2012/06/23~全英への道~ミズノオープン

藤本佳則、日本人史上初の快挙なるか

、「ギリギリセーフという感じ」と優勝戦線に踏みとどまったことに満足感を示した。 初勝利からの2試合連続優勝となれば、1977年のセベ・バレステロス(日本オープン、ダンロップフェニックス)、2006年のジーブ
2012/11/07

「ザ・ロイヤルトロフィ」両チームの全出場選手が決定

■メンバー:リャン・ウェンチョン(副将・中国)、キム・キョンテ(韓国)、石川遼、藤本佳則、Y.E.ヤン(韓国)、べ・サンムン(韓国)、ジーブルカシン(インド)、呉阿順(中国)、キラデク・アフィバーンラト(タイ)
2012/07/16アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン

J.M.シンが逆転でツアー4勝目!モリナリの記録を阻止

フランチェスコ・モリナリ(イタリア)は、2010年に兄、エドアルド・モリナリが優勝を果たした今大会で勝利を収め、ツアー史上2組目の兄弟同一大会制覇を狙った。 しかし、最終日にスコアを5つ伸ばしたジーブ
2012/09/18アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン

ビッグネームとアジアの雄が火花を散らす!ホストプロは石川遼

集い国際色豊かなフィールドとなる中、アジアンツアーでも活躍を見せるベテランが、S.K.ホ、キム・ドフン(ともに韓国)、ジーブルカシン(インド)、ジェイブ・クルーガー(南アフリカ)らを抑えて大会初
2012/04/17ボルボ中国オープン

I.ポールターら名手が参戦!平塚も出場

経験のあるジーブルカシン(インド)も期待が大きい存在だ。 その一方で、過去8度の開催のうち、欧州ツアー初勝利をマークした選手が4人と、新たなスターが生まれるトーナメントでもあるだけに、無名選手にも
2012/02/14Avantha マスターズ

アジア・欧州共催競技で、平塚が上位進出を狙う!

.チョラシア(インド)が、ロバート・コールズ(イングランド)の追い上げをかわし、最終日に逆転優勝を飾った。今年は連覇に挑むチョラシアの前に、同胞のジーブルカシン、シブ・カプールほか、2010年
2012/02/17Avantha マスターズ

地元アジア勢も上々のスタート 平塚は大きく出遅れ

ね」と自信を見せた。 トップとは3打差、3アンダーの10位タイにはルーキーのピーター・ユーライン(米国)のほかジーブルカシン(インド)ら。ディフェンディングチャンピオンのS.S.P.チョラシア
2012/02/10オメガドバイデザートクラシック

首位はスペインの27歳 R.マキロイも好発進

ルカシン(インド)ら。リー・ウェスト・ウッド(イングランド)はノ・スンヨル(韓国)、トンチャイ・ジェイディ(タイ)、ヨハン・エドフォース(スウェーデン)らと並んで3アンダーの20位タイとまずまずの
2011/07/30アイルランドオープン

M.シームが単独首位に浮上! D.クラークは予選落ち

に向けて、絶好のポジションで決勝ラウンドを迎える。 通算9アンダーの2位タイには、ソレン・ハンセン(デンマーク)とジーブルカシン(インド)。単独首位からスタートしたシンはボギーが先行する苦しい中
2011/07/29アイルランドオープン

J.Mシンが8アンダー単独首位スタート!

欧州男子ツアー第33戦「アイルランドオープン」が、アイルランドのKillarney Golfで開幕。大会初日はインドのジーブルカシンが、7番パー5でのイーグルを含め、6つのバーディを奪い8
2011/10/25CIMB アジアパシフィッククラシック

アジアでの決戦に平塚哲二も挑む!

米国男子ツアーとアジアンツアーが共同開催する「CIMBアジアパシフィッククラシック」が、10月27日(木)から30日(日)までの4日間、マレーシアのザ・マインズリゾート&GCで開催...
2011/07/31アイルランドオープン

上位総入れ替え!D.ハウエルらが首位に浮上

、初日単独首位に立ち、2日目は2位タイにつけていたインドのジーブルカシンは、1バーディ、2ボギーと8番でダブルボギーを叩くなど3ストローク落して、通算6アンダーの16位タイまで後退してしまった。
2011/04/23ボルボ中国オープン

N.コルサートが単独首位に浮上!平塚は52位タイで最終日へ

アンダーの3位タイには、グレゴリー・アブレ(フランス)とピーター・ローリー(アイルランド)の2選手が並んでいる。 2位タイからスタートしたジーブルカシン(インド)は通算13アンダーの9位タイ、9位タイ
2011/05/06スペインオープン

初優勝を狙うS.ジェイミソンが単独トップ!

向けて絶好のスタートを切った。 1打差の2位にはロマイン・ワテル(フランス)、パブロ・ララサバル(スペイン)、ジーブルカシン(インド)、スティーブ・ウェブスター(イングランド)の4人。さらに1打