2019/01/21デザートクラシック

アダム・ロングが初優勝 ミケルソン1打差2位

。通算22アンダーの5位にドミニク・ボツェリ。通算21アンダーの6位に前年覇者のジョンラーム(スペイン)が続いた。 昨季年間王者のジャスティン・ローズ(イングランド)は、通算14アンダーの34位で2019…
2019/01/20デザートクラシック

ミケルソンが首位堅守 2打リードで最終日へ

ツアーを主戦場にしてきた31歳で、今季が初のPGAツアーフル参戦となる。 前年覇者のジョンラーム(スペイン)はSCを「68」で回り、通算16アンダーの7位。世界ランキング1位のジャスティン・ローズ
2019/01/19デザートクラシック

ミケルソンが首位キープ 前年覇者ラーム5位

ノが続いた。マリノはラ・キンタ(LQ)の7番(パー3)でホールインワンを記録するなど「65」をマークした。 8位から出た前年覇者のジョンラーム(スペイン)はNTを「66」でプレーし、通算12アンダー
2019/01/18デザートクラシック

ミケルソンが12アンダー「60」で首位

好スタートとなった。 3打差2位にアダム・ロング、4打差3位にカーティス・ラック(オーストラリア)がつけた。前年覇者のジョンラーム(スペイン)は6アンダー8位、世界ランク1位のジャスティン・ローズ
2019/01/06セントリートーナメントofチャンピオンズ

大きく変わったゴルフ規則 PGAツアー選手たちの反応は

・ウッドランドやジョンラーム(スペイン)もピンを抜かずに下りのロングパットを打つ場面があった。PGAツアーによれば、今後もピンを挿したままパットする選手が増える可能性があるという。 日本勢で唯一出場する
2019/01/05セントリートーナメントofチャンピオンズ

ウッドランド首位 デシャンボー、マキロイら2位 小平智は最下位

・ジョンソンは、ジョンラーム(スペイン)と並び通算5アンダーの12位。初出場の小平智は3バーディ、4ボギー1ダブルボギーの「76」とし、通算7オーバーの33位(最下位)で大会を折り返した。 大会は昨年のツアー優勝者だけが出…
2018/12/03ヒーローワールドチャレンジ

ジョン・ラームが4打差圧勝 松山英樹は最下位

◇米国男子(ツアー外競技)◇ヒーローワールドチャレンジ 最終日(2日)◇アルバニーGC(バハマ)◇7302yd(パー72) 首位タイから出た世界ランキング8位のジョンラーム(スペイン)が7バーディ
2018/12/02ヒーローワールドチャレンジ

松山英樹は16位に後退 ウッズ最下位、首位にフィナウら3人

3人が並ぶ混戦に。通算13アンダーのトニー・フィナウ、ジョンラーム(スペイン)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が首位を並走して最終日に突入する。 通算11アンダーの4位にゲーリー
2018/12/01ヒーローワールドチャレンジ

松山英樹は14位に浮上 ラームとステンソンが首位に並ぶ

◇米国男子(ツアー外競技)◇ヒーローワールドチャレンジ 2日目(30日)◇アルバニーGC(バハマ)◇7302yd(パー72) 10位からスタートしたジョンラーム(スペイン)が9バーディ、ボギーなし
2018/11/19ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」制覇から不振 ウィレットが歓喜の復活優勝

アンダーの4位タイにはディフェンディングチャンピオンとして大会に臨んだジョンラームと、スペインの同胞であるアドリアン・オタエギ、そして南アフリカのディーン・バーメスターが入った。 親友のトミー
2018/11/19DPワールド ツアー選手権 ドバイ

ウィレットが優勝 F.モリナリがイタリア勢初の年間王者

(イングランド)とパトリック・リード(米国)。通算14アンダーの4位に、ジョンラーム、アドリアン・オタエギ(ともにスペイン)、ディーン・バーメスター(南アフリカ)の3人が続いた。 年間ポイント争い
2018/11/16DPワールド ツアー選手権 ドバイ

谷原秀人は3打差の10位 ラームら好発進

)、アドリアン・オタエギ(スペイン)が6アンダーの首位に立った。 前年覇者のジョンラーム(スペイン)、ダニー・ウィレット(イングランド)が1打差3位、年間ポイントレースでトップのフランチェスコ
2018/11/09ヒーローワールドチャレンジ

ウッズ主催大会に松山英樹が5年連続出場

れた16人の招待選手】 ※()内は11月8日時点の世界ランキング ジャスティン・ローズ(1) ダスティン・ジョンソン(3) ジャスティン・トーマス(4) ブライソン・デシャンボー(5) ジョンラー…
2018/10/24ヨーロピアンツアー公式

上海で注目の3人

たロリー・マキロイ、トミー・フリートウッド、ジョンラームらも出場。さらに、昨年54ホール終了時点で首位に立ちながら、最終日に「77」をたたいて優勝を逃した世界2位のダスティン・ジョンソンも雪辱を
2018/10/02佐藤信人の視点~勝者と敗者~

「ライダーカップ」でよぎった東京五輪への危機感

、いつしか息子はプロを目指すようになります。彼こそが、今大会で欧州選抜の勝利に貢献したジョンラームだったのです。ラームのように、まったくゴルフに接点がなかった家族にも、ゴルフに触れてもらうチャンスを大きく