2019/11/15VISA太平洋マスターズ

正岡竜二とY.E.ヤンが首位浮上 石川遼は2週連続予選落ち

、通算6アンダーでY.E.ヤン(韓国)と並んで首位に浮上した。 通算4アンダー3位に時松隆光、ショーンノリス(南アフリカ)、パク・サンヒョン(韓国)の3人。首位から出た宮里優作は「72」とし、嘉数光倫
2019/11/16VISA太平洋マスターズ

アマチュアの金谷拓実が単独首位 2打差4位に池田勇太

、首位スタートから一歩後退したY.E.ヤン(韓国)とショーンノリス(南アフリカ)。通算6アンダーの4位に、「66」をマークした池田勇太が浮上した。 通算5アンダーの5位に、大会2勝の片山晋呉、時松隆光
2019/11/05HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

宮里優作が帰国参戦 賞金レースは残り5戦

舞台に7日(木)に開幕する。賞金総額2億円、優勝賞金4000万円をかけて争われる。 前年大会は単独首位から最終日をスタートしたショーンノリス(南アフリカ)が1イーグル、1バーディの「69」とし、通算
2019/10/17ZOZOチャンピオンシップ

堀川未来夢が「ZOZOチャンピオンシップ」出場権獲得

8位のショーンノリス(南アフリカ)までが出場権を手にしていた。 堀川は7月の世界ゴルフ選手権シリーズ「WGCフェデックス セントジュード招待」以来の米ツアー出場になる。 <以下ZOZO
2019/10/13ブリヂストンオープン

大槻智春が初の米ツアー出場 “ZOZO争い”は波乱少なく

選手が獲得した(2位から石川遼、ジャズ・ジェーンワタナノンド、浅地洋佑、パク・サンヒョン、星野陸也、チャン・キム、ショーンノリス)。36ホール競技に短縮されたためランキング加算の賞金額が50%に減額
2019/10/20日本オープン

【速報】第3ラウンド完了 塩見好輝が4差首位で最終ラウンドへ

マークした。最終ラウンドを通算6オーバーの21位タイからスタートさせる。 〈第3ラウンド終了時の上位陣の成績〉 1/-3/塩見好輝 2T/+1/スコット・ビンセント、堀川未来夢、比嘉一貴 5T/+2/香妻陣一朗、市原弘大、ショーンノリス、今平周吾
2019/10/10ブリヂストンオープン

今平周吾が首位スタート 石川遼23位

)、ポール・ピーターソン(米国)、アマチュアの宇喜多飛翔(岡山・関西高3年)の5人が続く。 前週「トップ杯東海クラシック」を制したショーンノリス(南アフリカ)は3アンダーの10位。賞金ランキングトップ
2019/10/08ブリヂストンオープン

「ZOZO」出場権かけた決戦 今平周吾は今季初勝利なるか

シーズン初勝利を狙う。 前週「トップ杯東海クラシック」で今季初勝利を挙げたショーンノリス(南アフリカ)が賞金ランクで20位から8位に浮上し、米ツアー出場をかけた争いに加わった。ブリヂストンの主催大会で
2019/09/18佐藤信人の視点~勝者と敗者~

日米ツアー優勝者に見るアマチュア時代の大事な“勝ち癖”

選手、ショーンノリス選手(南アフリカ)がミスした後に放った第2打の場面でも、普段と変わる様子もなく左1mにつけました。ウィニングパットは決して簡単ではなく、外せばボールが転がっていくようなラインでし
2019/10/08世界ランキング

松山英樹は28位で変わらず 石川遼はトップ100圏外へ

は1つ下がり9位となった。同大会を16位で終えた松山英樹はランク28位を維持した。 国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」を制したショーンノリス(南アフリカ)が前週150位から115位に浮上した
2019/10/03トップ杯東海C

堀川未来夢と比嘉一貴が首位発進 石川遼は4打差18位

「67」をマークし、4アンダーの首位発進を決めた。 1打差の3アンダー2位タイに賞金ランキング2位の今平周吾のほか、池田勇太、ショーンノリス(南アフリカ)、2014年大会で日本ツアー唯一の勝利を挙げ
2019/09/27パナソニックオープン

首位浮上のガンジー「ぼくはパナソニックが好きだけど…」

堪能したという。また、今年に入って肉好きのショーンノリス(南アフリカ)とともに焼肉を食べることが増えたといい「少しコレステロールの問題があるかも…」と苦笑する。 今季は6度の予選落ち、トップ10
2019/10/04トップ杯東海C

今平周吾が堀川未来夢に並び首位に 石川遼は後退52位

回り、通算6アンダーとして堀川未来夢と並んで首位に浮上した。 1打差の2位にショーンノリス(南アフリカ)。初日首位だった比嘉一貴は「71」とスコアを伸ばせず、4アンダー4位に後退した。トップから3打
2019/09/12ANAオープン

今平周吾、星野陸也ら4人が首位発進 石川遼は42位

。6アンダーとして、星野陸也、出水田大二郎、時松隆光と並び首位発進した。 1打差の5位にショーンノリス(南アフリカ)がつけた。2打差の6位にポール・ピーターソン、ハン・リー、ピーター・カーミス
2019/09/15ANAオープン

浅地洋佑がツアー最多5人のプレーオフを制す

)、ショーンノリス(南アフリカ)と首位に並んでホールアウト。浅地はプレーオフの1ホールに1mのチャンスにつけて、唯一のバーディを奪った。 通算14アンダーの6位に、石川遼、梁津萬(中国)、ガン