2021/02/09AT&Tペブルビーチプロアマ

伝統の“プロアマ”をプロだけで ペブルビーチに小平智が登場

距離の短いコースを舞台に、ジョンデーリー、トム・レーマン、ジム・フューリックら同じシニア世代への期待もかかる。 フィールドで世界ランク最高位にいるのは11位のパトリック・カントレー。前週の米ツアー
2008/03/18

片山晋呉は世界ランク49位に浮上!/男子各種ランキング

9位につけていた今田竜二は、「アーノルド・パーマーインビテーショナル」にエントリーしていた。水曜日のプロアマ競技の補欠1番目でいた今田は、ジョンデーリーのプロアマ欠席により順番が回ってきたが、今田も
2021/03/07アーノルドパーマー招待

デシャンボーが湖越え370yd パー5予告通りの1オン挑戦

グリーン右のラフに到達した。 PGAツアーのTwitterより 1998年にはジョンデーリーが湖の向こうのグリーンを5回(打ち直しの3打目以降は前方のティから)狙ってすべて湖に落ち、「18打」を記録
2013/02/08PGAコラム

AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ初日 レビュー

で2度の優勝経験を誇るダスティン・ジョンソンは4パットが響いて、モントレーペニンシュラで3オーバーの「73」。ジョンデーリーは7番ホールで3フィートの距離から3パット、さらに9番ホールでは18
2013/03/15PGAコラム

「タンパベイ選手権」 初日レビュー

。 ミニ情報:スティーブ・ストリッカーのキャディを務めるジミー・ジョンソンは、向こう2週間ハリス・イングリッシュに付く予定。ジョンソンは、先週のトランプドラールには出ていない。理由はストリッカーの妻ニッキがキャディを務めるトーナメントだったため。なお、
2014/01/10PGAコラム

ソニーオープン初日 ベ・サンムンが首位に立つ

・ウォーカー、ジョンデーリーは「66」を記録した。 先週カパルアで開催された「ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ」に出場していない午前組の中で「66」以上のスコアをマークしたのは、デーリーと日本
2002/06/26

「カナディアン・スキンズ」最終日

、「飛ばし屋」ぶりを披露したジョンデーリーが参加。初日はビジェイが5スキンズ獲得のトップ。残りの4スキンズはデーリーが取り、ホストのウィアは面目丸つぶれ状態だった。さて、後半9ホールの最終日はどう
2004/02/16ビュイックインビテーショナル

丸山茂樹1打届かず、優勝はジョン・デーリー!

、この日3つスコアを伸ばしたルーク・ドナルドとクリス・ライリーが通算10アンダーでトップ。そして13アンダーの単独首位からスタートしたジョンデーリーがこの日3つスコアを落としてトップに並び、三つ巴の
2005/09/15

ジョン・デーリーに独占インタビュー

アルコール依存症や試合中にキレる忍耐の弱さなど、様々な問題を抱えてきたジョンデーリー。しかしゴルフファンは彼のその「人間らしさ」を愛して止まない。デーリーの豪快なショットに大歓声を送り、無名だった
2005/06/18全米オープン

3日目の組み合わせ決定!最終組はグーセンVSブラウン

の組で丸山茂樹が、ソレン・ケルドセン(デンマーク)とラウンド。11時20分(現地)にはフィル・ミケルソンとジョンデーリーの人気者&飛ばし屋対決が行われる。 現地/日本/選手名/選手名 8:10
2002/03/16

世界で活躍する日本選手たち

ジョンデーリー、R・サバティーニの3名。 2週間後のプレーヤース選手権 優勝がマスターズ出場への最後の道。 賞金ランキング (10試合を消化) 1位 ブラッド・ファクソン($1,221,822) 10
2014/08/14PGAコラム

29年目の大ベテランD.ラブIII「昔と今は別世界」

高校生プレーヤーを紹介するなど大幅な枠が設けられている。 「素晴らしいことだよ。グレッグ・ノーマン、フレッド・カプルス、ジョンデーリー、それに現代のスーパースターであるタイガー・ウッズやロリー
2013/10/25ヨーロピアンツアー公式

ガスリーが好調の米国勢を牽引

ノーボギーの7アンダー「65」でラウンドしたガスリーは、同じく風の強いコンディションをものともせずノーボギーの「68」でラウンドしたかつての全英覇者ジョンデーリーに3打差をつけて首位に立った
2015/07/28ヨーロピアンツアー公式

地元での栄冠を狙うローリー

」。 ローリーは大会開催とプロモーションのために活発な役割を果たし、彼同様にかつての「全英オープン」王者であるジョンデーリーを含む64選手がノックアウト方式の大会に出場する運びとなった。 ローリー
2014/06/24ヨーロピアンツアー公式

ケルンでの戴冠を目指すカイマー

。 また、米国の人気ゴルファー、ジョンデーリーが、彼同様にこの大会で優勝経験のあるニック・ドハティ、ニコラス・ファス、そしてデビッド・ホージーらと共にこの大会11回目の出場を果たすことになる。
2015/09/29ヨーロピアンツアー公式

スコットランドに再びスター選手が集結

のポール・ローリーは、今大会に出場するメジャー優勝経験者の一人だ。このほかに、スチュワート・シンク、ダレン・クラーク、ジョンデーリー、アーニー・エルス、パドレイグ・ハリントン、マルティン・カイマー