2015/11/08パナソニックオープン インディア

地元インドのチラフ・クマールが初優勝 谷昭範は49位

決めた。 通算10アンダーの2位でタワン・ウィラチャン(タイ)、シディクールラーマン(バングラデシュ)が続いた。 日本勢として唯一出場した谷昭範は3バーディ、6ボギーの「75」で通算5オーバーの49位に終わった。
2014/11/09パナソニックオープン インディア

地元インドのチョウラシアが逆転でツアー3勝目 谷昭範が5位

ボギー「68」とスコアを伸ばして通算10アンダーでホールアウト。プレーオフ進出には2打及ばなかったが、5位タイに食い込んだ。 谷と並ぶ5位にはアンホー・パーク(オーストラリア)、シディクールラーマン(バングラディシュ)の2…
2018/10/26パナソニックオープン インディア

タイの19歳が単独首位 新木16位、長谷川は92位

前にツアー初勝利を飾った)ティラワットはツアーでのルームメイト。彼のパキスタンでの優勝は自分へのモチベーションと刺激になった」と、自身初のツアー優勝を目指している。 1打差の2位には、シディクール
2011/04/24インドネシアン・マスターズ

L.ウェストウッドが、誕生日に自らを祝う優勝!

、世界ランク上位が大きく入れ替わる可能性が出てきた。 単独2位には、通算16アンダーのトンチャイ・ジェイディ(タイ)、3位タイには、ボス・マーカス(オーストラリア)、シディクールラーマン
2014/04/30ザ・選手権

舞台はシンガポールへ 今週も小林正則、川村昌弘が出場

果たした。 連覇を狙うラムフォードをはじめ、先週の「ボルボ中国オープン」を最終日最終ホールでのイーグルで逆転優勝を果たしたアニルバン・ラヒリ(インド)やシディクールラーマン(バングラディシュ)などアジア
2014/02/28セイルSBIオープン

谷昭範は8位、川村昌弘は34位で決勝Rへ R.カーンが首位堅守

決勝ラウンドの2日間を戦う。 通算10アンダーの2位にはシディクールラーマン(バングラデッシュ)、ウンホ・パーク(オーストラリア)、ミーサン・ペレーラ(スリランカ)の3選手。昨年覇者のアニルバン
2014/05/18ICTSI フィリピンオープン

片岡大育がトップ10フィニッシュ M.ボスが逆転優勝

」で回り、2位に2打差をつける通算6アンダーで逆転勝利。2009年「ジョニーウォーカー カンボジアンオープン」以来5シーズンぶりとなるツアー通算3勝目を飾った。 通算4アンダーの2位にシディクール
2016/05/16アフラシアバンク・モーリシャスオープン

20歳のワン・ジョンフンが2週連続V 最終ホールで勝負決める

していたシディクールラーマン(バングラデシュ)が2ホールで3打落とす失速。ワンは最終ホールでバーディを奪い勝負を決めた。ラーマンは2位となった。 3位にはニコラス・コルサーツ(ベルギー
2014/03/12ソレイルオープン

舞台はフィリピンへ アジア第2戦に平塚哲二ら日本勢8人出場

シディクールラーマン(バングラデシュ)ら計24ヶ国から150選手がエントリー。 国内男子ツアー開幕前の日本からは、平塚哲二、塚田好宣、川村昌弘、片岡大育、谷昭範、太田直己、中西直人、中島徹の8選手が出場して上位を目指す。
2019/11/23サバマスターズ

連日のサスペンデッド 決勝進出の水野眞惟智は暫定34位

の2位に、シディクールラーマン(バングラデシュ)、ラシド・カーン(インド)ら8人が並んだ。 3人が出場した日本勢は、水野眞惟智が通算2アンダーの29位で決勝ラウンドに進出。14ホールを終えて
2016/05/13アフラシアバンク・モーリシャスオープン

2週連続V狙うワン・ジョンフンが4位 川村昌弘は22位

(インド)、シディクールラーマン(バングラデシュ)とアジア勢がつけた。前週に欧州ツアー初優勝を決めた20歳、ワン・ジョンフン(韓国)は「69」で3アンダー4位と好位置。 前年覇者のジョージ・クッツェー
2019/04/03バングラデシュオープン

ビッグスコア続出の幕開け 堀川未来夢が12位発進

)ら5人。5アンダーの7位に、バングラデシュ勢で世界ランキングトップ(467位)につけるシディクールラーマンら5人が続いた。 3人が出場する日本勢でトップにつけたのは、昨年末のアジアンツアーQT
2017/07/29ヨーロピアンオープン

27歳チェスターズが暫定首位浮上

(フランス)、シディクールラーマン(バングラデシュ)、スチュアート・マンレー(ウェールズ)と並んだ。2位タイまでの5選手のうち3選手がプレーを終了しなかった。 シャール・シュワルツェル(南アフリカ)は3ホールを残して通算5…
2014/11/08パナソニックオープン インディア

谷昭範は5打差11位で最終日へ ガンジーが首位堅守

、初日からの首位を守った。 シディクールラーマン(バングラディシュ)、ミサン・ペレラ(スリランカ)、シャハンカー・シャルマ(インド)の南アジア勢と、ウェイド・オームスビー(オーストラリア)の4人が
2018/10/27パナソニックオープン インディア

新木豊が4打差6位 ヨンチャロエンチャイが首位キープ

、ノーボギーの「67」でプレー。ツアー初優勝へ通算11アンダーでシディクールラーマン(バングラデシュ)とともに首位とした。 1打差2位にアジーテシュ・サンドゥ(タイ)。通算9アンダー4位にジャズ・ジェーン
2019/04/03バングラデシュオープン

バングラデシュ大会に大槻、堀川、水野が出場

水野眞惟智の3人がエントリーした。 2017年大会覇者で1月の日亜共催「SMBCシンガポールオープン」を制したジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)、ツアー2勝で初の母国タイトルを狙うシディクールラーマン、53歳のプラヤド・…
2015/12/15フィリピンオープン

アジアンツアー今季最終戦 パグンサンが母国タイトルに挑む

アジアンツアーの今季最終戦「フィリピンオープン presented by ICTSI」は17日から4日間、フィリピンのルイジータG&CCで開催される。昨年はドバイ、2年前はタイ、3年前はマレーシアと最終戦の舞台が定まっていない同ツアーは、今年フィリピンで閉幕す…
2017/07/31ヨーロピアンオープン

24歳スミスがプレーオフ制しツアー初優勝 2位にレビ

アレクサンダー・レビ(フランス)とのプレーオフに突入。2ホール目でバーディを奪ったスミスがプレーオフを制し、ツアー初優勝を挙げた。 通算11アンダー3位にシディクールラーマン(バングラディシュ)、ヨハン