2004/03/09ライダーカップ

米国ライダーカップの主将サットンが始動!?

:デビッド・トムズ 7位:クリス・ライリー 8位:ジョナサン・ケイ 9位:チャド・キャンベル 10位:ジェリーケリー 11位:クリス・ディマルコ 12位:ジェイ・ハース
2004/01/22ボブホープ・クライスラークラシック

今年も好スコア続出!アンダーパーが94人

1つだ。さらに1打差の7アンダーに実力ある3選手がつけている。昨年の大会で2位に入ったベテランのジェイ・ハースとジャスティン・レナード、ジェリーケリーの3人だ。 上位に食い込むにはスコアを崩さない
2002/09/23WGC アメリカンエキスプレス選手権

強豪選手の猛追! しかし、タイガーは1打差で逃げ切った!!

ホールアウトした。このとき、最終組でプレーするタイガーは、まだ6番ホールを終えたばかりで、3つ伸ばして22アンダー。2位のジェリーケリーに続き、ガルシアは3位まで浮上していた。 しかし、この最終日は
2002/09/23WGC アメリカンエキスプレス選手権

強豪選手の猛追! しかし、タイガーは1打差で逃げ切った!!

ホールアウトした。このとき、最終組でプレーするタイガーは、まだ6番ホールを終えたばかりで、3つ伸ばして22アンダー。2位のジェリーケリーに続き、ガルシアは3位まで浮上していた。 しかし、この最終日は
2003/07/01第100回ウェスタンオープン

タイガー、シーズン4勝目は逃げ切り完全優勝!!

したジム・フューリックが並んだ。フューリックは最終日に7ストローク伸ばし16位から食い込んできた。同じく3位には、ディフェンディングチャンピオンのジェリーケリーも加わっている。 期待の日本勢は、初日
2003/07/07第100回ウェスタンオープン

タイガー、シーズン4勝目は逃げ切り完全優勝!!

したジム・フューリックが並んだ。フューリックは最終日に7ストローク伸ばし16位から食い込んできた。同じく3位には、ディフェンディングチャンピオンのジェリーケリーも加わっている。 期待の日本勢は、初日
2004/01/27ボブホープ・クライスラークラシック

「ボブ・ホープ」の名は永久に不滅!?

がありますし、またホープ家ともこの大会は今後もチャリティ大会として残し、またボブ本人から彼の名前を残すように頼まれていますから、変わることはありません」 ジェリーケリー 「もしこの大会からボブ
2002/09/21WGC アメリカンエキスプレス選手権

連日の65、通算14アンダーでタイガーの独走となるのか!?

ストロークでラウンド。これで通算14アンダー、2位のジェリーケリーに2打差をつけている。 この日のタイガーは、前日同様ドライバーでフェアウェイキープしたのは半分だけ。しかし、アイアンショットや、アプローチ
2002/09/21WGC アメリカンエキスプレス選手権

連日の65、通算14アンダーでタイガーの独走となるのか!?

ストロークでラウンド。これで通算14アンダー、2位のジェリーケリーに2打差をつけている。 この日のタイガーは、前日同様ドライバーでフェアウェイキープしたのは半分だけ。しかし、アイアンショットや、アプローチ
2003/01/15ソニーオープンinハワイ

宮里優作が米ツアーでプロデビュー!

全米オープンでは初日に活躍するなど、米ツアー志向の強かった清田の動向も楽しみだ。 昨年は35歳のジェリーケリーが、猛追するジョン・クックを1打差で振り切りツアー初優勝を果した。昨年は米ツアー史上最多となる18
2002/07/07アドヴィル・ウェスタンオープン

ロバート・アレンビーが7ストローク伸ばして首位に浮上した

チャージを賭けている。 また、12アンダーにはボブ・エステスとジェリーケリーの2人。さらに、11アンダー5位にはデービス・ラブIIIと前日まで首位に立っていたジョン・クックが並んでいる。この4人は現在の
2004/02/24WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

WGC「アクセンチュア・マッチプレー」組み合わせ

(10) ジョナサン・バード(3)vsダフィー・ウォルドーフ(14) クリス・ライリー(6)vsイアン・ポールター(11) 【プレーヤー・ブラケット】 ビジェイ・シン(1)vs片山晋呉(16) ジェリー
2009/04/27チューリッヒクラシック

J.ケリー、辛くも逃げ切り7年ぶりの歓喜!

ルイジアナ州のTPCルイジアナで開催されている、米国男子ツアー第16戦「チューリッヒクラシック」の最終日。ジェリーケリーが通算14アンダーとして、2002年以来となるツアー優勝を手に入れた。 2位
2004/02/05AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ

PGAツアー「AT&Tペブルビーチ・プロアマ」プレビュー2

選手やギャラリーの熱気は冷めない。 ジェリーケリー 「みんな濡れて寒くなるのは分かってるさ。でもそれでも大丈夫。みんなこの大会が好きだからね。雨が降らないといいな、なんて願うだけ無駄。いつも降られる
2003/09/1984 ランバークラシック of ペンシルベニア

ランキング200位以下の選手が上位を独占!!

、ルーク・ドナルド、ジェリーケリーなど14人が並ぶ大混戦。さらに1打差の4アンダー20位も16人という状態になっている。この16人の中に日本の丸山茂樹と田中秀道が含まれている。4位、5位と2週連続で好