2003/04/28シェル・ヒューストンオープン

完全復活!!フレッド・カプルスが地元の声援に応えた!

・カプルスがスコアを伸ばしたが、新鋭のハンク・キーニー、オーストラリアのスチュワート・アップルビーが加わり最後まで白熱した展開が続いた。 地元ヒューストン出身のキーニーは、ジョン・デーリーをも凌ぐドライバーの
2003/01/25フェニックスオープン

好スコア続出、3アンダーのバデリーは予選落ち

位には、スコット・マッキャロン、ジョンヒューストンなど5人が並んでいる。 この日のベストスコアをマークしたのは2アンダー43位からスタートしたスティーブ・ストリッカーだった。インコースからスタートし
2003/04/27シェル・ヒューストンオープン

ベテラン2人の戦いは、最終日まで続く!!

テキサス州ヒューストンのレッドストーンGC(フォールクリークコース)で行われている、「シェル・ヒューストンオープン」の3日目。初日に単独首位に立ったベテランのフレッド・カプルスが、再び首位に返り咲い
2003/04/24シェル・ヒューストンオープン

「シェル・ヒューストンオープン」新コースの評価は?

27年間開催コースであった「ウッドランズ」から離れ、今季から「レッドストーンGC」に移った米ツアー「シェル・ヒューストンオープン」。コースの共同設計者にザ・ゴルフ・チャンネルでもバラエティ番組の
2002/10/28ビュイックチャレンジ

PGA「ビュイック・チャレンジ」最終日

こちらも小雨の降りしきる中行われた「ビュイック・チャレンジ」最終日。ジョンヒューストンと初日のリーダー、ティム・ヘロンが20アンダーで首位タイ。デビッド・トムズと「NEC招待」で優勝したクレイグ
2002/09/18タンパベイクラシック

南国フロリダで熱い戦いが見られるか!?

始まったばかりの新しいトーナメントで、第1回は地元に住み、ここをホームコースとするジョンヒューストンが地の利を活かし優勝を果たした。昨年は、同時多発テロの影響で、事件翌日の水曜日、つまり試合前日に大会
2003/04/08

チャンスを生かした米ツアーきっての飛ばし屋

。自己ベストを記録するとともに208,00ドル(約2,500万円)を稼いだ。 この試合にはジョン・デーリーが出場していたが予選落ちを喫した。飛ばしを楽しみにしていたギャラリーはため息をついたが、キーニー
2002/09/27バレロテキサスオープン

R.ガメスが久々に活躍。7アンダーで首位発進!

ジョンディアクラシックで2位フィニッシュを飾るなど、既に獲得賞金額も60万ドルを超えており、来年のシード権はほぼ手中に収めた。残る目標は優勝だ。 そして2位に入ったのはジョンヒューストンヒューストン
2002/09/16SEIペンシルバニアクラシック

PGAツアー「SEIペンシルバニア・クラシック」最終日

勝目を獲得した。 ◇最終結果 優勝(-14):ダン・フォースマン(65) 2位タイ(-13):ビリー・アンドレード(65)、ロバート・アレンビー(69) 4位(-12):ジョンヒューストン(67
2003/01/24フェニックスオープン

フェニックスオープン初日途中経過

の安定性とも抜群で、ピン位置が左右に振られる2日目以降にどんなゲームを見せてくれるか注目したい。 2位にはジョンヒューストンとデビッド・トムズで7アンダー。トムズは快調にスコアを伸ばし一時は9
2002/05/23全米オープン

「全米オープン」へのチケット

(メモリアル参戦) ------ 51位:谷口徹(メモリアル参戦) 54位:ジョンヒューストン(メモリアル参戦) 58位:スチュワート・アップルビー(メモリアル参戦) 62位:ジャスティン・ローズ(ボルボPGA選手権参戦) 71位:リー・ウェストウッド(ボルボPGA選手権参戦)
2002/05/27全米オープン

「全米オープン」の出場権

(メモリアル=32位タイ) 50位:チャールズ・ハウエルIII (メモリアル=27位タイ) 51位:谷口徹 (メモリアル=65位タイ) 54位:ジョンヒューストン (メモリアル=22位タイ) 63位:ジョン・クック (メモリアル=2位タイ) 67位:ボブ・ツエー (メモリアル=4位タイ)
2002/04/10マスターズ

初出場者のスコアは「伊沢」がトップ!?

・カプルスの17年連続予選通過。3位はジョンヒューストンの12年連続。果たして、ランガーの記録更新なるか? ◇初出場者のスコアは「伊沢」がトップ!? 今年「ザ・プレーヤーズ選手権」優勝者のクレイグ
2001/09/13

世界で活躍する日本の選手たち(9月6日-9月16日)

・コパーヘッドコースで開催される。賞金総額は250万ドル。 優勝者には45万ドルが用意されている。 ディフェンディングチャンピオンのジョンヒューストンは世界ゴルフ選手権に出場するので連覇のチャンスは
2002/03/16

世界で活躍する日本選手たち

-70と1打足りずの予選落ち。 田中はベイヒル、プレーヤース選手権に出場することができないので、次の試合はヒューストンオープン(3月28-31日)。 初日午後からのプレー予定だった横尾 要は金曜日に
2002/02/26

PGA最新データ

2002年8試合が終わった時点での最新データ。 <グリーンオン率> 1位=76.5%:ケニー・ペリー 2位T=76.3%:ジョエル・エドワーズ、ジャスティン・レナード 4位=76.1%:ジョン
2002/01/18ボブホープ・クライスラークラシック

上位陣は混戦、抜け出したのルーキーのJ.センデン

に立ったのはオーストラリアのJ.センデンという選手。というのもセンデンはこの試合がPGAツアー2戦目。昨年のQスクールを5位で突破し、先週のソニーオープンでデビューを果たした。しかし、先週は予選
2001/04/06マスターズ

伊沢利光、大健闘の1アンダーで発進!

と得意のパットがさえ渡った。 首位に1打差の6アンダーには、スティーブ・ストリッカーとアルゼンチンのアンゲル・カブレラが2位タイで並び、さらに1打差の4位タイにはリー・ジャンセン、ジョンヒューストン