2013/07/14PGAコラム

サマーヘイズ、ツアー初勝利なるか?

ますよ。なるべくたくさんバーディを獲って、あとの結果はお楽しみってことでしょうか」と、ハーンは明日の抱負を語った。 明日の最終日、ベテランのJ.J. ヘンリーとジェリーケリーは首位と4打差のポジション
2014/07/13PGAコラム

イーグル量産、上位に躍り出た「最強の1組」

。単独3位のブラウンは、過去に「ジョンディアクラシック」で3連覇を果たしたスティーブ・ストリッカーを1打差で追う。4位タイには、ザック・ジョンソンとウィリアム・マガート、ジェリーケリーがつけている
2014/07/22PGAコラム

パワーランキング:RBCカナディアンオープン

「全英オープン」では7位タイだった。世界各地での直近10試合のうち6試合でトップ20入り。平均スコアでは15位だ。 9位:ジェリーケリー 「ジョンディアクラシック」を3位タイで終えてから休暇に入っていた
2002/12/24マスターズ

2003マスターズからの招待状

ルビー、S.エルキントン ■2002年度全米プロ4位タイまでの選手 クリス・ライリー、フレッド・ファンク、ジャスティン・レナード ■2002年度米国男子ツアー賞金ランキング40位までの選手 ジェリー
2002/01/31AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ

「AT&Tペブルビーチ・プロアマ」プレビュー

ジェリーケリー「ホッケー・ステッキを忘れたよ(笑)。ゴルファーになる前はホッケー選手だったからね、雪をみるとついゴルフクラブよりもホッケー・ステッキが恋しくなる。寒さに強いからいつも半袖の僕だけど、今日は
2003/11/28

南アフリカ「ネッドバンク・チャレンジ」初日

で回るスティーブン・リーニーも周囲に触発されて、4番パー3のティショットをピン横30センチにつけてバーディ。ジェリーケリーも5番パー4の2打目をピン手前30センチにつけバーディで3アンダーにするなど
2003/01/16ソニーオープンinハワイ

ソニーオープンプレビュー

昨年のディフェンディングチャンピオン、ジェリーケリーを始め、28人が先週の「メルセデス選手権」から継続してハワイの試合に参戦。他130名近くの「ソニーオープン」を開幕試合とする選手たちより、1週間
2014/01/12PGAコラム

混戦の中でC.カークが単独首位に浮上

だけ多くのバーディを取りに行く」 「ソニーオープン」優勝経験者のジェリーケリー(66)、ジミー・ウォーカー(67)は「200」の通算10アンダーで4位タイ。「201」で続くのはロバート・アレンビー
2011/08/12全米プロゴルフ選手権

日本勢は苦戦! 首位にS.ストリッカー、タイガーは129位

マークしたスティーブ・ストリッカー。悲願のメジャー初制覇に向け、絶好のスタートを切っている。 5アンダーの単独2位には、44歳のベテラン、ジェリーケリー。4アンダーの単独3位にショーン・ミキール、3
2011/08/12全米プロゴルフ選手権

日本勢は苦戦! 首位にS.ストリッカー、タイガーは129位

マークしたスティーブ・ストリッカー。悲願のメジャー初制覇に向け、絶好のスタートを切っている。 5アンダーの単独2位には、44歳のベテラン、ジェリーケリー。4アンダーの単独3位にショーン・ミキール、3
2005/08/09全米プロゴルフ選手権

メジャー史上最長ホールに選手たちはどう挑む!?

タイガーは今週優勝争いを見せてくれるのだろうか? ジェリーケリー 「このコースは二人の為に作られたも同然です」 マーク・ヘンズビー 「二人を倒す為には極端にいいプレーをしないとダメでしょうね。あれだけ飛
2016/08/05トラベラーズ選手権

岩田寛は94位出遅れ 49歳のJe.ケリーら3人首位

ジェリーケリーの3人。いずれも「64」と伸ばし、6アンダーで首位に並んだ。 ケリーは今年11月にシニア入りを迎える49歳のベテラン。レギュラーシーズンも残り3試合に迫る中、フェデックスランクは138位
2002/11/04ザ・ツアー選手権

PGA「ツアー選手権」最終日

なく終わった。 首位のシンだが、序盤は少々苦しみながらも7番パー4で、際どいパーパットを上手く沈め8アンダーをキープ。リズムを取り戻した。そのシンを脅かしたのはジェリーケリーだった。まずは148
2014/01/13PGAコラム

J.ウォーカー、後半の猛攻で優勝

し、単独2位で最終日を終えた。 単独3位にはジェリーケリーが入り、イングリッシュは14番のボギーから変調したリズムを立て直せず、ラスト3ホールで1バーディも取れずに「67」で終え、単独4位となった
2004/08/12全米プロゴルフ選手権

全米プロインタビュー/地元出身ケンドール「雰囲気が違う」

、グリーンに歩いて行く時も、フェアウェイを歩いていると、観客がすごく盛り上がっていて驚いてます。ジェリーケリーと僕だけしかウィスコンシン人はいないと思うんですが、ここまでの温かい声援をもらえるとは