2018/03/26コーラルズプンタカナリゾートクラブ選手権

B.ガーネットがツアー初優勝 スンス・ハン5位

1勝のスンスハンは通算11アンダーの5位タイ。51歳で米国シニアツアーを主戦場にするジョン・デーリーは通算イーブンパーの65位で4日間を終えた。
2019/07/07日本プロ

石川遼が3季ぶりツアー15勝目 プレーオフ制し涙

。通算13アンダーで首位に並んだハン・ジュンゴン(韓国)とのプレーオフを1ホール目で制し、2016年「RIZAP KBCオーガスタ」以来となるツアー15勝目を挙げた。石川の国内三大大会優勝は初めてで
2019/07/06日本プロ

石川遼ら3人が首位 最終日は2009年以来の36ホール

「67」でプレー。通算10アンダーで北村晃一、ハン・ジュンゴン(韓国)と並んで首位で決勝ラウンドに進んだ。 1打差の4位にショーン・ノリス(南アフリカ)がつけた。8バーディ、1ボギーの「64」をマークし
2019/05/24関西オープン

リューが首位を堅持 今平周吾は2打差3位

プレーし、通算11アンダーで単独トップに立った。初日37位のスンスハン(米国)が「63」をマークして、1打差の2位に浮上した。 リューは「とくに調子が良かった」という前半アウトに5バーディを集中
2019/05/26関西オープン

大槻智春がプレーオフ制しツアー初優勝 星野陸也が2位

「63」をマーク、大槻は7バーディを奪ってスコアを伸ばし合った。 3打差の通算16アンダー3位にリュー・ヒョヌ(韓国)。単独首位から出たスンスハン(米国)はアンジェロ・キュー(フィリピン)と並んで通算
2019/07/07日本プロ

時松隆光が首位浮上 石川遼は4打差追い午後の最終Rへ

」をマークし、通算13アンダーとして単独首位に立った。今季初勝利に向け、午後0時45分に最終ラウンドをティオフする。 通算12アンダーの2位に松原大輔とハン・ジュンゴン(韓国)。2週連続優勝のかかる星野
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」組み合わせ

:56(0:56) スンスハンアンドリュー・ランドリー 11:05(1:05) ジョーダン・スピースジェイソン・コクラック 11:15(1:15) ビリー・ホーシェルチェズ・リービー 11:25(1
2017/10/01トップ杯東海C

パー3で首位が「6」 キム・ヒョンソンの優勝スルリ

、ティショットを左の崖に落とし、2打目でグリーン右のバンカー奥のラフへ。3打目は右のバンカーへ落とし、4打目でピン奥3mのグリーンへ。5打目で寄せて、6打目でカップインとした。 前日3日目にスンスハン(米国
2017/12/03日本シリーズJTカップ

最終組で回ったノリスとハンの宮里評

訪れて、宮里優作の逆転賞金王を後押しした。「地元みたいな感じで、2人にはちょっと悪いことをしちゃったな」と、宮里は最終組でともに回ったショーン・ノリス(南アフリカ)とスンスハンを気遣ったが、2人の目
2018/11/24カシオワールド

香妻陣一朗が2位で最終日へ 首位にチェ・ホソン

を目指す香妻陣一朗は7バーディ、2ボギーの「67」でプレー。通算8アンダーでハン・ジュンゴン(韓国)、前年覇者のスンスハン(米国)らとともに2位で最終日に臨む。 通算7アンダー10位にY.E.ヤン
2018/11/27日本シリーズJTカップ

今平周吾とノリスの賞金王争い決着 宮里優作は連覇に挑む

)、出水田大二郎と同組でトップ組からスタートする。 今季の賞金王争いは、ランク1位の今平周吾と、3340万円差の2位で追うショーン・ノリス(南アフリカ)に絞られた。ノリスが優勝しない限り、今平が初めて賞金
2018/11/02HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

今平周吾が3打差4位に浮上 石川遼は予選落ち

の今平周吾が「65」をマークし、片岡大育、大槻智春、スンスハン(米国)とともに8アンダーの4位で追う。 初日首位の武藤俊憲は「73」とスコアを落とし、通算6アンダーの11位で星野陸也、小田孔明らと並んだ。石川遼は通算4オーバーの89位で、予選落ちした。
2018/11/16ダンロップフェニックス

グリジョが首位に浮上 松山&石川は33位

4バーディ、ボギーなしの「67」で回り通算8アンダーの首位に上がった。 稲森佑貴が1打差の2位、堀川未来夢、竹谷佳孝、スンスハン、パク・サンヒョン(韓国)が通算6アンダーの3位につけた。 大会3連覇
2018/11/04HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

最終18番でドラマ S.ノリスがイーグルで逆転優勝

に逆転を許した。 通算12アンダーの3位にチョ・ミンギュ(韓国)。通算10アンダーの4位に、賞金ランキングトップを走る今平周吾と星野陸也。通算9アンダーの6位に竹安俊也、武藤俊憲、スンスハン(米国
2018/11/30日本シリーズJTカップ

Y.E.ヤンが4打リード 今平周吾と石川遼が2位浮上

から出た今平と石川は、ともに「68」と2つ伸ばして順位を上げた。 通算3アンダーの6位に、2週連続優勝がかかるチェ・ホソンとハン・ジュンゴン(ともに韓国)。通算2アンダーの8位に、前年覇者の宮里優作
2018/11/01HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

武藤俊憲が今季初の首位発進 石川遼は90位と出遅れ

勝利の大槻智春。5アンダー4位に久保谷健一とチョ・ミンギュ(韓国)。4アンダー6位に高橋賢、松原大輔、手嶋多一、スンスハン(米国)ら8人が並んだ。 賞金ランキングトップを走る今平周吾は、同2位の稲森