2017/06/22topics

アン・シネの脚に注目!スイング解説(ドライバー編)

ゴルファーとしてのスイングの完成度はどうなのか。まずはドライバーショットの連続写真をもとに、堀尾研仁プロコーチが解説する。 アンのスイングを見た第一印象は「下半身の使い方がすばらしい」。足の動きがとても
2015/11/20topics

バンカーで何打損していますか?

、ダウンスイングでスイング軸が右に傾いてしまい、大きく手前をダフるか、それを避けて左肘が引けてしまいトップするミスが出てしまいます。バンカーではフォローで体重が左足の股関節にしっかり乗るように、体重を左
2015/08/13topics

夏ラフで何打損していますか?

、トップ……これらはすべて『すくい打ち』が原因。90台ゴルファーは50%、100台なら80%が『すくい打ち』の傾向が強いスイングになっています。比べて、80台ゴルファーは20~30%です」という。この
2015/04/27topics

パットで何打損していますか?

からツアープロまで幅広くパッティングのレッスンを行っている中越豪氏に解説してもらった。 パターは2拍子のリズムで! スイングは「チャー・シュー・メン」といった3拍子だと言われているが、パッティングは
2013/04/23週刊GD

イチローにも影響を与えていた岡本綾子のスウィング

を移しながらバットを振ったことに始まると言われている。 イチロー選手のスウィングは、常にムダな力みを感じさせず、そのリズムのよさがヘッドスピードとエネルギー効率につながっている。世界を狙える
2013/04/11週刊GD

ゴルフスウィングは「4拍子」が黄金リズム!

「週刊ゴルフダイジェスト」(4月23日号)より よくゴルフのスウィングはリズムが大事と言われるが、そもそも「いいリズム」って何なのか? ゴルフ雑誌等でおなじみの金谷多一郎プロは、「バックスウィング
2013/04/03週刊GD

「アンカリング問題」、トップアスリートの意見は?

ように思いますね」 プロという厳しい世界に生きたスポーツ選手としての、実に深みのある指摘と言えるだろう。 さて、ゴルフは「入れるゲーム」か、「スウィングの芸術」か。あなたはどう考えますか?
2013/04/02週刊GD

女子プロはインパクトの“お尻ギュッ”で飛ばす!

」でおなじみの中村龍明プロ。連載で「左1軸」のスウィング解説する中で「テークバックに体重移動はいらない」そして、「インパクト時にお尻にギュッと力を入れて打つ。球を押し込むにはこれが大事」と解説している
2013/03/19週刊GD

やっぱりそっくり! 森田理香子と師匠・岡本綾子

? 飛ばし屋コーチの吉田一誉が、2人のスウィングを徹底比較分析。森田の強さの秘訣を解説してくれた。 * * * 2人のスウィングを見比べてみると、本当によく似ています。「岡本さんの
2013/03/13週刊GD

腕を振ったら“体重移動”がわかったぞ!?

スウィング理論を駆使しアマチュアからツアープロまで指導するインストラクター・米田貴プロが解説してくれた。その中からひとつのポイントを紹介しよう。 * * * フィニッシュが悪いからといっ
2013/03/10週刊GD

奥ピンはフックスピンのアプローチで狙え!

ヘッドの間隔を変えないようにスウィングできれば、自然に体の回転で打てるようになるでしょう。 ●解説/小野寺誠(おのでら・まこと) ショートゲームの上手さには定評があり、ツアープロ、トップアマも指導する。JGMゴルフクラブやさ…
2013/02/22週刊GD

おすすめデジタルスウィングチェック術

それらをどうやって使うといいのか、そのひとつのヒントを石井雄二コーチに聞いてみた。 * * * プロのスウィングを見るとき、ボクが真っ先にチェックするのは、アドレスとフィニッシュの形
2013/02/19週刊GD

ボールが「つかまる」感覚って、知ってる?

ようになるのです。 そのためには、上半身をリラックスさせ、体の動きにつられて腕やクラブが勝手に振られるようにすることが大切です。「スウィングはでんでん太鼓の動き」などといいますが、まさにそのイメージ
2013/02/14週刊GD

冬のキメ技「パンチショット」を手に入れろ!

。いつものアドレスよりコンパクトになっていれば上手く構えられた証拠です。 このアドレスができたら、あとは左足体重をキープしたまま、体重移動を抑えてスウィングし、(狙ったラインに球を打ち出していく
2013/02/13週刊GD

諸見里しのぶ「打てますよ! いまどきFW&UT」

スウィングは悪くないのに、もったいないなと思います。 基本的にFW、UTが苦手な人というのは、2つのタイプに分かれます。ひとつは、球を上げようとしてすくい打ってしまうタイプ。ヘッドを下から上に振り抜こうと
2013/02/12週刊GD

遼くんもお試し中! マクロイ式“逆ひねり”とは?

、ちょっとしたコツが必要なんです」と、吉田一誉プロは解説。そのスウィングを週刊GDの特集で“逆ひねり”と表し、レッスンを展開する。その基本ポイントを紹介しよう。 「その答えは、ローリー・マクロイの