2016/06/19ヨーロピアンツアー公式

オークモントでシェーン・ローリーが単独首位に浮上

シェーンローリーがオークモントで開催されている「全米オープン」の最終日を2打差の単独首位で迎えることとなったが、まだ彼には日曜の朝に第3ラウンドの上がり4ホールが残されている。 木曜の豪雨により
2020/08/11ウィンダム選手権

レギュラーシーズン最終戦 ケプカ、スピースらが参戦

ジャスティン・ローズ(イングランド)が参戦する。 コロナ禍で来季の出場権は各選手に今季以上の資格が保証されていても、ニック・ワトニー(128位)、ザック・ジョンソン(129位)、シェーンローリー(131位
2020/11/15マスターズ

2020年「マスターズ」 組み合わせ&スタート時刻

:01 ダニー・ウィレットビリー・ホーシェルマーク・レイシュマン 8:12 22:12 タイガー・ウッズスコッティ・シェフラーシェーン・ローリー 8:23 22:23 パン・チェンツェンウェブ
2015/11/17ヨーロピアンツアー公式

「レース・トゥ・ドバイ」栄冠は誰の手に?

・ウィレットがトップの座を懸けてデッドヒートを繰り広げてきた一方、ジャスティン・ローズ、シェーンローリー、ルイ・ウーストハイゼン、ブランデン・グレース、そしてアン・ビョンフンにも数字上では念願の欧州
2015/08/10ヨーロピアンツアー公式

アクロンで忘れがたき勝利を手にしたシェーン・ローリー

アクロンでの「WGCブリヂストンインビテーショナル」は最終日をノーボギーの「66」でラウンドしたシェーンローリーが制覇し、ヨーロピアンツアー3勝目を果たした。 アイルランド出身のローリーは日曜に4
2020/06/24トラベラーズ選手権

PGAツアーでまたコロナ陽性 キャディ感染で選手が棄権へ

「ここにいるだけで落ち着かない」と話した。 また、マクドウェルはこの日の練習ラウンドをブルックス・ケプカ、チェイス・ケプカ、シェーンローリー(アイルランド)らとともに行っている。
2013/06/29ヨーロピアンツアー公式

P.ユーライン、風にも負けず

今日1日ドライバーの調子も良かったんだ」とかつてアマチュア時代のシェーンローリーにプレーオフで敗れたのち、4年前のこの大会で優勝を飾ったロックは語った。 「ミュンヘンではとてもフラストレーションが
2016/01/15ヨーロピアンツアー公式

欧州チームの勝利へ向け完全に焦点を合わせるローリー

シェーンローリーは「ユーラシアカップ」開幕を前に、プロとなって初めて味わうチームゴルフの雰囲気を楽しんでいるが、ひとたび金曜の朝にティオフすれば欧州チームは本気で勝負に臨むと強調した。 キャプテン
2020/05/31チャールズ・シュワブチャレンジ

PGAツアー再開初戦に世界トップ5そろい踏み ウッズの動向は

パトリック・リードと同9位のウェブ・シンプソンを加え、世界トップ10から7人がエントリーの意思を示した。 さらにザンダー・シャウフェレ、トニー・フィナウ、シェーンローリー(アイルランド)ら世界ランク20位
2020/08/09全米プロゴルフ選手権

2020年「全米プロ」組み合わせ&スタート時刻

:36 5:36 ブルックス・ケプカゲーリー・ウッドランドシェーンローリー 1 13:47 5:47 ジョーダン・スピースダスティン・ジョンソンジャスティン・ローズ 1 13:58 5:58
2019/08/13ヨーロピアンツアー公式

「レース・トゥ・ドバイ」上位陣分析

を得る上で必要なことは何か。上位選手を分析していこう。 1位:シェーンローリー(3344.6ポイント) シェーンローリー(アイルランド)は、まだ8月にさしかかったところではあるが、キャ…
2016/08/25ヨーロピアンツアー公式

ライダーカップへ向けた最終オーディション

、ベルギーのトーマス・ピータース、アイルランドのシェーンローリー、そして地元デンマークのソレン・ケルドセンら、「ライダーカップ」デビューを目指す選手たちも虎視眈々とチャンスを狙っている。 ローリー
2016/10/11ヨーロピアンツアー公式

英国マスターズの大会アラカルト

大会で知っておくべき情報を集めてみた。 <2015年大会を振り返る> 2015年大会は、当時21歳のルーキー、マシュー・フィッツパトリックがソレン・ケルドセン、シェーンローリー、そしてファブリシオ
2014/06/21ヨーロピアンツアー公式

イロネンが首位を堅持

」。 2009年のカウンティーロースではプレーオフの末にシェーンローリーに敗れたロックだったが、当時ローリーはまだアマチュアだった為、ロックは優勝賞金の50万ユーロを手にしており、2006年は5位に、昨年…
2013/02/22PGAコラム

アクセンチュアマッチプレー選手権2日目 レビュー

しまったのだ。 ドーブマウンテンは、既におかしなことになっていたのだが、そこにはびっくりするような結末があった。シェーンローリー(アイルランド)が18番ホールで4フィートのパーパットを決めて
2017/03/23ヨーロピアンツアー公式

復調のケルドセンがマキロイを撃破

から、ここへ帰ってきてプレーしたいと思っていた」とカブレラベロー。 グループ7では、セルヒオ・ガルシアとシェーンローリーが熱戦を繰り広げ、アイルランドのローリーが最終ホールで勝利を決める1.8メートル