべきアラカルト

オープン」は欧州ツアーの歴史において独特の位置を占めている。1976年にはセベバレステロスが19歳121日で大会を制し、1982年にはポール・ウェイが19歳149日で制覇。2度にわたり
2015/01/29ヨーロピアンツアー公式

ステンソンと歩くエミレーツGC

探訪を試みた。 ヨーロピアンツアーのデザートスイングの中でも最古の大会となる「ドバイデザートクラシック」は、今年で26周年を迎え、過去にはステンソンを始め、セベバレステロス、タイガー・ウッズ、アーニー
2016/05/19ヨーロピアンツアー公式

アイルランドオープンの思い出深きシーン10選

パットを決めてランガーを下す 1985年、セベバレステロスはプレーオフでベルンハルト・ランガーを下し、それまでの3年間で2度目の「アイルランドオープン」制覇を成し遂げた。ロイヤルダブリンGCで開催され
2014/08/13佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 129>マッテオ・マナッセロ

、フェアウェイキープ率やパーオン率はトップクラス。ショートゲームの感性、精彩あるプレーで次々に大物に競り勝ってきた。彼の最大の持ち味はガッツだ。憧れはセベバレステロス。「炎のように熱く直感的なプレー、何もない
2001/11/26

USPGAツアーは単なる仲良しクラブではない

ひどいものだった。 *1991年のライダーカップでのポール・エイジンガーとセベバレステロス。インチキをしたという非難に試合に勝つための駆け引きが交錯し、両者とも敵意むきだし。怒りに満ちた言葉の応酬は
2015/03/26ヨーロピアンツアー公式

ヨーロピアンツアーのへんてこトロフィー、ベスト(?)13

は、アーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤー、リー・トレビノ、ジョニー・ミラー、セベバレステロス、ニック・プライス、ホセ・マリア・オラサバル、ビジェイ・シン、コリン・モンゴメリー、レティーフ
2016/02/03佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑184>リッキー・ファウラー

から、というのが理由だそうだ。 スペインの故セベバレステロスも左前腕内側、ひじに近い部分に、彼のトレードマークである“右腕を天に突き上げたガッツポーズ姿”を、鮮やかなブルーのタトゥーで描き入れていた
2014/09/28ヨーロピアンツアー公式

欧州が主導権を握る

たウェストウッドは、セベバレステロスを0.5ポイント上回り、最多記録を保持するサー・ニック・ファルドまで2ポイントに迫った。 その後、マクドウェル&デュビッソン組がウォーカー&ファウラー組に5&4と
2015/03/18佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑150>アレックス・チェイカ(前編)

」で、初めてプロの試合を観戦した。その大会に出場していた故セベバレステロスとベルンハルト・ランガーのプレーに魅了され、将来はプロになることを決心すると、これまで以上に練習に励むようになった。 当時の
2014/12/17ヨーロピアンツアー公式

マキロイがヨーロピアンツアー年間最優秀ゴルファーに選出

、デイリーメール紙のゴルフ担当記者であるデレク・ローレンソン氏は、「ライターとしてのキャリアを、セベバレステロス、サー・ニック・ファルド、サンディー・ライル、イアン・ウーズナム、そしてベルンハルト