2011/12/08WORLD

【WORLD】T.レーマンが2011年賞金王獲得

ジョンクックのみで、賞金王の他、年間最優秀選手賞を獲得する可能性も浮上している。もし選手投票により年間MVPに選出されれば、ネイションワイド、PGA、そしてチャンピオンズツアーで同賞を獲得した史上初
2002/03/10

携帯電話全面禁止!

大詰め71ホール目に優勝争いをしていたジョンクックのスゥィングの最中に着信音が鳴ったことで、問題が大きく取りざたされるに至った。政策委員会のプレイヤー委員であるブラッド・ファクソンは言う。 「あの件で
2003/01/30ボブホープ・クライスラークラシック

B.ツエー、S.エイムスが首位。田中秀道は4アンダー34位スタート

・芸能のセレブ目当てに会場に押しかけたギャラリーが目立った。そのインディアンウェルズをラウンドした選手で最もスコアを伸ばしたのは、ベテランのジョンクックの8アンダーだった。しかし、他のコースでクック
2014/06/04PGAコラム

「全米オープン」の予選は非常にユニークな経験

。35才の彼は暫くの間ツアーでの活躍を見せていないが、今回、「全米オープン」への出場権を獲得したことで、米国ツアーへ返り咲く道筋を作りたいと願っている。J.B.ホームズも同様に参加が決まった。彼は数週間前
2011/10/28WORLD

【WORLD】カプルスがサンアントニオで完勝

ランクトップでプレーすることが決まった。 そしてピーター・シニア、ジョンクック、ラス・コクランの3人にも、数字的にはシュワッブカップを獲得するチャンスが残っている。賞金ランク26位でツアー通算45勝
2012/06/19モントリオール選手権

戦いの舞台をカナダに移し、J.クックが連覇に挑む

大会では、1打差を追う単独2位からスタートしたジョンクックが、最終日に逆転に成功、終わってみれば3打のリードを奪ってシーズン3勝目をマークした。そのクックをはじめ、賞金ランクトップを走るマイケル
2014/01/18PGAコラム

2日間の後半9ホールで「59」をマークしたのは?

ガン・ブラッドリーは最近、自身の友人ジェイソン・ダフナーを指導するチャック・クックを新たなスイングコーチとして迎えた。そんなブラッドリーは2日目を「66」でフィニッシュ。ニクラス・プライベートでの540
2020/08/09全米プロゴルフ選手権

2020年「全米プロ」組み合わせ&スタート時刻

1 11:50 3:50 ウェブ・シンプソンジョン・ラーム 1 12:00 4:00 パトリック・カントレーイアン・ポールター 1 12:10 4:10 ベルント・ヴィースベルガーマイク・ロレンゾベラ
2009/10/20AT&T選手権

J.クックが2週連続勝利&大会3連覇に挑む!

米国チャンピオンズツアー第24戦「AT&T選手権」が、10月23日(金)から25日(日)までの3日間、テキサス州にあるオークヒルズCCで開催される。 昨年は、2位タイで最終日を迎えたジョンクック
2014/04/20PGAコラム

ドナルドに好結果をもたらしているコーチ変更

ない。 ドナルドはハーバータウンGLでの3日目、この日のベストスコア「66」を記録し、2位のジョン・ハーに2打差をつけて単独首位に立った。 ドナルドにとっては2年ぶりにPGAツアーで優勝するチャンス
2014/07/02PGAコラム

トラックマンデバイスがゴルフを変える

クックが、iPadに表示されたトラックマンの数値をドナルドに大きな声で伝える姿が印象的だった。 今年に入ってからトラックマンを購入したドナルドは、「最近のゴルフはテクノロジーに頼る傾向が強くなって
2003/01/15ソニーオープンinハワイ

宮里優作が米ツアーでプロデビュー!

全米オープンでは初日に活躍するなど、米ツアー志向の強かった清田の動向も楽しみだ。 昨年は35歳のジェリー・ケリーが、猛追するジョンクックを1打差で振り切りツアー初優勝を果した。昨年は米ツアー史上最多となる18
2012/03/21WORLD

【WORLD】PGAツアーにも韓流旋風

人の韓国人ゴルファーが名を連ねた。またこの大会には、わずか5度目のツアーイベント出場となった「マヤコバクラシック」で優勝した韓国系アメリカン人ルーキーのジョン・ハーも出場していた。 1999年にQ
2002/05/15

目指せ「タイガー」!?PGAのフィットネス・ブーム

笑われるのがイヤになったんだよ。」 ジョンクック(PGA歴23年)「1989年にスランプになってそこから身体を鍛えようと決めたんだ。テニスのイワン・レンドルを見ていて、彼の強さがあの超人的な肉体で
2002/08/21リノタホオープン

初優勝か、それともベテランの久しぶりに優勝か!?

しまった。昨年この大会に優勝したジョンクックもディフェンディングチャンピオンという立場を捨て、招待試合に行ってしまったのだ。 そうなると、今週の試合は若手や優勝争いから遠ざかっているベテラン選手の