2024/07/03アジアン

2年ぶりのモロッコ開催 香妻陣一朗ら日本勢5人が参戦

ぶりにモロッコの首都ラバト近郊で4日(木)に開幕する。賞金総額は前回2022年大会よりも50万ドル増となる200万ドル(約2億2000万円)。 22年大会はタイのジャズジェーンワタナノンドが制した…
2024/02/16アジアン

金谷拓実は114位と出遅れ 関藤直熙が23位発進

・ロイヤルトゥルーン)の予選会を兼ねた2024年シーズン開幕戦の初日。ともに「62」をマークしたジャズジェーンワタナノンド(タイ)とビール・アハラワト(インド)が、9アンダーで首位に並ぶ好スタートを
2023/11/17アジアン

ガガンジート・ブラー暫定首位 第1Rは日没順延

2018年「マスターズ」王者パトリック・リード(米国)、2019年アジアンツアー賞金王ジャズジェーンワタナノンド(タイ)ら5人が続いている。 年間ポイントランキング1位のアンディ・オグルトゥリー(米国)は「74」とし、3オーバーの暫定117位と出遅れた。
2023/07/17全英オープン

「全英オープン」出場選手&資格

、アントワン・ロズナー、シャール・シュワルツェル 会場:ロイヤルポースコール ローリー・キャンター、オリバー・ファー、ジャズジェーンワタナノンド、ブランドン・ロビンソン・トンプソン、マシュー・サウス
2023/04/22国内男子

金谷拓実、星野陸也が首位と2打差で最終日へ

回り通算11アンダーとして、5位で出た金谷拓実とともに日本勢最上位の4位に浮上した。 ハーバートと並んで首位から出たジャズジェーンワタナノンド(タイ)は通算10アンダーの7位に後退した。 日本勢は
2023/04/15アジアン

海外2勝目へ金谷拓実が3打差首位浮上 久常涼17位

ジャズジェーンワタナノンド(タイ)と、ケビン・ユアン(オーストラリア)の2人がつけた。首位で出たジェーンワタナノンドは5バーディ、4ボギーの「71」でプレーした。 日本勢は金谷のほかに3人が決勝
2023/04/14アジアン

金谷拓実が「64」で2打差3位浮上 久常涼らも予選通過

」をマーク。通算11アンダー3位に浮上した。 通算13アンダーの首位には、この日「62」をたたき出したジャズジェーンワタナノンド(タイ)。1打差の2位にキーラン・ビンセント(ジンバブエ)が続いた
2023/03/26アジアン

競技は54ホールに短縮 22歳のコー・タイチが暫定首位

ジャズジェーンワタナノンド、スラジット・ヨンチャロエンチャイ(いずれもタイ)、ソ・ヨソプ(韓国)、日本ツアーメンバーのマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)の4人。いずれも序盤プレー中に中断となった
2023/03/12アジアン

浅地洋佑が1打差5位で最終日へ

通算15アンダーとし、ジャズジェーンワタナノンド(タイ)、セナッパ・チッカランガッパ(インド)、ザック・マレー(オーストラリア)とともに首位に並んだ。 6位で出たツアーメンバーの浅地洋佑は6バーディ
2023/03/11アジアン

浅地洋佑が6位に浮上し週末へ

「66」をマークして通算14アンダーとし、後続に2打差の単独首位に抜け出した。 通算12アンダーでジャズジェーンワタナノンド、キラデク・アフィバーンラトら地元タイ勢3人が追う。 浅地洋佑は13位から出て
2023/03/09アジアン

浅地洋佑が13位発進 首位と2打差に12人

たのは、ミゲル・タブエナ(フィリピン)とダッジ・ケマー(米国)。ともに8バーディ、ノーボギーの「64」をマークして首位タイで滑り出した。 8アンダー3位に、ツアー通算7勝のジャズジェーンワタナノンド
2022/12/04アジアン

スワンナラットがツアー初優勝「言葉にならない」

ジャズジェーンワタナノンドらと並ぶ通算12アンダー6位。 元世界ランキング1位のリー・ウェストウッド(イングランド)は「71」で回り、通算11アンダー9位で終えた。 アジアンツアーは2022年を今大会で締めくくり、今季2勝のキム・シバンが賞金タイトルを手にした。
2022/12/04アジアン

マクドウェルが暫定3位で最終日へ 首位はスワンナラット

獲得を目指す。 セン世昌(台湾)が11アンダーの暫定5位。元世界ランキング1位のリー・ウェストウッド(イングランド)が2ラウンド続けて「66」をマークし、プレー中のジャズジェーンワタナノンド(タイ)らと同じ10アンダー6位にいる。