2003/07/04第100回ウェスタンオープン

タイガーいきなり単独首位!日本勢も好スタート!

「FedEx セントジュードクラシック」で20位に入り久しぶりに賞金を稼いでいる。 さらに1打差の7アンダーには、2週連続優勝を狙うデビッド・トムズ、6アンダーにはディフェンディングチャンピオンのジェリー
2003/07/02

米ツアー2004年からドライバーテスト開始

が自信をもってプレーできる状態にしたいと思う」 04年1月からは米ツアーのすべてのトーナメントでドライバーのCORテストが開始されるが、これは強制ではなく選手達の要求に応じて行われる。 ジェリー
2003/07/01第100回ウェスタンオープン

タイガー、シーズン4勝目は逃げ切り完全優勝!!

したジム・フューリックが並んだ。フューリックは最終日に7ストローク伸ばし16位から食い込んできた。同じく3位には、ディフェンディングチャンピオンのジェリーケリーも加わっている。 期待の日本勢は、初日
2003/03/27ザ・プレーヤーズ選手権

準メジャー前日 選手達は何を思う!?

タイガーの踵くらいには近づいたけど、反対に蹴り返された感じだった。他の選手の問題ではなく、タイガーに才能がありすぎるからだ」 ジェリーケリー 「問題は我々でしょう?誰かがタイガーに勝てればいいんだ
2003/03/15ザ・ホンダクラシック

N.ビゲイIIIが首位キープ。田中、貞方もスコアを伸ばした

スタートしたジェリーケリーだった。前半30ストロークで折り返し、後半も4つのバーディを奪い、この日だけで10ストロークも伸ばした。通算12アンダーの6位に浮上し、優勝争いに加わってきた。 久保谷以外の
2003/03/01WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

本気モード突入!!タイガー7&6で準々決勝に進出

対戦する。タイガーと直接対決が期待されたフィル・ミケルソンは、ジェリーケリーに3アンド2で敗退してしまった。 タイガーと反対側のブロックでは、2000年にこの大会で優勝したダレン・クラークの名前が記し
2003/03/01WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

本気モード突入!!タイガー7&6で準々決勝に進出

対戦する。タイガーと直接対決が期待されたフィル・ミケルソンは、ジェリーケリーに3アンド2で敗退してしまった。 タイガーと反対側のブロックでは、2000年にこの大会で優勝したダレン・クラークの名前が記し
2003/02/18WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

WGCマッチプレー参戦者決まる

は今回は45位でランクインしジェリーケリーと対戦する。今季絶好調の若手トレバー・イメルマンは51位にランクインし初戦でニック・プライスと。日本からは丸山茂樹以外に、56位に片山晋呉。一方、55位の
2003/01/16

世界で活躍する日本選手たち

810万ドル 形式/4日間、72ホール、156名参加 48試合中の 2試合目 昨年の記録/ジェリーケリーがプレーオフの末 ジョン・クックを破り、ツアー初優勝を飾った。 昨年の優勝スコアーは14
2003/01/16ソニーオープンinハワイ

ソニーオープンプレビュー

昨年のディフェンディングチャンピオン、ジェリーケリーを始め、28人が先週の「メルセデス選手権」から継続してハワイの試合に参戦。他130名近くの「ソニーオープン」を開幕試合とする選手たちより、1週間
2003/01/15ソニーオープンinハワイ

宮里優作が米ツアーでプロデビュー!

全米オープンでは初日に活躍するなど、米ツアー志向の強かった清田の動向も楽しみだ。 昨年は35歳のジェリーケリーが、猛追するジョン・クックを1打差で振り切りツアー初優勝を果した。昨年は米ツアー史上最多となる18
2002/12/24マスターズ

2003マスターズからの招待状

ルビー、S.エルキントン ■2002年度全米プロ4位タイまでの選手 クリス・ライリー、フレッド・ファンク、ジャスティン・レナード ■2002年度米国男子ツアー賞金ランキング40位までの選手 ジェリー
2002/11/04ザ・ツアー選手権

PGA「ツアー選手権」最終日

なく終わった。 首位のシンだが、序盤は少々苦しみながらも7番パー4で、際どいパーパットを上手く沈め8アンダーをキープ。リズムを取り戻した。そのシンを脅かしたのはジェリーケリーだった。まずは148
2002/10/25ライダーカップ

サットン主将へ各選手からコメント

8位 ロコ・メディエイト 9位 ジェリーケリー 10位 ジム・フューリック *選抜メンバーが決定するのは、2年後の全米プロ選手権直後となる
2002/10/22ウォルトディズニーワールドリゾート・ゴルフクラシック

今季16人目!「初優勝者」大漁の2002

16人目を記録し、まさにブームと化した2002年の「初優勝」の流れは1月のジェリーケリーから始まった。 ジェリーケリー(ソニー・オープン優勝) 「僕が初優勝ブームへの扉を開いた感じかな…
2002/09/23WGC アメリカンエキスプレス選手権

強豪選手の猛追! しかし、タイガーは1打差で逃げ切った!!

ホールアウトした。このとき、最終組でプレーするタイガーは、まだ6番ホールを終えたばかりで、3つ伸ばして22アンダー。2位のジェリーケリーに続き、ガルシアは3位まで浮上していた。 しかし、この最終日は
2002/09/23WGC アメリカンエキスプレス選手権

「WGC-AMEX選手権」最終日

):ビジェイ・シン(65) 4位タイ(-20):ジェリーケリー(66)、デイビッド・トムズ(66) 6位(-19):スコット・マッキャロン(67) 7位(-18):セルヒオ・ガルシア(62)