2004/10/12三井住友VISA太平洋マスターズ

3連覇を果たしたL.ウェストウッドなど3名が御殿場に登場!

したが惜しくもスティーブンギャラハー(スコットランド)に敗れてしまった。欧州ツアーでの賞金ランキングは5位(10月12日現在)につけている。日本ツアーは2002年に「ダンロップフェニックス
2013/10/03ヨーロピアンツアー公式

最多出場記録を光栄に感じるヒメネス

トーマス・ビヨーンと組み、ポール・ローリー/ステファン・ギャラハー組とオープニングの4ボールマッチを戦うことになった。 「セベトロフィの全てのマッチでプレーできることはとても光栄なことだ」とヒメネス
2015/02/03メイバンク・マレーシアオープン

舞台は東南アジアへ 川村昌弘が参戦

、ウェストウッド、前週3位のスティーブンギャラハー(スコットランド)、ライダーカップ主将を務めたポール・マギンリー(アイルランド)、グレーム・マクドウェル(北アイルランド)、ビクトル・デュビッソン(フランス)ら
2015/06/30アルストム・オープン・ド・フランス

99回目のフランス・ナショナルオープン マクドウェルの3連覇なるか

ほか、トーマス・ビヨーン(デンマーク)、ジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)、スティーブンギャラハー(スコットランド)、マルティン・カイマー(ドイツ)、リー・ウェストウッド(イングランド)といった2014年のライダーカッ…
2014/02/04WGCアクセンチュアマッチプレー選手権

64名のマッチプレー出場枠争いは最終週へ

ドバイデザートクラシックで優勝したステファン・ギャラハーは、世界ランクを30位上げて37位につけた。彼は昨年、WGCマッチプレーに初出場したものの、一回戦で姿を消した。 ドバイで3位に入ったブルック
2014/12/02ネッドバンクゴルフチャレンジ

欧州ツアー2015年シーズンが南アフリカで開幕

優勝を果たし、ツアー通算15勝目を挙げた。 ビヨーンに加え、リー・ウェストウッド(イングランド)、スティーブンギャラハー(スコットランド)、ジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)、マーティン
2013/12/19ザ・ロイヤルトロフィ

アジア選抜は4組とも同国ペア/初日組み合わせが決定

)&キラデク・アフィバーンラト(タイ) ・スティーブンギャラハー(スコットランド)&ポール・ローリー(スコットランド) <第2試合 11:32> ・石川遼(日本)&藤田寛之(日本) ・ニコラス
2013/12/22ザ・ロイヤルトロフィ

石川も藤田も敗れ…アジア選抜まさかの大逆転負け

がチームを牽引。トップを任せられたキラデク・アフィバーンラトが3&2の完勝でポール・ローリー(スコットランド)を退けると、第2組目のトンチャイ・ジェイディもスティーブンギャラハー(スコットランド)を
2015/06/02ノルデアマスターズ

唯一のスウェーデン開催 デュビッソンらが雪辱狙う

)、スティーブンギャラハー(スコットランド)の3人によるプレーオフに突入。1ホール目でバーディを奪ったジェイディーが2季ぶりのツアー6勝目を挙げた。 雪辱の機会をうかがうデュビッソンとギャラハーのほか
2015/06/30ヨーロピアンツアー公式

2018年ライダーカップコースで開催されるフランスオープン

、ビクトル・デュビッソン、スティーブン・ギャラハー、マルティン・カイマー、そしてリー・ウェストウッドといったグレンイーグルス(前回ライダーカップ)のチームメイトたちが、大陸ヨーロッパでは最古のナショナル
2013/07/05アルストム・オープン・ド・フランス

ハンセンが首位発進!地元ワテルが1打差2位

、プレッシャーを集中力に変え、好スタートを決めた。 通算3アンダーの3位タイには、スティーブンギャラハー(スコットランド)、マーティン・カイマー(ドイツ)ら9人が並ぶ混戦模様。グレーム・マクドウェル
2014/01/31オメガドバイデザートクラシック

マキロイが圧巻の首位発進! タイガー10位タイ

バーディラッシュを演じた。 7アンダーの2位にエドアルド・モリナリ(イタリア)。6アンダーの3位に、大会連覇を狙うスティーブンギャラハー(スコットランド)のほか、リチャード・スターン(南アフリカ
2019/04/01ヨーロピアンツアー公式

最後は風のいたずらも 欧州ルーキー川村昌弘はインドで惜敗

「ヒーローインディアンオープン」では、最終日に最後までスティーブンギャラハーを追い詰めた川村昌弘が、欧州ツアーにおける素晴らしいスタートを継続させた。 昨年末のQスクールから今季の出場権を獲得して
2014/09/22PGAコラム

熱い!熱すぎる「ライダーカップ」名場面10

。試合は米国選抜が18.5対9.5でまたもや圧倒的な勝利を収めたが、スペインのセベ・バレステロスの出現は「ライダーカップ」における新時代の幕開けとなった。 4)1983年: めきめきと力を付けた欧州選抜
2013/08/26ジョニーウォーカー選手権 at グレンイーグルス

22歳の新鋭、T.フリートウッドが初勝利!

(イングランド)とリカルド・ゴンザレス(アルゼンチン)、そして2打差を追うステファン・ギャラハー(スコットランド)の3人が、通算18アンダーの首位タイでホールアウト。勝負は三つ巴のプレーオフにもつれこみ、1
2013/12/20ザ・ロイヤルトロフィ

石川遼&藤田寛之組も勝利!アジア選抜が2ptsリード

イーグルを奪う息の合ったコンビで、スコットランドのスティーブンギャラハー&ポール・ローリー組に5&3の圧勝。第2試合でに出場した日本の石川遼&藤田寛之組も、ニコラス・コルサーツ(ベルギー)&ベルント