2019/12/03日本シリーズJTカップ

今平周吾が最終戦で2年連続賞金王へ 小平智は連覇に挑戦

、ブラッド・ケネディ、マシュー・グリフィン、ジェイビークルーガー、アンソニー・クウェイル、小平智 <「ゴルフ日本シリーズJTカップ」出場資格> (1)前年度ゴルフ日本シリーズJTカップ優勝者 (2)本
2013/11/25南アフリカオープン選手権

マドセンが南アフリカ勢を振り切ってツアー初勝利

位は、1イーグル、7バーディ、2ボギーと7ストローク伸ばす猛チャージをかけたジェイビークルーガーとヘンニー・オットーの南アフリカ勢2人。 同じく、地元の声援を受けて首位からスタートしたチャール
2017/01/22SMBCシンガポールオープン

50歳の鉄人マークセンが17年初戦を制す 20歳・星野が2打差6位

覇者のソン・ヨンハン(韓国)、17歳のパチャラ・コンワットマイ(タイ)、ジュビック・パグンサン(フィリピン)、欧州ツアー1勝のジェイビークルーガー(南アフリカ)が通算8アンダー2位で並んだ。 昨年末
2015/01/09南アフリカオープン選手権

エルスが母国で3位発進 首位タイにクルーガー

◇欧州男子◇南アフリカオープン選手権 初日◇グレンダワーGC(南アフリカ)◇7564yd(パー72) 2015年の初戦は、昨年12月に開幕した新シーズンの3試合目。2位で前回大会を終えたジェイビー
2016/01/08BMW南アフリカオープン

南アフリカ勢が好スタート 暫定首位にJ.バンジル

キース・ホーンとジェイビークルーガーが続き、上位4選手を南アフリカ勢が独占した。 大会ホストを務めるアーニー・エルス(南アフリカ)は1オーバーの暫定65位と静かな滑り出し。前年覇者のアンディ・サリバン
2017/01/15BMW南アフリカオープン

パー4イーグルで魅せた マキロイが3差の2位で最終日へ

。第3ラウンドは1イーグル5バーディ、2ボギー「67」でプレー。7番(パー4)では3mのバックスピンをかけてイーグルを決めた。 地元・南アフリカのジェイビークルーガーらが通算13アンダー3位につけた。前年覇者のブランドン・…
2015/11/20リゾートワールド・マニラマスターズ

谷昭範が2打差の6位に浮上 川村昌弘は10位で決勝へ

、通算8アンダーの6位に浮上。首位争いに名乗りを挙げて、首位と2打差で決勝ラウンドを迎える。 通算10アンダーで首位に並ぶのは、ホン・チェンヤオとチェポ・リー(ともに台湾)、ジェイビークルーガー
2017/01/14BMW南アフリカオープン

「63」のストームが暫定首位 マキロイは3打差5位

。ホールアウトした選手では、「63」を出して通算12アンダーのグレーム・ストーム(英国)が暫定首位となっている。 2打差の暫定2位には、ピーター・ユーラインと南アフリカ勢のジェイビークルーガー、トレバー
2015/11/21リゾートワールド・マニラマスターズ

谷昭範は6位→24位 川村昌弘10位→32位に大きく後退

プレーして通算14アンダーとし、単独首位に立った。1打差の2位にジェイビークルーガー(南アフリカ)、通算11アンダーの3位にチェポ・リー(台湾)と同じく首位タイから出た2人が続いている。 通算10
2017/01/21SMBCシンガポールオープン

スコット、タイの17歳ら暫定首位 谷原、小平が1打差5位

・サンヒョン(韓国)、欧州ツアー1勝のジェイビークルーガー(南アフリカ)ら5選手が暫定7位につけた。 「67」で回った稲森佑貴は、前年覇者のソン・ヨンハン(韓国)らと並び通算5アンダー暫定12位となった。 第3ラウンドの残…
2019/09/22シンハン ドンヘ オープン

「勝ちたかった」今平周吾はフェアウェイキープに苦戦

な風にも翻弄された。 史上初の日・韓・亜3ツアー共催競技で4日間をアジア選手と堂々戦い抜いた。優勝したのは、欧州ツアーやアジアンツアーを主戦場とするジェイビークルーガー(南アフリカ)だ。自身のプレー
2017/01/26レオパレス21ミャンマーオープン

矢野東が首位タイスタート 1打差3位に42歳・井上信

3位に42歳の井上信、2010、15年の国内ツアー賞金王のキム・キョンテ(韓国)、ハン・ジュンゴン(韓国)、欧州ツアー1勝のジェイビークルーガー(南アフリカ)ら7選手。宮里優作が4アンダー10位
2019/09/23世界ランキング

ジョン・ラームがトップ5入り 松山は26位/男子世界ランク

ランクアップして108位に浮上。プレーオフで敗れたイム・ソンジェ(韓国)が前週54位から47位に上げた。 日韓亜ツアー共催の「シンハン ドンヘ オープン」で日本ツアー初優勝を果たしたジェイビークルーガー
2017/09/22ダイヤモンドカップ

高山忠洋が6打差トップの独走状態 2位に今平ら

不安。リセットして臨みたい」と慎重な構えを崩さなかった。 2位に今平周吾、プーム・サクサンシン(タイ)、ジェイビークルーガー(南アフリカ)の3人がつけた。 賞金ランク2位の宮里優作は通算2アンダーの
2019/09/21シンハン ドンヘ オープン

今平周吾が2打差2位で最終日へ 首位にビンセント

の「68」でプレーし、通算11アンダーで単独首位を守った。 今季初優勝を目指す、昨季の国内ツアー賞金王・今平周吾は6バーディ、3ボギーの「68」でプレーし、カン・スンフン(韓国)、ジェイビー
2019/09/29パナソニックオープン

武藤俊憲が独走で4年ぶり勝利 今平周吾2位、石川遼3位

・ジェーンワタナノンド(タイ)が続いた。 前週の「シンハン ドンヘ オープン」を制したジェイビークルーガー(南アフリカ)は通算12アンダーの5位。前年覇者のラヒル・ガンジー(インド)は通算1アンダーの50位で終えた。