2020/11/19旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.100 南アフリカ編

てみれば面白かった。当初は新しいチャレンジに腰が引けていたところを「エンジョイ!」と、背中を押してくれたキャディのジャネットさん(ジーブルカシンの元キャディ)に感謝です。 さて、前週のオフは
2020/03/19ヨーロピアンツアー公式

ヨーロピアンツアー最多勝アイルランド人選手は?

イタリアオープン」でツアー2勝目を挙げると、その4年後にはジーブルカシンをプレーオフで下した2008年「バランタイン選手権」、そして2打差で勝利した2008年「バークレイズスコットランドオープン」を制覇…
2018/03/07マスターズ

シャルマが特別招待でマスターズ出場へ

「メイバンク選手権」と欧州ツアーで2勝を挙げ、先週初出場した「WGCメキシコ選手権」では3日目を終えて首位に立つ(結果9位)など、めざましい活躍を見せている。 インド人としては、ジーブルカシン、アージュン
2018/02/05ヨーロピアンツアー公式

シャルマが逆転優勝 インド勢で3人目のシーズン2勝目

シャルマは、ジーブルカシン、そしてアニルバン・ラヒリに続き、同一シーズンに欧州ツアーで2勝を挙げた3人目のインド人選手となった。 「ソリッドなプレーでしたが、風が強かったので簡単ではありませんでした
2018/02/01旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.26マレーシア編

飛んできました。 開幕2日前の朝にレジストレーション(選手登録)を済ませた時点で、僕はリストで上から3番目。一番目にはインドの英雄である46歳のジーブルカシン選手、二番手がアジアンツアーで活躍する
2017/12/01記録

「カシオワールドオープン」歴代優勝者

2008 小田孔明 2007 手嶋多一 2006 ジーブルカシン 2005 谷口徹 2004 デビッド・スメイル 2003 今井克宗 2002 デビッド・スメイル 2001 室田淳 2000 鈴木
2017/11/02パナソニックオープン インディア

圧倒的な勝率 インド勢が母国タイトルに挑む

。 今年もフィールドの大半をインド選手が占め、ともに今季1勝のガガンジート・ブラーとシブ・カプール、日本ツアー4勝のジーブルカシンらが出場する。
2017/09/19ダイヤモンドカップ

今季4試合目のアジア共催大会 池田勇太は地元で2週連続Vへ

メジャー「日本シニアオープン」を大会記録(通算18アンダー)で制した51歳のプラヤド・マークセン(タイ)にも注目だ。 アジア枠からは、日本で通算4勝を挙げているジーブルカシン(インド)、ツアー最多通算勝利数(18勝)記録を保持する50歳のタワン・ウィラチャン(タイ)らが出場する。
2017/06/07ヨーロピアンツアー公式

ライオネスオープンの大会アラカルト

ジーブルカシンは、ヨーロピアンツアーの大会で、最終日に18パーをマークして優勝した2人目の選手となった。インドのシンの前には、ニック・ファルドがミュアフィールドで開催された1987年の
2017/04/25ヨーロピアンツアー公式

ボルボ中国オープンの大会アラカルト

たベルギーの飛ばし屋は、呉阿順、アレキサンダー・レビ、ブレット・ラムフォード、Y.E.ヤン、そしてジーブルカシンといった過去の大会王者たちとともに今週のフィールドに名を連ねている。これに加え…
2017/04/18ヨーロピアンツアー公式

知っ得!「深センインターナショナル」の大会アラカルト

。アフィバーンラトが優勝すると、トンチャイ・ジェイディ(7勝)、ジーブルカシン(4勝)、そしてSSPチョウラシア(4勝)に次いで、ヨーロピアンツアーで4勝以上挙げた4人目のアジア人選手となる。
2017/03/14ヨーロピアンツアー公式

知っ得!SSP.チャウラシアの勝利が意味する事実

決めており、そのうち2回は優勝を遂げている。 ○ヨーロピアンツアー4勝は、ジーブルカシンに並ぶインド人選手としてのツアー最多勝記録。 ○アジア人選手でヨーロピアンツアー4勝以上を挙げたのは…
2017/02/19ヨーロピアンツアー公式

地元のラムフォードが破竹の勢いで最終日のマッチプレーへ

のケーシー・オトゥールは通算9アンダーで通過。残る5枠には8人によるプレーオフの末、サム・ブラゼル、ジーブルカシン、マシュー・ミラー、ダンカン・スチュワート、そしてパチャラ・コンワットマイが滑り込んだ。
2017/02/18ワールドスーパー6パース

谷原秀人が最終日24人のマッチプレーに進出

24人(タイの場合はプレーオフで決定)による6ホールのマッチプレーで優勝者を決定する。なお、20位タイ8人のプレーオフにより、ジーブルカシン(インド)、ダンカン・スチュワート(スコットランド
2017/02/18ヨーロピアンツアー公式

ラムフォードが地元パースで首位を堅持

・デトリー、マイケル・ロング、ジーブルカシン、ジェイソン・スクリブナー、ジョーダン・スミス、そして谷原秀人までがトップ25となっている。