2021/02/23

ゴルフきょうは何の日<2月23日>

2014年 ジェイソンデイがWGC初制覇 世界ランク上位64人が集結した「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」で、当時26歳のジェイソンデイ(オーストラリア)が5日間6試合にわたる…
2021/02/18ジェネシス招待

あと6勝…アダム・スコットが狙うは永久シード

にとって不利に働く」。時間との戦いにもなることも理解している。 これから数年の間に、一気にピークを持っていきたい考え。「ブルックス・ケプカやダスティンのように5年、6年と継続的に勝つ選手を何人も見てきたが、ジェイソンデイは…
2020/11/17ザ・RSMクラシック

歴代覇者の半数が初優勝者 小平智が出場

)のほか、トミー・フリートウッド、ジャスティン・ローズ(ともにイングランド)、ジェイソンデイ(オーストラリア)がエントリーした。日本勢は小平智が出場。前年大会は74位だった。
2020/11/08ビビント ヒューストンオープン

松山英樹5打差8位で最終日へ S.バーンズが首位守る

プレーし、通算9アンダーとして単独首位をキープし最終日を迎える。 1打差2位で2018年5月以来の復活優勝を狙うジェイソンデイ(オーストラリア)と、カルロス・オルティス(メキシコ)が続いた。新型
2020/11/07ビビント ヒューストンオープン

S.バーンズ「65」で単独首位 小平智21位 松山英樹26位

(南アフリカ)のみ最終9番(パー3)のプレーを終えられず、日没サスペンデッドとなった。 ジェイソンデイ(オーストラリア)、カルロス・オルティス(メキシコ)が2打差2位。 初日単独首位のブラント・スネデカーは
2020/11/06マスターズ

2020年「マスターズ」出場選手&資格

) シェーン・ローリー フランチェスコ・モリナリ ヘンリック・ステンソン 4.全米プロの優勝者(2015年- 2019年) ジェイソンデイ ジャスティン・トーマス ジミー・ウォーカー 5…
2020/11/06ビビント ヒューストンオープン

スネデカーが単独首位 松山英樹と小平智は暫定29位スタート

して5アンダーの単独首位発進を決めた。日没サスペンデッドで9人がホールアウトできなかった。 1打差にジェイソンデイ(オーストラリア)、昨季新人王のスコッティ・シェフラー、ハロルド・バーナーIIIら6
2020/10/26ZOZOチャンピオンシップ

小平智、今平周吾は最終日に失速 次の戦いも米国で

。 この日はジェイソンデイ(オーストラリア)、コリン・モリカワといったメジャー王者とのグルーピング。「楽しく回れましたけど、結果が良くなかったので悔しかった。コリンとはあまり飛距離も変わらず(大切なのは