2017/03/03WGCメキシコ選手権

首位に6人の大混戦 松山英樹は41位発進

◇米国男子◇WGCメキシコ選手権 初日(2日)◇チャプルテペクGC(メキシコ)◇7330yd(パー71) 首位に6人が並ぶ大混戦の幕開けとなった。フィル・ミケルソン、ライアン・ムーア、ジミー
2017/03/01佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑229>ブラント・スネデカー(後編)

トッド・アンダーソンだったが、14年後半からブッチ・ハーモンに師事した。13年にジミーウォーカーが、ハーモンに師事してから快進撃を続け、フィル・ミケルソンは43歳で、全英オープン優勝を飾るなど
2017/02/22佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑228>ブラント・スネデカー(前編)

による悪天候で、多くの選手がスコアを崩した。だがスネデカーは最終日を「69」として、通算6アンダーでホールアウト。荒天で試合は中断し、翌月曜日に順延となった。その時点で、首位は10番を終えたジミー
2017/02/14ジェネシスオープン

松山英樹ら世界トップ10の8人が出場 石川遼は奮起なるか

。前身の「ノーザントラストオープン」から新たなメインスポンサーを迎え、ロサンゼルス近郊の会場には例年以上に厚いフィールドが整った。 世界ランキング1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)をはじめ、トップ
2017/01/24ファーマーズインシュランスオープン

ウッズが1年5カ月ぶりにツアー復帰 松山英樹&石川遼が出場

ジェイソン・デイ(オーストラリア)がエントリー。ダスティン・ジョンソン、ジミーウォーカーといった昨年のメジャーチャンピオンも参戦する。 日本勢は松山英樹が2週ぶりに出場。米本土での出場は昨年9月の
2017/01/08SBSトーナメントofチャンピオンズ

松山英樹、日本勢最多勝へ単独2位 首位と2打差

競技の「ヒーローワールドチャレンジ」を含む)で勝利を重ね、出場試合3連勝と好調を維持している。 通算14アンダー3位にはジミーウォーカー、ライアン・ムーア、ウィリアム・マクガートの3選手が並んだ。
2017/01/07SBSトーナメントofチャンピオンズ

42インチ1Wで400yd超えも!飛ばし屋たちの2017年初戦

て通算9アンダーの6位タイの好位置につける松山英樹は、283ydとして13位にいる。 また、2日目を終えて最長飛距離を記録したのは、3位タイで大会を折り返したジミーウォーカー。平均飛距離は278.8
2017/01/07SBSトーナメントofチャンピオンズ

松山英樹が6位 首位と3打差で週末へ

ジャスティン・トーマスの2選手が通算12アンダーで首位に並んだ。 首位から出たジミーウォーカーは通算11アンダー3位に一歩後退。この日のベストの「65」を出した世界ランク8位のパトリック・リードが並んだ
2017/01/07SBSトーナメントofチャンピオンズ

【速報】松山英樹が首位タイで後半へ!5バーディを量産

追ってティオフした松山英樹は、前半9ホールで5バーディを量産した。通算9アンダーとしてジミーウォーカージャスティン・トーマスと暫定首位で並んでいる。 残り86ydの2打目を約3.5mに置いた3番(パー
2017/01/06SBSトーナメントofチャンピオンズ

松山英樹 17年初戦で7位発進!首位に4打差

優勝者32選手による戦いで再開した。1イーグル、6バーディ「65」でプレーしたジミーウォーカーが8アンダーとして、単独首位で発進した。 2打差の6アンダーとしたのはジム・ハーマン、ジャスティン
2017/01/06SBSトーナメントofチャンピオンズ

【速報】松山英樹が4アンダー、17年初戦で上々のスタート

を獲ると、2オンした5番(パー5)で2つ目のバーディを奪取した。 後半14番で1.2mにつけると、続く15番(パー5)でも90cmによせて連続バーディで、さらに伸ばした。 昨年の「全米プロゴルフ選手権」で優勝したジミーウォーカー
2017/01/03SBSトーナメントofチャンピオンズ

松山英樹の2017年初戦!デイ、スピースらと激突

。昨年10月に開幕した2016-17年シーズンの8戦目。16年に優勝した選手のみが出場を許され、松山英樹、前年覇者のジョーダン・スピース、世界ランク1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)ら32人が
2016/12/30ヨーロピアンツアー公式

「俺は引退?」38歳が見せたドン底からの逆転劇

「俺はこのまま続けて行けるのか?通用するのか?引退すべきじゃないのか?」 この夏、サム・ウォーカーがこのように自問していたというのは、信じ難い話しである。何しろ、彼は今、人生で最も好調な時期を送って
2016/12/29ヨーロピアンツアー公式

ワールドランクから見る今年のゴルフ界

・ジョンソン 2. ジェイソン・デイ 3. ヘンリック・ステンソン 4. ダニー・ウィレット 5. ジミーウォーカー 6. 松山英樹 7. アダム・スコット 8. ジョーダン・スピース …