2019/06/17記録

「全米オープン」歴代優勝者&日本人成績

パインハーストリゾート&CC 1998 L.ジャンセン 尾崎将司 予落 ザ・オリンピックC 1997 E.エルス 加瀬秀樹 28位尾崎将司 予落 コングレッショナルCC 1996 S.ジョーンズ 尾崎
2017/12/01記録

「三井住友VISA太平洋マスターズ」歴代優勝者

1985 中嶋常幸 1984 前田新作 1982 スコット・ホーク 1981 ダニー・エドワーズ 1980 鈴木規夫 1979 鈴木規夫 1978 ギル・モーガン 1977 ビル・ロジャース 1976 ジェリー・ペイト 1975 ジーン・リトラー 1973 尾崎将司
2015/06/13コンステレーション・シニアプレイヤーズ選手権

ランガーがリード広げる 賞金トップのモンゴメリーは14位に後退

バーディ、ノーボギーの「65」をマークして通算12アンダーとし、後続からのリードを4打差に広げ、トーナメントを折り返した。 通算8アンダーの2位にラス・コクラン、通算6アンダーの3位にスティーブペイト
2015/05/02インスペリティインビテーショナル

ドーソンとアレンが首位発進 ランガーは31位

スティーブペイト、ビリー・アンドレードの2選手が続いた。 昨年覇者で、大会3勝を挙げているベルンハルト・ランガー(ドイツ)は4バーディ3ボギーの「71」で回り、1アンダーの31位。現在賞金ランクトップを快走中のオリン・ブラウンは3アンダーの8位グループにつけている。
2015/03/21ツーソン コンキスタドーレスクラシック

エース達成のスミス首位発進 ランガーは4打差

」を記録。トータル「65」で回り、7アンダーで初勝利へ好スタートを切った。 2打差の2位に5アンダーのマルコ・ドーソン、スティーブペイト、コリン・モンゴメリー(スコットランド)、デビッド・フロスト
2014/04/19PGAコラム

チャンピオンズツアー初戦を思い切り楽しむヒメネス

、「65」をマークして首位に。2位タイに続くスティーブペイト、ベルンハルト・ランガー、ケニー・ペリーの3選手に3打差をつけた。ヒメネスは5つのバーディに加え、9番目となる(インスタート)18番ホールで
2014/03/17東芝クラシック

カプルスが逆転でシニア通算10勝目 井戸木鴻樹は32位

番はパーに終わり、こちらも節目となる通算20勝目はお預けとなった。コリン・モンゴメリー(スコットランド)、スティーブペイトとともに、通算14アンダー2位タイに終わった。 16位から出た井戸木鴻樹は4
2013/06/23エンコンパス選手権

C.スタドラーが単独首位で最終日へ ツアー通算9勝目に王手

(南アフリカ)が続いている。 さらに通算8アンダーの5位タイグループには、現在賞金ランクトップのベルンハルト・ランガー(ドイツ)をはじめ、マーク・カルカベッキア、トム・レーマン、スティーブペイトの4選手が並んでいる。
2012/10/07SAS選手権

首位から3打差に14人の大混戦へ

スティーブペイトの2人が首位に浮上。通算7アンダー3位タイにジェイ・ドン・ブレイクとアンドリュー・マギーの2人が並んだ。 通算6アンダー5位タイには、この日のベストスコア「66」をマークしたラリー・ネルソン
2012/10/06SAS選手権

R.コクランが首位、連覇を狙うK.ペリーは2打差

単独首位に立った。1打差の5アンダー2位タイには、アンドリュー・マギー、スティーブペイト、ジェイ・ドン・ブレイク、フレッド・ファンクの4人がぴたりと追走している。 さらに1打差の4アンダー6位タイにも
2012/08/25ボーイングクラシック

M.カルカベッキアが連覇に向け好発進!

位タイには、スティーブペイト、ジェイ・ドン・ブレイク、ジェフ・スルーマン、カーク・トリプレット、ロメロ・エドアルド(アルゼンチン)ら5選手、3アンダーの7位タイにはブラッド・ファクソン、ロッド
2012/08/053M選手権

10バーディを奪ったD.ピープルズが首位に浮上!

、ジョエル・エドワーズの2人。初日首位に立っていたピーター・シニア(オーストラリア)、チェン・スン・ルー(台湾)、スティーブペイトの3人はスコアを1つ伸ばすに留まり、通算8アンダー6位タイに後退。同じく首位スタートのギル・モーガンはスコアを1つ落として、通算6アンダー16位タイまで後退してしまった。
2012/08/043M選手権

G.モーガンら4人が首位の大混戦

アンダーで首位に並び立ったのはスティーブペイト、ギル・モーガン、ピーター・シニア(オーストラリア)、チェン・スン・ルー(台湾)の4人だった。 3番から7番まで5連続バーディを奪ったペイトは、8番で
2012/05/27全米シニアプロ選手権

R.チャップマンが大量リードで今季初勝利に王手

、2日目に「66」のエイジシュートを達成したヘイル・アーウィン、スティーブペイトが並んでいる。 日本勢で唯一決勝ラウンドに進出した室田淳は、3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーと2ストローク落とし
2012/05/25全米シニアプロ選手権

室田が29位タイ発進!単独首位はR.チャップマン

・ハース、ジム・カーター、スティーブペイト、J.L.ルイスの6選手が並んでいる。 そのほか、過去4度の優勝を果たしているヘイル・アーウィンが、イーブンパーの9位タイと好位置に付けている。昨年の大会では単独
2012/04/23リバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフ

アレン&フロスト組が通算29アンダーで優勝

・ビーン&盧建順のペア、ブラッド・ファクソン&ジェフ・スルーマン組、ブラッド・ブライアント&スティーブペイト組。ブライアント組は首位タイでスタートし、8バーディを奪ったが優勝争いについていくことはでき
2011/06/05プリンシパルチャリティクラシック

M.ブルックス、復活の1勝に王手!

・スピットル(カナダ)、スティーブペイトら5選手が続いている。 そのほか、トム・レーマンは通算5アンダーの10位タイ、デビッド・フロスト、マーク・オメーラは通算4アンダーの16位タイ。日本の尾崎直道は、通算4オーバーの70位タイに後退している。